2020-06

スポンサーリンク
遊郭・赤線跡をゆく

港新地(大阪市港区)-遊郭・赤線跡をゆく

遊郭・赤線マニアでもほとんどノーマークな大阪の元赤線「港新地」。埋もれていた資料を紐解き、忘れられた遊里の謎を解く。
野良歴史家の歴史探偵

阪堺線宮ノ下駅の怪-ある廃駅の謎を解く

大阪市内にある阪堺電気軌道阪堺線の廃駅、宮ノ下駅。使われなくなったホーム跡が現在も残るが、いつ廃止になったのかわからない謎が残る。今回はその謎を解き明かしていく!
野良歴史家の歴史探偵

【後編】『火垂るの墓』を血も涙もなく時代考証してみる

映画『火垂るの墓』はもちろんフィクションだが、史実と較べてみると面白いことがわかってくる考察。もう一つの『火垂るの墓』が見えてくる…
野良歴史家の歴史探偵

【前編】『火垂るの墓』を冷酷に時代考証してみる

映画『火垂るの墓』のストーリーや兄妹の父にまつわるネットの俗説を、史実と一次資料を用いて容赦なく斬りまくる。
野良歴史家の歴史探偵

南海木津川駅-「都会の秘境駅」の知られざる歴史

「都会の秘境駅」とも呼ばれる南海電鉄汐見橋線の木津川駅。この駅が輝いていた絶頂期から「秘境駅」となった歴史を、一次資料を用いて解説する。
遊郭・赤線跡をゆく

倉吉新地遊廓(鳥取県倉吉市)-消えた遊郭・赤線跡をゆく

白壁土蔵の街、倉吉。ここにもかつて遊里があった。しかし、そこは遊郭ではない。そんな倉吉新地の誕生から消滅までの知られざる歴史、ここに解説。
野良歴史家の歴史探偵

【後編】戦前の大阪のチャイナタウン(中華街)ー彼らの生きた跡を探訪する

戦前の大阪に中華街があった!前編は資料で特徴を解説したが、本編は実際に川口を歩きその断片を探す。
野良歴史家の歴史探偵

【前編】戦前の大阪のチャイナタウン(中華街)ー川口華商の興亡

関西の中華街(チャイナタウン)と言えば神戸だが、戦前には大阪にもあった!その歴史と概要を豊富な一次資料を用いて解説。
遊郭・赤線跡をゆく

鳥取衆楽園遊廓(鳥取県鳥取市)|遊郭・赤線跡をゆく|

鳥取の瓦町にあった遊郭、衆楽園。遊郭から赤線までの歴史を、資料を使って解説。また「鳥取大火」と衆楽園の関係も。現代の衆楽園跡も訪ねる。
野良歴史家の歴史探偵

神戸大空襲と街中に残る戦争の傷跡-空襲75年目に添えて

...
野良歴史家の歴史探偵

神戸大空襲と三宮駅の戦争の痕-空襲から75年目に添えて

...
歴史エッセイ

あの会社が…倒産したゲーム会社たち

ジャレコ、データイースト、そしてハドソン…ファミコンやゲームセンターで遊んだあのゲームを作ったメーカーは今はない…無くなってしまったゲーム会社たちを振り返る。
タイトルとURLをコピーしました