スポンサーリンク
ブログエッセイ

新型コロナウィルスと正常性バイアス

京都産業大学の学生が海外旅行へ向かい、帰国後に帰郷した先で感染を広げたと批判が殺到しています。 関連記事(NHK) 新型コロナ 京都産業大学関連の感染確認39人に また、こんなツイートもありました。 京産で10人以上のコ...
消えた遊郭・赤線跡をゆく

消えた遊郭・赤線跡をゆく-米子灘町(花園町)

山陰の都市の一つである米子は、鳥取県第二の都市ながらその歴史は古く、戦国時代の前から「米子」という地名があったと伝えられています。 ここに人が集まったのは江戸時代から。一時期は米子藩が置かれていましたが、結局鳥取を治める池田氏の家...
野良歴史家の歴史探偵

淡路島の桜と忠魂碑-淡路島に残る英霊たちの面影

今年も「サクラサク」の季節になってまいりました。 Twitterのタイムラインをボケっと見ていても、ところどころで桜の開花の報告を見ることができます。今年は残念ながら、コロナの影響で花見はお預けになる人が多いと思いますが、一年くらい花...
消えた遊郭・赤線跡をゆく

消えた遊郭・赤線跡をゆく-和歌山天王新地

遊郭・赤線跡探索がライフワークとなっている私ですが、興味の範囲はあくまで歴史であり過去。「現役」には見向きもしません。若いときはそんなことなかったんですが…とそういう話をしたいわけではないですが、オスとしての機能をほぼ放棄した身なので、和歌...
ブログエッセイ

禁煙2ヶ月達成したから言える!禁煙のメリット&デメリット

禁煙して2ヶ月が経ちました。 まだ2ヶ月達成してへんって?1ヶ月と29日なんやから、細かいこと言わんと2ヶ月とみなしましょうよ(笑) さすがに2ヶ月も経つと、もうタバコを吸いたいなど全く思わないだろう。タバコを吸った...
ブログエッセイ

上海に数年だけ存在した!!幻のモスバーガー

私の大好きなファーストフードの一つに、モスバーガーがあります。ファーストフードにしては、ちょっとお高くつくものの、多い時は週2回以上通うほどお馴染みでした。 ある日、何気にモスバーガーの公式HPの海外店舗を見ていました。モスバーガーは...
消えた遊郭・赤線跡をゆく

もの言はぬ娼妓たち

全国の図書館の蔵書を調べていると、何か琴線というか、インスピレーションに触れるものがあります。それを地道にピックアップしていくということも、ある意味研究の一つなのかもしれません。これもこれで、ネット世界の宝探しのようで面白い。 今回も...
野良歴史家の歴史探偵

築約110年!日本一のレトロ学生寮、京大吉田寮に潜入

かなり前の話になってしまいましたが、京都で行われたあるツアーに参加してきました。 その名は、 「京大の歴史的建造物を探索しようツアー」 京大は構内参観自由なので、ツアーに参加しなくとも一人で見ることは可能です。私も12年前...
歴史エッセイ

太平洋戦争中、もし戦争反対と言ったらどうなるのか?

「昭和は遠くなりにけり」 時代は21世紀、平成も終わり時代は令和になりました。 昭和という言葉がますます遠くなり、じきに文化財扱いされるのではないかと、昭和生まれの私はつくづく思います。 しかし、メリットもあります。「昭和」という...
消えた遊郭・赤線跡をゆく

消えた遊郭・赤線跡をゆく番外編-洞泉寺遊郭旧川本楼(町家物語館)【後編】

前回は、現在は「町家物語館」として一般公開されている旧川本楼の1階部分を紹介しました。 □関連記事(マイブログ) 洞泉寺遊郭旧川本楼(町家物語館)【前編】 1階を紹介…というより、あまりに長くなりすぎて1階で終わってしまったというのが...
野良歴史家の歴史探偵

阪和線に残る遺構たち

先日、といっても先月ですが、「天王寺駅の怪」で、現在はJR阪和線となっている阪和電気鉄道(以後阪和電鉄)の数奇な歴史を紹介しました。 この私鉄は、ほんの10年強という短命でした。以前にも書いたように、ふつうならとっくに記憶の彼方に放置...
消えた遊郭・赤線跡をゆく

消えた遊郭・赤線跡をゆく番外編-洞泉寺遊郭旧川本楼(町家物語館)【前編】

奈良県大和郡山市にあった洞泉寺・東岡町の両遊廓の建物は、長年の風雪に耐えながらも今日まで生き抜いてきました。が、洞泉寺遊郭は4棟の取り壊しが決まり、東岡町もほぼ放置プレイのまま朽ちるに任されており風前の灯火となっています。 しかしなが...
タイトルとURLをコピーしました