『鬼滅の刃 遊郭編』の歴史知識 第一章ー張見世

鬼滅の刃遊郭編と吉原遊郭・赤線跡をゆく

鬼滅の刃遊郭編ロゴ

『鬼滅の刃 遊郭編』が始まりました。「遊郭」という言葉にアレルギーがある人たちの大きな反発が予想されましたが、無事放送開始になり、遊郭史家としては少しホッとしています。
『鬼滅の刃』自体には興味がなく、前回の『無限列車編』は全く見ていません。しかし、今回は遊郭を舞台にしているとのことなので、せっかくだから見てみようと、久しぶりにアニメを見てみました。さすがは人気アニメ、内容は面白かったので、ここから私もハマっていくのだろうな(笑

しかし、面白い面白くないという感情を極力排除した、考証も兼ねています。
「遊郭史家が『鬼滅の刃 遊郭編』を見るとどうなるのか」という副題を織り交ぜ、ストーリーを愉しみながら鬼滅の刃を時代考証してみようと思います。アニメを批判したりdisったりする意図は全くないことを先に記しておきます。

また、遊郭とはどんなものなのか、いまいち整理がついていない鬼滅ファンの方も、まずはアニメはアニメで楽しんで、

本当の吉原、遊郭ってどんなのだったんだろう?

という時に、本編を見て二重にお楽しみいただければ。

スポンサーリンク

鬼滅の刃に描かれた吉原の風景①ー仲之町通り

『鬼滅の刃 遊郭編』第二話には、吉原の象徴として大通りが登場します。

鬼滅の刃 遊郭

台詞にも「吉原」と言っているので、ここは吉原の大通り「仲之町通り」です。

夜の帳がおりた頃に人がどことなく集まり、通りの真ん中に植えられた季節ごとの木々は、吉原の表の面を派手に演出していました。アニメの吉原も、吉原ってこんなんやったんやろなーと想像力を豊富にさせるきれいな描写です。
人は夜の明かりのもとに、夏虫のように集まり、それは盆も正月もなかったといいます。
『鬼滅の刃』の時代設定である大正時代を例にとると、大正5年(1916)の吉原の遊客数は1,256,813人1。1日あたり約3,443人が遊んだという計算で、「冷やかし」など実際に遊んでいない人は数に入れていません。推定ですが、純粋な人出はこの3〜5倍はいたのではないかと。

なお、明治後期〜大正期、つまり『鬼滅の刃』の時代設定の「仲之町通り」沿いに並ぶ建物は、遊女がいる貸座敷(妓楼)ではなく、芸者置屋や引手茶屋2でした。

「遊郭=遊女しかいない」というのは、遊郭全体を見るとハズレではありません。が、こと吉原に限ってはハズレ。
遊郭というものは、基本的に「遊女」「芸者」「幇間」(太鼓持ち。男の芸者)の連合体でした。よって遊郭には、貸座敷の場を盛り上げたり、客を貸座敷に誘導するセットアッパー役としての芸妓や幇間も少なからずいました。吉原芸妓は、2010年に最後の一人が亡くなり絶滅してしまいましたが、幇間はまだ健在です。
吉原と共に生きた江戸文化の担い手の一つ、幇間。日本に6人しかいなくなった幇間の一人、松廼家八好さん、ついに新宿末広亭デビューです!
(伯山ティービィーより)

吉原芸妓や幇間はお江戸全体に聞こえるほどレベルが高く、引手茶屋で彼(女)らの芸や唄を愉しむだけ、つまり貸座敷に登楼しない遊び方も全然あり。吉原に来る=女とニャンニャンするとは限らないのです。

 

鬼滅の刃に描かれた吉原の風景②‐張見世

鬼滅の刃遊郭編吉原張見世

『鬼滅の刃 遊郭編』では、客が見世の格子越しを覗いているシーンが見受けられます。これは一体なにを見ているのでしょうか。

江戸時代から明治時代にかけての遊郭の華と言えば、遊女が直接格子越しに並び、現物ディスプレイとして客を待っていた風景。これを張見世(はりみせ)と言います。張見世とは、何人、何十人もの遊女が格子越しに並び、そこで男が格子越しに好みの「一夜妻」を選ぶというシステム。

 

遊郭顔見世

時には格子越しに会話を続けているうちに恋が芽生えることもあったのか、『誹風柳多留』という江戸時代の川柳集の初編(1765年)には、

相惚れは額へ格子の跡がつき

という句が収められています。

「冷やかし」という言葉があります。現代は、買う気もないのに値段を聞いたり、在庫を聞いたりする客に対してこの言葉を使いますが、「冷やかし」とはそもそも、実際に登楼する気もないのに張見世の遊女に話しかけたりする男のことで、遊郭から生まれた(くるわ)用語なのです。
「冷やかし」は戦後の赤線時代も続き、俳優の小沢昭一は金もないのに学生服を着て吉原へ行き、店の前で客引きをしている「カフェーの女給(内実はもちろん娼婦)」に「冷やかし」をしていたと回想しています。

鬼滅の刃遊郭編の張見世

吉原遊女鬼滅の刃

『鬼滅の刃』にも、張見世で並ぶ花魁たちの姿が描写されています。キセルは張見世の必須アイテムの一つ、何をタバコを吸うためだけではなく、男の襟にキセルの先を熊手のように引っかけ、客を逃さないツールでもありました。

しかし!

大正時代に入ると、今では当たり前のある概念が日本社会に浸透し始めます。それは「人権」。『鬼滅の刃』の時代は、ちょうど日本に人権という概念が芽生え始めた頃でもあります。
遊郭も、人権の面から批判の矢面に立てられます。張見世は女を「モノ」として扱う非人道的行為だ…そんな声が東京はもちろん、全国規模に拡大していきました。

遊郭は国が認めた公娼ではあるけれども、公営ではありません。商売である以上、時代に合わせて変化していかないと生き残れません。そんなことは、遊郭をビジネスとして見れば1+1=2くらいの摂理です。
遊里史を法制史や経営学など別の面から見ると、システムや法律などが時代に合わせて細かく変わっていっています。

張見世も例外ではなく、大正初期に法律が改正されます。

 

・第十六条ノ二
「貸座敷営業者ハ娼妓ヲシテ張見世ヲ為サシムベカラズ
(大正五年五月警視庁令第八号改正)

引用:「貸座敷引手茶屋娼妓取締規則」

文語体なのでわかりにくいですが、要は遊女に「張見世」させちゃダメよということ。ということで、大正5年(1916)8月1日3から、東京の遊廓すべてで張見世が禁止されます
遊郭=張見世というイメージで、かつそれが遊郭がなくなるまでずっと続いた…なんて思っていた方、遊郭に関する知識が江戸時代か明治くらいで止まっています。さっさとアップデートしましょう。

 

そんなの法律だけで実際は隠れてやってたんじゃないの?

売春防止法があるのに風俗産業がある現実を見ると、そういう斜めな考えになっても仕方ない面があります。が、遊郭は公許なので、隠れて張見世やれば営業停止処分は免れません。
時代も法的背景も違いますが、つい先月(2021年11月)にも、関西では知る人ぞ知るちょんの間、兵庫県も尼崎のかんなみ新地が潰されましたが、おそらくコロナの非常事態宣言中に隠れて営業していたことが、警察の逆鱗に触れたのでしょう。警察権力をナメてはいけません、このように髪の毛一本この世に残すことすら認められないくらい潰されます。

吉原の場合を説明します。
前述のとおり、吉原遊郭は貸座敷・芸妓置屋・引手茶屋の連合体です。それぞれに組合があったのですが、その組合を束ねるのが「新吉原三業組合」

吉原弁財天の玉垣

そのトップは「取締」と呼ばれ、複数人が就任していました。上の写真は、吉原弁財天に残る取締役の玉垣です。

取締役は警視庁から廓内のある程度の治安・秩序維持の権限を委託されており、客とのトラブルのお裁きや、「悪さ」をする業者を吉原内の「議会」にかけて懲罰したり、酷い時は追放する権限がありました。他の遊郭にはほとんどない、吉原独特の制度だそうです4。吉原の格式を維持するには内部にも規律が求められ、それを乱す者は容赦なく追放とかなり厳しかったといいます。

この法令はあくまで警視庁令、つまり東京府(当時)だけの適用でした。しかし、遊郭を管理する法律「貸座敷娼妓取締規則」は、内務省の法律の土台があるので、ほぼ同時ににすべての地域で禁止されたのは容易に想像できます。大阪でも、大正7年(1918)の書物に「大阪では近来張見世を禁じられ」とあるので5、東京と同じ時期に禁止になったのでしょう。
ただ…どことは申しませんが、某県の田舎の某遊郭ではこっそり張見世が行われたという伝説が残っています。あくまで伝説なので、本当かどうかわかりませんが…。

『鬼滅の刃 遊郭編』の時代設定は大正時代ですが、明らかに吉原で張見世が行われている様子なので、史実に沿えば鬼滅の時代設定は大正5年以前でなければならない。いや、資料によっては前年の4年には、吉原の貸座敷はすべて「写真見世」に切り替えているとの記録もあります。
張見世は遊郭の艶めかしい一面、ある意味シンボルではあります。が、張見世というエースを出しちゃった以上、『鬼滅の刃 遊郭編』の舞台は1910年代、大正元年〜5年(ないし4年)でないと筋が合わなくなってしまいました。
これで『遊郭編』に関東大震災の描写なんかが出てきたら、

おーい、時代が急に10年近く飛んでまっせww

歴史家として突っ込んじゃうぞ(笑

 

張見世→写真見世・陰見世へ

その後の吉原は、「写真見世」(または「写真式」)へ移行します。
写真見世とは、貸座敷の中、壁やガラスのショーケースの中写真が貼られており、客がそれを見て敵娼(あいかた)を決めを決める方式。

洞泉寺遊郭川本楼

金魚で有名な奈良県大和郡山市の洞泉寺遊郭跡には、「川本楼」という昔の貸座敷が保存され、見学も可能です。中は…すごいです…これだけを見に奈良県に来ても損ではありません。

 

奈良県大和郡山市川本楼

その玄関はこうなっています。何の変哲もないように見えますが、一説によるとある仕掛けがあるそうです。
キーは奥にある鏡。なんでこんなところに鏡が?
現役の貸座敷だった頃は、ひな祭りの雛が置いてある場所に写真が飾られていたと伝えられています。鏡は、真偽不明ながら、玄関から壁に貼られた遊女の写真を覗くための道具との説明でした。その証左に、写真ではほぼわかりませんが、鏡はまっすぐ設置されておらず、ほんの少し壁側に傾いています。
あくまで伝説の域を出ないですが、『全国遊廓案内』によると洞泉寺遊郭は「写真見世」。言い伝えの根拠としては成立します。

 

もっとも、この写真見世が少し曲者でした。
貸座敷も商売なので、遊女という商品をきれいに見せたいのは当然。楼主は腕に自信がある写真師に撮影を頼みます。写真師も商売なので、Photoshopも驚きの写真加工を行い、撮影された遊女本人が

え!?これってあたし!?

と卒倒するほどのキラキラっぷりだったそうです。

そんな写真を見て鼻の下を伸ばしながら二階へ上がると…

こら!モノが違うやないかい!!!

と客が肩を怒らせながら1階に降りてくる…これも遊郭の日常でした。

また、遊郭によっては、「陰見世(陰店)」を行っていることもありました。陰店を行う妓楼は「陰店を張っている」と表現します。『全国遊廓案内』(昭和5年刊)という、遊郭史を調べている人には必読バイブルがあるのですが、山形県新庄の遊郭の欄にはこんな説明がされています。

 

店は全部写真式で(陰)店は張っていない。

引用:『全国遊廓案内』新庄萬場町遊廓

 

こちらは、貸座敷の表ではなく裏や建物内で遊女が張見世と同じく並び、客が好みの女の子を指定するシステム。
これも法的根拠があります。

 

・第三十九条
「娼妓ハ左ノ行為ヲ為スベカラズ」
一.「道路又ハ道路ニ面スル場所ニ於テ目立ツベキ扮装ヲ為スコト」
(大正五年五月警視庁令第八号改正)

引用:「貸座敷引手茶屋娼妓取締規則」

「娼妓」とは、遊女の法的な言い方、つまり正式名称です。
「道路や道路に面する場所で公衆を誘惑するような派手な格好するな」と、間接的に張見世を禁止する条項なのですが、裏をかけば「張見世なら店の中でやれ」ということ。裏でこっそり張見世…だから「陰」なのでしょうね。

陰見世の残滓を残していると伝えられるものが、日本に唯一残っている場所があります。

飛田の鯛よし百番

大阪は飛田新地にある「鯛よし百番」。遊郭時代の妓楼の姿を色濃く残す料亭ですが、ここは説明不要でしょう。吉原ではなく飛田ですが、『鬼滅の刃 遊郭編』が落ち着いたら、遊郭の妓楼ということで「聖地」になる可能性もあります。いや、もうなってる!?

 

飛田鯛よし百番陰見世の舞台

「百番」の玄関を入ってすぐ左に舞台があります。なんで玄関に舞台が?
あくまで推定ですが、おそらく陰見世としてここで遊女を並べるつもりで作られた可能性が高い。遊女が襖の裏に並び、客から指名されるのを待つわけです。
飛田遊郭は、開業当初は陰見世式だったと言います。しかし、「百番」完成時6にはすでに写真見世に移行しており7、ここは使われることなくデコレーションとなっている…というのが私の推定です。

この「遊郭史家が『鬼滅の刃 遊郭編』を見てみたら」シリーズ、お次は吉原大門でもいかが?

 

遊廓の歴史はこの記事で!

  1. 『警視庁統計書』大正6年
  2. 遊郭の大見世へ案内するお茶屋。
  3. 上の改正は大正5年5月発布、即日施行だが、この条項のみ7月31日まで施行が猶予されたため、有効は8月1日から。
  4. 『吉原はこんなところでございました』より
  5. 『売られゆく女 公娼研究』上村行彰著P27
  6. 大正後期と伝えられるが詳しい時期は不明
  7. 昭和初期刊『全国遊廓案内』の飛田の欄には「全部写真見世で陰見世は張っていない」と記述。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました