玉栄丸爆発事故-境港を襲った最大の戦災

歴史エッセイ

かなり前の話になりますが、こんな事件が目につきました。

NEWS

大宮駐屯地弾薬庫で勤務中に喫煙 陸自隊員懲戒処分

陸上自衛隊大宮駐屯地(さいたま市)は12日、駐屯地内で警衛勤務中に火気の使用が禁止されている弾薬庫で喫煙したなどとして、 第32普通科連隊の2人を停職処分にした。 2人は「規律心が欠如していた。真摯しんしに反省しています」と話しているという。
同駐屯地によると、弾薬庫で喫煙した2等陸曹の男性(39)が停職15日、読書をした陸曹の男性(41)が停職1日の懲戒処分。

陸上自衛官が弾薬庫で喫煙し、停職処分を受けたというニュースです。

弾薬庫で喫煙とは、ガソリンを頭からかぶって炎の前でファイヤーダンスをするようなものです。一つ間違えるとどうなるか。それは想像力があれば私が書くまでもなくわかること。

このニュースを見た時、私は先の戦争中に起こったある事故を思い出しました。
その「一つ間違え」てしまった結果、とんだ大惨事になったあの事故を。

スポンサーリンク

玉栄丸(たまえまる)爆発事故

時は第二次世界大戦中の昭和20年(1945)の4月のこと。

玉栄丸爆発事故境港

当時は西伯郡境町だった鳥取県の境港で、陸軍に徴用されていた

「玉栄丸(たまえまる)」

という船が停泊していました。
玉栄丸には爆薬が満載されており、その積み下ろし最中に船が突然爆発。さらに倉庫に保管されていた火薬にも引火し大爆発。当時の境港の市街地の3分の1が吹き飛び、死者115人、負傷者309人、倒壊・焼失家屋は431戸という大惨事を引き起こしました。
その衝撃は隣の米子市でも感じられ(米子市民は地震かと思ったそう)、火の手は遠く鳥取市からも見えたという証言もあります。

f:id:casemaestro89:20180219101548j:plain

爆発で鉄の塊になった玉栄丸の写真です。 見ての通り、船体はグチャグチャになっています。
左側に立っている人は、腕章をつけているので現場確認中の憲兵です。

境港玉栄丸爆発事故写真境港駅前

境港駅前(奥の建物が駅)もこの通り、爆風ですべての家屋がなぎ倒されています。

しかしこの事件は、戦争中の報道管制と、軍が起こした事故(不祥事)ということもあり、地元では緘口令が敷かれ報道も禁止。
街の噂ではスパイ説や、陸軍の謀略説などが出ては消えていきましたが、表向きは原因も不明のまま、黒歴史として地元で細々と語り継がれてきました。私も、野暮用で境港の歴史を調べてたまたま見つけただけでしたし。

しかし…事件の真相は意外なところにありました。

NEXT→その真相とは…

タイトルとURLをコピーしました