2020-07

スポンサーリンク
遊郭・赤線跡をゆく

遊郭・赤線跡をゆく番外編-今は亡き貝塚の『深川』で料亭の味を堪能する(大阪府貝塚市)

貝塚遊郭のど真ん中に君臨した料亭『深川』、数年前に惜しくも閉店となったが2009年に訪問した時の堪能録。
野良歴史家の歴史探偵

阪和電鉄の迷列車-直急

...
遊郭・赤線跡をゆく

立石(東京都葛飾区)-遊郭・赤線の跡をゆく

東京にあった赤線(広義の遊郭)の一つ、葛飾区の立石にあった特飲街の跡を歩く。
野良歴史家の歴史探偵

戦前にあった100均ショップ-『均一店』

生活の一部になった100円ショップ、そのシステムの元祖は戦前から存在していた。知られざる高島屋の均一店、そしてその大戦略、日本初のチェーン店構想とは。
野良歴史家の歴史探偵

映画『太陽の墓場』の舞台を歩く-鉄道編

...
野良歴史家の歴史探偵

映画『太陽の墓場』の舞台を歩く

大阪釜ヶ崎を舞台にした大島渚監督の映画『太陽の墓場』(昭和35年)の舞台の60年後はどうなっているのか。そのロケ地を訪ねる。
遊郭・赤線跡をゆく

【後編】飛田新地(大阪市西成区)-消えた遊郭・赤線跡をゆく

大阪の飛田新地。「現代の遊郭」の赤線時代の歴史を、資料を駆使し解説する。あの「百番」の赤線時代はどうだったのか!?
遊郭・赤線跡をゆく

【前編】飛田新地(大阪市西成区)-消えた遊郭・赤線跡をゆく

大阪に君臨する飛田新地。「現代の遊郭」の知られざる歴史を資料を駆使し、まずは戦前の遊廓時代を解説。阿部定の遊女時代の記述も。
野良歴史家の歴史探偵

大阪港「ハハハ」と天満屋ビル-近代建築の中で美味しいランチと軽食を!

昭和初期築のおしゃれな建物の中にある、大阪港のおしゃれなレストラン、「ハaハaハa」で名物のオムハヤシライスを食べてきました!
ブログエッセイ

滋賀県のココイチご当地カレーを食らう!

CoCo壱番屋の地域限定・店舗限定メニューである「お肉屋さんの近江牛コロッケカレー」を食べてきました!
タイトルとURLをコピーしました