東岡町遊郭(郡山新地)-消えた遊郭・赤線跡をゆく

遊郭・赤線跡をゆく
スポンサーリンク

東岡町遊郭の歴史

先日紹介した洞泉寺遊郭と同じく、東岡町の色街も、いつ成立したのかははっきり書かれておりません。下記のとおり明治初期にはすでに存在が確認されているので、おそらく幕末頃かと思われます。

明治初期東岡町遊郭貸座敷・娼妓数
洞泉寺に同じく、いちばん古いデータは『大阪府・・・統計書』(!)からの明治初期のものになります。数は東岡町の方が栄えているように思えます。昭和初期に発行された雑誌『上方』掲載の「大和の遊廓」というコラムによると、この時期の洞泉寺の方は娼妓専門に対し、東岡町は芸妓と娼妓の「二枚鑑札」だと記載されています。

 

東岡町、謎の衰退

しかし、ここからこの2つの遊郭は対称的な道を歩みます。
洞泉寺はここから一時期若干数字が減るものの、明治20年を底値にそこからどんどん発展していきます。
逆に東岡町は、どんどん規模が小さくなり、明治38年(1905)なんと「娼妓数0」に。この異常事態は1年だけで翌年には7名となりますが、これでは遊郭としては経営が成り立たない程に落ち込みます。
この原因は、よくわかりません。
が、「大和の遊廓」によると、明治初期は奈良の木辻町遊郭からの支店(菊屋→菊水楼)などもあって繁昌したものの、明治13年をピークにだんだん減少し、一時期遊廓自体を廃止、免許返上というところまで来たことが書かれています。
上記の統計書の数字が、「大和の遊廓」の記述を裏付けています。

残念ながら、「大和の遊廓」にも原因は何も書かれていないのですが、遊廓としてジリ貧になった何らかの原因は必ずあったはずです。が、大和郡山市や奈良県立図書館にもそれらしき資料は存在せず、真相はわかっていません。

 

東岡町、ビッグバンを起こす

東岡町の低迷期は長く続きます。安定のガースーならぬ洞泉寺に対しほぼ閑古鳥の東岡町は衰退の一方だったのですが、大正14年(1925)からビッグバンのように数字が激増していきます。

大正後期以降東岡町遊郭貸座敷・娼妓数

大正13年には閑古鳥が鳴き風前の灯火だった東岡町が、ビッグバンを起こしていることがわかるでしょう。

昭和6年(1931)には奈良市内の木辻遊郭をも抜いて奈良県トップ、そして昭和9年(1934)には貸座敷数28軒、娼妓数301人と東岡町遊郭最大のピークを迎えます。
大正13年→昭和9年のたった10年で、貸座敷311%、娼妓に至っては1672%という、数字で見ると身の毛がよだつハイパーインフレ。これをビッグバンと表現せずに、どう表現しようか。
この増え方は明らかに普通ではない。東岡町に一体何があったのか?

これを知るヒントが、「大和の遊廓」に書かかれています。
かいつまんで説明すると、郡山の金魚で財をなした実力者のK氏が、第一次世界大戦の好景気時代(大正時代はじめ)に計画した「新遊廓建設計画」がありました。
これはどうやら別の場所に遊廓を作るつもりが許可が下りず、「東岡町拡張計画」となり大正4年に遊廓の敷地を買収します。
そして資本金100万円の会社組織にしようとしたものの、土地はK氏からA氏になり、新開地計画はそのまま実行、大正14年に東岡町が「新装開店」したと。
この記述と、統計書の数字の「ビッグバン」がピタリと一致。この大増加の原因は「東岡町遊郭の敷地が大幅に広がった」ということでファイナルアンサー。

で、数字だけなら奈良県最大の遊郭に成長、というより肥大と書いた方が正しいくらい大膨張した東岡町。そんな時代も長くは続きませんでした、というか時期が少し悪すぎたようです。

時代は日本が戦争へと向かって行く時期、出征していく兵隊で遊郭は賑わいを見せるものの、世の中は「贅沢は敵だ」的な空気となっていきました。昭和11年以降の統計書データは「郡山」と一つになってしまい(おそらく東岡町と洞泉寺の数字が一緒になったものと思われ)、資料としてはほぼ役に立たなくなってしまうのでうが、その数字でも昭和13年(1938)をピークに数字が減少の一歩をたどりました。

奈良県の英断か、娼妓規則の改正

東岡町遊郭が「ビックバン」を起こした直後の大正15年(1926)、奈良県で「娼妓取締規則施行細則」(県令第八九号)と「貸座敷営業取締規則」(同九〇号)という条例が改正されます。
これは大阪朝日新聞が「警察部の大英断と楼主の理解によって生れ出た公娼優遇案」と絶賛した、遊女にかなり有利な労働条件を制定した改正でした。
改善点は以下のとおり。

①娼妓の自由外出:
遊郭がある市内は自由、市外は要許可だが時間制限なし
(※以前は自由外出不可。隠れて出て行ったものなら警察に容赦なくリンチでした)

②治療費:
全額娼妓の自己負担→全額楼主の負担

③必要経費:
化粧品代、部屋のインテリア代など、営業に必要なものはすべて楼主の負担

④年季制限(遊郭での労働年数):
最高5年とし、延長は特別な場合を除いて認めない

⑤公休:
2ヶ月に1日→1ヶ月に1日

これは働く娼妓側にかなり有利な条件。当時としては革命のような優遇策。楼主側はもちろん反発するものの、警察部長(県警のナンバー2)自ら遊郭を回って説得し、結果的に受け入れることになりました。

楼主側がこんな不利な条件を呑まざるを得ない理由は、おそらく風俗産業の変化があったでしょう。

カフェークロネコ和歌山

大正後期~昭和初期にかけ、「カフェー」大旋風が全国に吹き荒れました。カフェではなくカフェー、語尾に棒線が一本ついただけですが、全く違うものです。

 

1936名古屋のカフェー「銀星」の女給関係者写真
(1936年、名古屋のカフェー『銀星』の女給勢揃い記念写真)

カフェーを説明すると、それこそブログ記事が別にひとつ作れるほどの分量になるので、簡単に説明すると今のキャバクラやバー、メイドカフェのご先祖様。いわくつきオプションサービスありの「大阪式サービス」が爆発的に流行し、全国のあちこちにつくられた新しい風俗産業でした。

大正時代、遊廓は格式だけが高くなりすでにオワコンとして飽きられつつありました。その上、外へ出ると廃娼論が叫ばれる中、大逆風の時代だったのです。そこへカフェーの旋風です。上玉の女の子がみんなそっちへ取られた上に、新しいもの好きな庶民はみんなカフェーへ。埼玉県や鳥取県のように、遊廓やーめたと廃娼してしまった県もありました1

ちなみに、オワコン化しつつあった遊廓に革命をもたらしたのが、大阪のかの飛田遊廓。外見だけでなく経営方式も一風変わった遊郭界の革命児だったのですが、それはまたいつか書く飛田の時に。

で、遊廓といっても自営業、客も来ないし女も集まらないとくれば商売あがったりです。そこへ娼妓取締規則の改正、おそらく楼主側も相当の危機感があったのでしょう。

 

ここで一息、鑑札とは?

昔の娼妓や芸妓は、「鑑札」という免許がないと営業できず、「無免許」で営業することは当然違法、見つかったら即警察にしょっ引かれました。

この手の研究をしていると必ず当たる壁は、『遊廓』と『私娼窟』は何が違うのかということ。最後にやることは変わりないものの、この鑑札があるかないかの違いが大きかったのです。後者は当然違法ですが、じきに「半合法化」されることとなります。
で、「娼妓」の鑑札を持っている人が芸妓になったり芸妓の仕事をするのはNG。その逆も然り。
しかし、昔は「二枚鑑札」言うて芸妓と娼妓の鑑札を同時に持っている「二刀流」も存在していました。それが時代が経つにつれ、「どっちかにせい」という指導が入り、「二枚鑑札」は事実上不可になりました。
ところが世の中そうはすんなりと上手くいきません。その頃になると、芸が足りない芸妓が「無免許」で売春行為をするようになり、昭和初期には事実上黙認となっとりました。大正末期~昭和初期の調査によると、娼妓の性病罹患率は2%程度なのに、芸妓の罹患率なんと約17%という、見てられない有様になっていました。

で、その「鑑札」とはどんなものか。
『奈良県警察史』に奈良県バージョンの見本がありました。それを今回、21世紀のデジタル技術で蘇らせました!
…といっても、ペイントで作っただけですけどね。

奈良県娼妓鑑札

東京の娼妓鑑札は、本を読むと今のパスポートのような手帳タイプ、最初のページには写真も貼られて「替え玉」ができないようになっていました。更に、悪さをすると鑑札に書かれ、他のとこで営業ができなくなると書かれていました。が、奈良県のはシンプルに紙切れ1枚だけの模様。各道府県で違っていたのでしょうかね?
また、この鑑札は娼妓だけに発行されたものではなく、遣り手婆さんや妓夫太郎にも発行されたそうです。一人前になるまでは鑑札を持てず給料も激安、この鑑札を持てたら立派な遣り手に妓夫太郎と認められて、月給も大正末期の頃に月給60~80円ほどに。
これは学歴なしとしてはかなりの高級取り。当時の大学生の民間企業の初任給に匹敵します。
そしてこの鑑札は、東京の場合ですが原則として再発行不可、失くしたりしても問答無用で再発行不可=廃業という厳しいものでした。これは地震とか火事でも条件は同じで、遊女も遣り手も妓夫太郎も「命の次に大切なもの」「全財産に等しい」と常に肌身離さず持ってたそうです。
つまり、遊郭で働くには何らかの「免許」を持ってないとダメ、いきなり遊郭に飛び込んで「働かせて下さい」というのは、鑑札をもらうには警察の審査が必要なため不可能でした。たまーに、映画でそんなシーンがあるのですが、それはスタッフが当時の制度を知らないか不勉強なのでしょう。

閑話休題。

 

NEXT:戦後の東岡町

 

  1. ただし、私娼窟化しただけで表向きになくなっただけ。

コメント

  1. 東京YS より:

    米澤様

    いつもながらサスペンスを読むようにドキドキさせて頂きました。

    仕事の関係もあって大和郡山にはよく行きますが、奈良県警の関係の方や源九郎神社の社務所の方々皆さんここを「おかまち」と呼んでおられました。住居表示とは別の俗称なんでしょうね。

    ここらか道路を挟んで北側にある『紀元二千六百年記念碑』の先の一画と、南側に広がるバラック住居群もいつも気になります。

    また近鉄の向う側の妙な建物については旧川本邸の案内の方から、この地に生まれた『日本少女歌劇座』の本拠地だと伺いました。

    そろそろこの街も見納めのようですね。

    • 米澤光司 より:

      >東京YSさん
      ここ、「岡町」と呼ぶ人がいて、ブログによっては敢えて「岡町」と書いている人もいるのは知っているのですが、私はあくまで公式として「東岡町」としておきました。
      「日本少女歌劇座」のことは初めて知りましたが、調べてみるとなかなかネタになりそうな歴史ですね。もし本当に西岡町の建物がそうなら、なかなかの文化財ですね。今ふつーの民家になってますけど…

  2. えに より:

    はじめまして。街ブラを趣味としている者です。
    「吉乃」の看板がある物件ですが近隣の方にお話を聞くことができました。
    その屋号で営業を予定し取り付けられたものの、営業されず終わってしまった名残だそうです。
    全国遊廓案内などに記載がないのもその為と考えられます。

    • 米澤光司 より:

      >えにさん

      はじめまして、拙ブログをお読みいただきありがとうございます。
      「吉乃」の件、情報をありがとうございます。未完の店でしたか、そりゃ載るわけがないですね。
      この件、本文に追記させていただいてよろしいですか?

タイトルとURLをコピーしました