玉の井(東京都墨田区)-遊郭・赤線の跡をゆく

玉の井 遊郭・赤線跡をゆく

玉の井…

その名を聞いて何を思い浮かべるでしょうか。

本好き小説好きなら永井荷風の『墨東奇譚』を、80歳以上のお年寄り男子(?)なら鼻息を荒くして向かったオスのパラダイスを思い浮かべるかもしれません。

 

玉の井は、近年「スカイツリーライン」と名を変えたらしい東武伊勢崎線の東向島駅付近の地区のこと。戦前の行政上の正式な名前は当時は「東京府南葛飾郡寺島村」の字の一つで、「玉の井」という名前自体は以下のように書かれています。

 

「旧寺島村の小字に玉の井と呼ぶ所あり。その辺に周囲20間ばかりの丸き塚あり。里人にこれを聞けどもわからず。
この辺を玉の井とあれば、昔武蔵国の私党玉の井四郎助実の一類居住の地であろうか」(東京近郊名所図会 より)

 

玉の井四郎助実は源頼朝が平家討伐を行った時に同行した豪族で、鎌倉幕府成立後は役人として幕府に仕えたとあります。ちなみに、彼は幕府成立後、今の愛知県葉栗郡木曽川町に領地を獲得、そこにも「玉の井」という地名が残っとります。

「玉の井」が全国区の知名度を獲得するのは、大正時代後期から。
関東大震災前の浅草の名物は雷門…ではなく銘酒屋街。一見飲み屋っぽい名前ですが、酒など置いてない実は私娼窟でした。何軒あったかは不明ですが、震災で崩壊した「十二階」こと凌雲閣の下には、銘酒屋が軒を連ねていたといいます。私は見逃してしまったのですが、2019年の大河ドラマ『いだてん』でもこの銘酒屋街が少し描かれたとかなんとか!?

それも大正12年(1923)の関東大震災ですべて崩壊してしまいます。もののついでと警察の指導も入り、銘酒屋はこぞって郊外の寺島村(玉の井)に移転します。私娼窟としての玉の井の歴史は、ここから始まります。

ところが、昭和3年(1928)に発行された『賣笑婦論考』には、大正7年(1918)には既に私娼がチラホラ見え始めたとの記述があります。娼館も大正8年当時はたった3戸だったのが、大正9年末には95に激増したと。関東大震災前から玉の井に銘酒屋が集まる土壌は揃っていたということです。
そして大正12年、関東大震災で浅草を追い出された業者が寺島村に大量に流入、という流れに。

大正13年(1924)までは、寺島地区一帯に娼館がバラバラに点在していたものの、私娼をいくら取り締まっても埒があかない警察の方がギブアップ。翌年に地域を決めて営業を許可するという、事実上の黙認となりました。

『賣笑婦論考』には大正時代の、あまり知られていない玉の井創世記の数字が掲載されています。

大正12年6月末 私娼宿数:不明 私娼:351名
大正12年末 (震災のため調査せず)
大正13年6月末 私娼宿数:260軒 私娼:303名
大正13年末 私娼宿数:275軒 私娼:359名
大正14年6月末 私娼宿数:322軒 私娼:557名
大正14年末 私娼宿数:338軒 私娼:577名出典:『賣笑婦論考』

玉の井が発展していく様子が数字だけでもわかります。

また、大正15年(1926)当時の玉の井の私娼653人の前職一覧表は以下の通り。

酌婦及び女給:172人 (26.34%)
女工:102 (15.62%)
女中:83人 (12.71%)
農業:111人 (17%)
飲食店の女主人:58 (8.88%)
娼妓:9人 (1.38%)
芸妓:16人 (2.45%)
待合の女中:16人 (2.45%)
旅館の女中:13人 (1.99%)
活動写真の女給:7人 (1.07%)
※↑はおそらく女優か女優崩れだと思われ
裁縫:7人 (1.07%)
事務員:7人 (1.07%)
女髪結:4人 (0.61%)
※註:今の美容師の出現はこの頃から。当時は卑しい職業で「女髪結」と言われてたことが山野愛子の伝記に書いており、ここでは「女髪結≒美容師」とします。
妾:2人 (0.31%)
遊芸人:1人 (0.16%)
その他:45人 (6.89%)

 

スポンサーリンク

 玉の井は遊郭ではない!!

玉の井や、遊郭・赤線史に興味がある人が注意すべき点が2つあります。

 

1.玉の井は戦前と戦後では場所が違う

まずは下の地図を。

 

玉の井私娼窟地図(戦前)

玉の井について書かれた本数冊をベースに、今のGoogle mapの上から編集しました。だいたいこれで間違いありません。

戦前の「玉の井」と戦後の赤線は、戦前は「大正道路」と呼ばれていた「いろは通り」を挟んで場所が全く違います。
いろは通りより南が戦前の私娼窟、北の濃い赤で塗った部分が戦後の赤線エリアです。

戦前の玉の井は、出来た順番によって「◯部」に分かれており、「1部」がいちばん古く設立されたエリアです。戦前の私娼窟としての「旧玉の井」は、後述しますが昭和20年の東京大空襲で跡形もなく焼けてしまい、現在は何も残っていません。

しかし、いろは通りより北は全く焼けなかったそうです。

1947東京墨田区玉の井空撮

終戦後間もない空中写真を見ても、戦前の私娼窟の地域は焼失ならぬ「消失」しているものの、いろは通りより北は焼けていません。空襲で焼けだされた業者の一部がそこで新しく商売を始め、赤線として認められたものが戦後の玉の井。
が、一部は玉の井を離れ、すぐ南のに新しい赤線を作りました。そこは「鳩の街」と呼ばれ、路面電車で都心から直通で、文化人も鳩の街の方に通い始めたため、「新玉の井」は戦前のあの知名度の割には地味な所だったそうです。

玉の井やこういう方面の歴史を調べている初心者は、「『旧玉の井』と『新玉の井』は別物」と考えた方がよろしいかと。
我々がイメージする「玉の井」はたいがい「旧」の方であって、「新」と記憶がごっちゃになってる人もいます。また、「新」を知らずに「旧」だけが若いころの記憶補正も加わって全面に出ることが多いため、客観的に調べる方は知識をきっちり分けないといけません。

 

2.玉の井は遊郭ではない!!

もう一つの注意点は、

(戦前の)玉の井は遊郭ではない!!

「遊郭」とは、言ってしまえば公的機関が公に認めた売春街のこと。遊郭で働く女性は法律的には「公娼」「娼妓」、一般的には「女郎」。「お女郎さん」と敬意を持って呼ぶ所もありました。
対して玉の井は「私娼窟」「私娼街」。言ってしまえば違法です。

本業は売春宿なものの、暖簾上の名前は何でもよく、「小料理屋」がいちばん多かったものの「新聞販売店」「うどん屋」だったという所もあったと言います。
玉の井は「銘酒屋(一杯飲み屋)」の看板だけれども、もちろんそこで一杯…なんてアホはおりませぬ、だいいち「飲み屋」なのに酒置いてない。
そんな「銘酒店」で働く女性たちは「娼婦」、遊廓の「公娼」に対して「私娼」。遊郭みたいに優雅に「花魁」「お女郎さん」と呼ばれることはありません。

私娼街は遊郭と違い、ほとんどデータがありません。が、玉の井は女性たちに公娼並の性病検査もさせて警察の調査にも協力する、という形で黙認でした。知名度もあいまってデータも残っています。
そういう観点から見るとほとんど遊郭みたいなもので、私は玉の井に限らず「準遊郭」と造語で表現しています。ただ、遊郭と違うところは、女性の数や業者の数などの数字がやたら曖昧で、警察側の調査と業者側の調査では必ず数字が違ってくるところ。
最盛期も、「昭和初期」という人もいれば、「昭和10年代前半」という人もいて、女性の数も、「1,000~1,200人(地元警察の資料)」やら「約2,000人(『玉の井という街があった』)」やら「約3,000人(『玉の井挽歌』)」やら曖昧、実数は神のみぞ知る。
そこらへんの曖昧さが、玉の井を「魔窟」と呼ばせた不思議な香りを醸し出すゆえんでもあります。

 

昭和5年、同じ時期の主な遊廊の娼妓数ベスト5は以下の通り。

・松島(大阪):3,657人
・吉原(東京):2,557人
・飛田(大阪):2,646人
・洲崎(東京):2,329人
・七条新地(京都):1,340人
・中村(愛知):1,562人■玉の井:902人(出典:内務省警保局内部資料より 昭和5年6月調査)

数字を出すと、如何に玉の井の規模が大きかったかがわかるでしょう。

私娼街は、素人から見たら「女とイチャイチャする所」としては遊郭と何の変わりもありません。経験者の話を聞いても「遊郭」と呼んでいる人もいます。

また、地元では長年「遊郭」と呼ばれ、地元の人も何十年、何の疑いもなく「遊郭」だと信じてきたけれども、行政や警察での営業区分は「私娼窟」なこともあります。鳥取県の倉吉や境港などが良い例です。

遊郭・赤線史が好きな人は、「遊郭」「私娼窟」そして芸者の「花街」は本来明確に区別しないといけません。そんな知識もないからごっちゃにするのです。でも、地方へ行けばその線引きが曖昧なのがまた遊郭・赤線史の難しいところですが…。

NEXT:玉の井の名を全国区にしたある文豪の名作

 

コメント

  1. 東京YS より:

    BEのぶ様
    初めまして、天王寺駅の怪にノックアウトされた者です。
    現在玉の井旧3部に居住しており、その昔は母方の叔父夫婦が同カフェー街で銘酒屋を営んでおりました。
    そんな血と育ちから、古めな鉄道と遊郭跡を求めて全国を彷徨っております。
    貝塚と言えば遊郭跡と水間鉄道、これからもブログを楽しみに致しております。

    • 米澤光司 より:

      >東京YSさん

      はじめまして。拙ブログをお読みいただきありがとうございます。
      趣味が合いそうなプロフィールですね、これからどんどん更新していくので、またよかったらお読みいただければと思います。
      あと、玉の井のことで何かお聞きになっていたら情報いただけたらなーと。

      • 東京YS より:

        戦後の地図には旧京成白鬚線跡と東武伊勢崎線、それに3部西端とで囲われた辺りにも旅館が数件記載されていて、現在も遺構が1件残存しています。エリアの線引きには曖昧な面があったのでしょうか。
        その点カフェー街は組合が厳しかったこともあり、そうそう散らばらずかなりの密集度だったようです。
        叔父夫婦はメインストリートで「けい」(前屋号「金波」後屋号「せいこ」)という店を営んでおりました。
        賑わいはメインストリートもさることながら、そこから北へ伸びる二本の路地が特に凄かったそうです(貴ブログ③の写真ですね)。
        旅館「錦水」を過ぎてアールの手摺りのある大店「鹿島屋」までの間にこれでもかというくらいの店があり、さらに西へ向かう路地の更にその奥の路地のとば口に貴ブログ⑤でエアコンが飛び出ている遺構「銀月」か「うきよ」?があったわけです。
        玉の井も多くの建て替えが進んでいますが、ここは今でも最もディープな一角だと思います。

        • 米澤光司 より:

          >東京YSさん

          最後に行ったのがかなり前だった上に、まだ遊郭・赤線史研究家の駆け出しの頃だったので、来月玉の井と鳩の街など東京の赤線跡再調査に行こうと思ったら!
          コロナで断念せざるを得ません。
          夏には収束していると思うのでその頃に行きたいですが、その頃には当時の建物が残っているだろうか(いやもうなくなってるか)、心配です。

          • 東京YS より:

            その点関西は貴重な物件や街並みがまだまだ多く羨ましい限りです。
            実は私も、201系の最後をチェック〜播但線で梅ヶ枝遊郭へ〜和田山駅の機関庫(まだ有りますよね?)まで足を伸ばそうと思ってましたが、やはりコロナで躊躇しています。
            先が見えずに困ったもんです。

タイトルとURLをコピーしました