【前編】天王寺駅の怪-阪和電鉄の歴史

野良歴史家の歴史探偵
スポンサーリンク

序章:天王寺駅の素朴な謎

好奇心のアンテナを限度いっぱいに広げていると、身近な場所や物でもさりげなく「???」と思う謎があったりします。

そして、それを掘り下げてみると意外なものが見つかったりすることがあります。

 

例えば、大阪にあるJR阪和線の天王寺駅

 

阪和線の天王寺駅は、他のJRの路線とは少し離れた所に位置しています。

「同じJRなのに他の路線とホームが違うの?」

という疑問を持たれてもおかしくないですが、その答えは簡単。
ここは元々阪和電気鉄道(以下阪和電鉄)のターミナル駅として作られたもので、当時は私鉄なので別でした。もちろん、当時は駅舎も違いました。

現在でも、終端式のホームが私鉄時代の面影を濃いめに残しています。

 

ここのホームには、気付くことはほとんどない、ちょっとした謎が隠されています。

 

阪和線天王寺駅7番線ホーム

各駅停車用ホームになっている7~8番ホーム。

 

阪和線天王寺駅5-6番線ホーム

今は降車専用になっている5~6番ホームです。
カメラマンの腕が悪いせいでわかりにくいですが、この2つのホームを比べてみたら、7~8番ホームと比べて5~6番ホームの幅が異様に広いのです。
毎日この駅を使っている人でもあまり意識しません。逆に、毎日使ってるからこそ気付かない、このアンバランスさは何か。

 

そしてもう一点。

 

阪和線天王寺駅の、ぐにゃっと曲がったレール

 

7番ホームから和歌山の方向を写したものですが、途中でレールがグニャッと不自然に曲がっています。
まっすぐにした方が効率が良いのに、何でわざわざこんな非効率な曲がり方をしているのか。

こう書くとなんか不思議に思いません?

私はすごく不思議に思うんですけどね(笑

 

「こんな非効率な曲がり方には、何らかの理由があるに違いない!」

 

という謎が、私の中で煙を出しながら大きくなってきました。

そこで、名づけて「天王寺駅の怪」を解明すべく調査することにしました。

 

伝説の私鉄、阪和電気鉄道

まずは阪和線の前身、阪和電気鉄道のことを説明する必要があります。

 

JR阪和線路線

JR阪和線は大阪の天王寺駅と和歌山駅とを結ぶ路線で、今は関西空港へのアクセスラインとしても知られています。
しかしこの阪和線、元は「阪和電気鉄道」という私鉄でした。以下、長いので「阪和電鉄」とします。

大阪と和歌山の間には、すでに私鉄の南海鉄道(現在の南海電鉄)が開通していました。日露戦争の頃に国が南海を買収・国有化しようと画策したのですが、予想以上の抵抗に断念します。

阪和間の新線計画は、そんな中始まりました。阪和電鉄は大正15年に設立され、阪和間の高速鉄道建設を担うこととなります。

 

昭和4年大阪商工大観の阪和電気鉄道の広告

『大阪商工大観』という書物内にあった、阪和電気鉄道の紹介です。この書物が刊行されたのは昭和4年(1929)で阪和電鉄が開通したのと同じ年のもの。生まれたての鉄道路線の将来も含めて生き生きと書かれていますが、国鉄紀勢本線や城東線1とのリンクを上手く活かせば、阪神間の阪神電鉄に対する阪急のような存在になれると胸を張っています。

 

阪和電鉄天王寺から和泉府中間開通広告

(『阪和電気鉄道史』より)

昭和4年7月18日、阪和電気鉄道は開業しました。
ここで、ジモピーなら「あれ???」と思うことでしょう。

阪和線って…和歌山までちゃうのん?

そう、実は最初は「天王寺~(和泉)府中」間の開業だったのです。
なぜかと言うと、天王寺駅からの高架線建設に金がかかりすぎ、大阪から和歌山を越える和泉山脈を貫くトンネルを掘る資金が足りなくなったから。
これを知った時は高校生の時だったのですが、

私

もしかして、阪和線の『和』って和歌山やのーて、『和泉』の『和』ちゃうんか?

という仮説を立てたことがあります。しかし私の考え過ぎでした。

 

 

阪和電鉄和歌山まで全通広告

(『阪和電気鉄道史』より)

翌年、無事に和歌山まで開通しています。
当時の新聞記事によると、東和歌山駅2で全通セレモニーが行われて、鉄道大臣に大阪府・和歌山県知事など600人が出席して盛大に祝ったそうです。

阪和電鉄の映像はほとんど残っておらず貴重ですが、その中でも貴重なものがあります。

 

阪和電鉄の電車が和歌山市内に入りスピードを下げ、東和歌山駅のターミナルに滑り込むシーンです。当時の阪和東和歌山駅のホームが3面4線の立派なターミナルに対し、省線(国鉄)の方はなんと1面2線だったそうです。

1966東和歌山駅構内(旧阪和電鉄側)。右側に切符売り場、左側には売店。奥が改札、その先に阪和線ホーム

(和歌山市立博物館提供)

戦後の写真になりますが、1960年代の東和歌山駅、旧阪和電鉄の駅舎内です。奥に終端式のホームが見えますが、たかが和歌山駅といっても天王寺駅並のターミナル駅としての風格をただよわせていました。

スポンサーリンク

阪和電鉄時代の天王寺駅舎

阪和電鉄天王寺駅

阪和電鉄時代の天王寺駅です。Wikipediaにも掲載されている写真ですが、私鉄時代を語る貴重な写真でもあります。阪和電鉄時代は「阪和天王寺」と言う名前で、阿倍野橋北詰交差点の東南角にありました。
駅の看板にある広告から、秋頃の写真だと推定できます。

 

阪和天王寺駅とナチスの旗

上の写真を拡大して観察すると様々な情報が入ってきますが、その中の一つに「ナチスの旗」があります。

日本の旗と対になってナチスドイツの旗が立っているということは、

「日独防共協定」1936(昭和11)年

「日独伊三国同盟」1940(昭和15)年

のどちらかが締結された時期だと推定できます。画像を改めて解析すると「みかん狩り」「松茸狩」という看板もあるので、秋なのは確定。

が、早秋と晩秋の違いはあれど、どちらの締結も「秋」なんです…

さてどっちだろうかと迷っていたところ…

ヒトラー・ユーゲントと関連するのではないかと指摘が入りました。ヒトラー・ユーゲントについては省略しますが、昭和13(1938)10に大阪を訪問しています。季節広告も秋で一致しているし、おそらくその時の写真ではないかと。

 

さらに調べると、写真右隅に「泉ヶ丘」という文字が見えます。これは阪和電鉄の子会社が開発した新興住宅地のこと。現在の東佐野駅前に広がる住宅街で、泉北ニュータウンの泉ヶ丘とは全く別ものです。この住宅の分譲は1938(昭和13)年から始まっており、ヒトラー・ユーゲントの来阪と時期とピタリと一致します。

これで1938(昭和13)年秋、10月の写真でファイナルアンサー。『阪和電気鉄道史』やWikipediaの記述と一致します。

 

 

平成28年の天王寺駅(阪和電鉄阪和天王寺駅跡)

で、阿倍野交差点の東南角にあったという記述を元にして、同じような角度で撮影した現在はこんな感じに。当時の面影は全くございません。

NEXT:阪和電鉄の伝説「超特急」とは!?

 

  1. 現大阪環状線天王寺~鶴橋~大阪間。
  2. 今の和歌山駅。
タイトルとURLをコピーしました