禁煙2ヶ月達成したから言える!禁煙のメリット&デメリット

禁煙2ヶ月 ブログエッセイ

禁煙階級禁煙2ヶ月

禁煙して2ヶ月が経ちました。
まだ2ヶ月達成してへんって?1ヶ月と29日なんやから、細かいこと言わんと2ヶ月とみなしましょうよ(笑)

 

さすがに2ヶ月も経つと、もうタバコを吸いたいなど全く思わないだろう。タバコを吸った経験がない人は、十中八九そう思うに違いありません。
しかし、そんな考えは甘い。

正直な気持ちを言うと、まだ吸いたい気持ちは残っています。少しでも気が緩むと確実に手を出してしまう状況です。

ただし、その気持ちは以前と比べて非常に弱くなっています。

私

吸いたいな…

と仮に思っても、それはほんの1秒ほど。別のことを考えれば飛んで消えるほどにまで落ち着いています。が、まだ油断は禁物。

2ヶ月経っても吸いたいということは、まだ脳か身体がタバコを覚えているということです。
たとえば、喫煙者時代はブログ一つ書き終えると一服、というのが習慣となっていました。今も、ブログを書き終えて「公開する」を押す。すると同時にタバコを吸いにベランダに向かっていた癖を覚えていて、ついフラッとベランダに足が向かってしまう。
「はい、お薬のタバコの時間ですよ~」
脳のこの電気信号に気づいてしまうほどリアルです。
もちろん、瞬間に我に返るのですが、タバコ吸いたい~!という気持ちだけは残留するのです。
俗に言う「吸魔」は、現在は一瞬~数秒で消えるので大したことはないですが、2ヶ月経ってもこの状態。これが、吸っている時にはわからないタバコの恐ろしいところです。

 

しかしながら、2ヶ月経って余裕も出てきて、少しは偉そうなことが書けるかと。この間に禁煙してよかったと思えるメリットを整理していきます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました