神戸新開地の歴史-繁華街の賑わいのあと

野良歴史家の歴史探偵

スポンサーリンク

神戸の盛り場ー新開地

f:id:casemaestro89:20170726224117j:plain

神戸駅から真正面、徒歩5分ほど歩いたところに「新開地」という地区があります。
近代になって発展した神戸の繁華街は、大きく分けて3つに分かれていました。

 

 

戦前の神戸三ノ宮駅前絵葉書

一つは三宮。といっても大正時代までは今ほど発展はしておらず、駅前の大通り(フラワーロード)は生田川という川でした。それを付け替えてつつ、昭和初期頃に阪神や阪急などの私鉄のターミナルとしてポツポツと発展し出した新入りです。

 

f:id:casemaestro89:20170726231154j:plain

二つ目の繁華街は元町

元町は「神戸の元の市街地」という意味で、ここ周辺が開港前の「神戸村」だった元祖神戸。元町より西は「兵庫」という別の町でした。

元町は旧居留地の中心地でもあり、大丸や三越百貨店などの大型店がここに移り賑わっていました。「銀ブラ」ならぬ「元ブラ」という言葉も生まれたほどでした。我々が漠然と持つ「おしゃれ神戸」は、元町が築いたものと言って良いでしょう。

今でも華僑はもちろん、「印僑」と呼ばれるインド人も多く店を構えています。神戸はよそ者に寛容な街としても有名で、外国人にも住みやすい街として知られていますが、日本人だけでなく外国人も一緒になって作り上げてきた街だという歴史がその空気を作り上げているのだと。

 

神戸新開地戦前絵葉書

f:id:casemaestro89:20170808152148j:plain

そして三つ目が、今回の主役新開地

新開地は明治38年(1905)、周辺を流れていた湊川を埋め立てた跡地に、自然発生的に生まれた娯楽街です。ウナギの寝床のように細長く伸びている新開地の商店街が、かつての湊川の跡です。

「新開地」はしく発された土」のこと。明治になって新しく開発された神戸の新天地でした。

ここは娯楽の街。劇場や映画館が立ち並び、「西の浅草」または「東の浅草 西の新開地」とまで呼ばれた一大歓楽街となりました。昭和10年前後の神戸市発行の観光パンフレットにも、「神戸の中心地」という前置きで「愉楽地」「殷賑雑踏を極めた一大歓楽境」と表現されています。

 

歴史の脱線話:「神戸」と「兵庫」

ここで、少し話を脱線させます。
神戸は何の疑いもない「兵庫県」ですが、疑問に思いませんか。

ところで、兵庫県の「兵庫」って具体的にどこ?

この記事を書く原点が、この素朴な疑問でした。

f:id:casemaestro89:20170808113528j:plain

兵庫とは、神戸開港以前から港町として栄えていた要所でした。
平安時代から天然の良港として栄え、平清盛が日宋貿易で拠点にした大輪田泊おおわだのとまりがイコール兵庫と思っていただいて結構です。

 

f:id:casemaestro89:20170808133551j:plain

「16の町があり1万6千人が住み街には活気がある」
「船が絶えず大坂へ向かっていく。こんなに船がひっきりなしに往来している港町は見たことがない」

江戸時代末期、1832年に兵庫を訪れたシーボルトが、兵庫をこう記しています。上の地図はシーボルトが訪れた30年後、神戸開港6年前の1862年に作られた兵庫津の地図です。かなり大きな街だったことがわかります。

日本が開国した時、アメリカをはじめとする列強との条約には、
「兵庫を開放(開港)する」
という条文が入っていました。
が、孝明天皇が兵庫の開港に猛反対のため朝廷の許可が出ず、開港は宙ぶらりんに。
幕府のあやふやな対応に業を煮やした列強は、
「約束守れや!」
と艦隊を派遣、武力をちらつかせて開港を迫りました。これを「兵庫開港要求事件」と言います。
その後、兵庫の隣にあった「神戸村」に居留地と港を作ることになりました。それが1868年。
しかし、何故既に港町として十分機能していたいた兵庫ではなく、何もないゼロだった神戸になったのか。
実はこれ、日本史の小さなミステリーで、よくわかっていません。「兵庫の住民が反対した」や「兵庫は国内用港、神戸は海外貿易用港と分ける思惑があった」など諸説あり、これだという確たる資料がないのです。
ただ一つ確かな事実は、兵庫開港絶対だった欧米列強が妥協して神戸になったということ。なんらかの大人の事情があったのでしょう。

 

では、どこから「神戸」でどこから「兵庫」なのか。

 

f:id:casemaestro89:20170808114329j:plain

明治12年(1879)の地図があります。
神戸駅の西に、今は埋め立てられて「新開地」になっている湊川が流れています。
この湊川のすぐ西に、「兵庫津」の街があることがわかります。
湊川で東西に分かれ、西を「兵庫」、東を「神戸」ということができますが、今の南京町が「居留地外の西の端」に作られたことは確かなので、そこあたりが「元祖神戸」の西の端と言っていいでしょう。

のちに神戸が発展し、明治19年(1886)には神戸と兵庫が接するようになります。じきに双方は「神戸市」として合体、明治も末になると境界線がわからなくなっています。

f:id:casemaestro89:20170808114407j:plain

大正7年(1918)の地図では「神戸港」「兵庫港」とくっきり分かれています。
しかし、兵庫港は今では神戸港に吸収合併され名称として消滅しています。が、大正時代にはまだ厳密な区別があったということが、地図から読み取ることができます。

 

これでわかったことは、「神戸」と「兵庫」の境界線であった湊川が埋め立てられできたのが、新開地だったということです。

 

話を新開地に戻します。

NEXT:新開地の歴史
タイトルとURLをコピーしました