スポンサーリンク
野良歴史家の歴史探偵

『千と千尋の神隠し』を遊郭・遊里史の視点から考察する

『千と千尋の神隠し』に隠されたメッセージ!? 『千と千尋の神隠し』は、日本で興行収入の記録を塗り替えたのはもちろん、海外でもヒットを飛ばし、アカデミー賞などの海外の賞も受賞した有名な映画です。 当然私も見たのですが、素直な感想は ...
野良歴史家の歴史探偵

大阪府立難波病院-その病院、訳ありにつき

なんばパークス南側、ヤマダ電機LABI1なんば店横のホテル建設予定地から「遺跡」が出てきたという記事を、先日アップしました。 そこで【大阪市パノラマ地図】という地図を参照にしました。大正12年(1923)に作られた大阪市の俯瞰地図で、...
ブログエッセイ

知られざる禁煙の障壁…禁煙鬱

禁煙する人が挫折する期間の中で、最も多いのが最初の3日間。挫折率がいちばん高いだけあって、この3日間は地獄と言って良いほどの苦しみを味わいます。 心が真っ二つに折れそうな気分に陥ります。 私が経験した『地獄』は以下の通り ...
野良歴史家の歴史探偵

なんばパークス南で謎の遺跡が!その正体を追う

大阪の難波にある「なんばパークス」の南端、少し前の記憶がある人は大きな平面駐車場として覚えている人がいるかと思います。もっと具体的に言えば、「ヤマダ電機LABI1なんば店」の横、南海電車との間のスペースです。 そこに、タイ資本の「...
歴史エッセイ

養命酒と山本五十六

陸軍と海軍 その大きな違い 近代史や軍制史に疎い人は、陸軍と海軍を「日本軍」として一緒くたにまとめてしまうことが多いですが、これほど危険なことはありません。 陸軍と海軍は、これが同じ日本で隣り合わせだった組織だったのかと思うほど、全くの...
遊郭・赤線跡をゆく

遊郭・赤線跡をゆく番外編-「旅館すずめ」に泊まるっ!(大分県別府市)

遊郭に泊まろう 何のためにやってんの?となにかと後ろ指をさされる遊郭・赤線史家にとっての楽しみの一つは、「遊郭に泊まる」ことであります。 お題そのままの本も出ています。 ただ、言っておきたいことが一つあります。「遊郭」...
ブログエッセイ

【追悼】天牛堺書店に捧げる鎮魂歌

注意本記事は、2019年1月に前ブログで執筆したものになります。 情報が古いですが、現ブログ移転の際にゴミ箱に捨てるのももったいないので、そのまま移転しました。 ご了承のほど、よろしくお願い致します。 私の知を育んでくれた、大阪は堺市...
野良歴史家の歴史探偵

砂川遊園・砂川奇勝と、ある方の黒歴史

阪和電気鉄道は、経営のためにいろんな事業に手を出していたことは、前回のブログで書きました。その中に、他の私鉄の例に漏れず、遊園地事業にも進出していました。 今回は、その遊園地に隠された歴史と、歴史の大河に流され忘れられた、「あの方」の...
ブログエッセイ

玉ねぎのことならタマネギ農家に直接聞いてみよう!

「玉ねぎアイランド」こと淡路島は現在、玉ねぎ収穫の真っ盛り。先週・先々週がピークで、6月中旬に入ると次はお米と畑に水を引く姿が目立ち始めています。淡路島は気候的に三期作が出来るので。 そろそろ淡路島に、玉ねぎ購入のための他府県...
野良歴史家の歴史探偵

淡路島の幻の飛行場、その名は○○

淡路島の飛行場 現在、淡路島には民間飛行場を含めた空港は存在していません。 が、現在は関西空港を発着する航空機の主要ルートになっており、管制塔の交信をネットで聞いていた時も、「アワジ」という声が頻発していました。 空を見上げると時折、...
野良歴史家の歴史探偵

上海「日本租界」散歩 先人たちの跡を訪ねて 第三章

□第一章 上海「日本租界」散歩 先人たちの跡を訪ねて 第一章 □第二章 上海「日本租界」散歩 先人たちの跡を訪ねて 第ニ章 10数年前、私は仕事の都合で上海に住んでいました。仕事の激務でプライベートはほぼなかったに等しいのですが...
ブログエッセイ

京大はなぜ変人を生むのか-その理由を考察する

京大はどうして「変」なのか □前編 あなたの知らない京都大学の「狂大」な世界 京大はネームバリューこそあれど、その割には関西出身の学生が多く、アンサイクロペディアには「関西地方最強最大のローカル大学」と皮肉られています。 ...
タイトルとURLをコピーしました