海道畑停留所-阪堺電車に残る廃駅

海道畑停留所 鉄道史
スポンサーリンク

海道畑駅

阪堺浜寺駅前駅
南海電鉄浜寺公園駅から徒歩1分くらいのところに、阪堺電気軌道の浜寺駅前停留場があります。阪堺電気軌道など正式名称で呼ぶ必要もなく、地元では「チンチン電車」で通用します。
浜寺の次の駅は船尾なのですが、その駅間距離が「チンチン電車」の割にはやけに長い…その間に駅でもあったのか!?と思える距離感ですが、事実その間にかつては「海道畑」という駅が存在していました。「かいどうばたけ」ではなく、「かいどうばた」と読んだそうです。
浜寺駅前を出発した電車は、南海本線を跨ぐためにいったん高架となります。南海とのガードを上りきったかどうかという場所に、海道畑駅は存在していました。

海道畑駅の開業時期ははっきりしません。
南海や阪堺の資料をいくら見ても、どこにも書かれていません。ネットでは新阪堺線との連絡用に作られたという情報が流れています。その真偽は不明ながら、少なくてもわかることは…

1928年阪堺海道畑
昭和3年(1927)の航空写真には停留所らしきものが見えます。新阪堺はこの時三宝車庫まで、浜寺へ伸びていない以前に国道26号線(現府道204号)すら出来ておらず。新阪堺の浜寺までの開業は、この7年後の昭和10年(1935)のこと。
よって、新阪堺との連絡駅というのは後付けではかろうかと私は推察します。

戦前阪堺海道畑駅
海道畑が営業してた頃(のはず)の昭和17年(1942)の航空写真でも、コンクリートのホームがはっきり確認できます。

またこの駅、いつなくなったのかもはっきりしません。
以前、同じ阪堺線の廃駅(?)の宮ノ下停留所のことを記事にしたことがあります。

ここで述べたとおり、宮ノ下も海道畑も、戦争中の昭和19年(1944)頃に休止になったとは伝えられており、郷土史の権威『大阪春秋』の阪堺線特集も、末尾に「?」をつけながらも19年としています。
ただし、19年に休止(廃駅)になったんだ!と断定する一次資料は存在しません。だからこそ『大阪春秋』は「?」にしたのでしょう。南海や阪堺にも、とどめの資料が存在しないのだと思われます。
ただし、戦後の阪堺線運転士向けの内部資料や、住宅地図などの間接的資料からは、宮ノ下は戦後も存在していたと思われるものがあります。

海道畑停留所の方はどうか。

海道畑停留所

実は、昭和20年代の内部資料にはくっきり名前が残っているのです。宮ノ下と比べこちらは住宅地図(昭和31年)には記載されておらずですが、

関西の鉄道今昔 【阪堺電車編】

こちらに掲載の昭和30年(1955)頃の浜寺駅前停留所付近の写真の線路の奥には、海道畑停留所らしきものが確認できます。

 

阪堺海道畑駅
(主様に連絡が取れず掲載許可が取れなかったので、写真を一部だけ切り取り加工)

アップしすぎて画像が粗くなっていますが、赤矢印は位置的に明らかに海道畑駅です。
それも、ちゃんと屋根も設置されており、まるで「営業している」かのような姿です。

昭和19年に休止したまま廃駅同然になったと仮定しましょう。
昭和16年(1941)に「金属回収令」が施行され、官民問わず金属の供出を法的に強制しました。

金属回収令によって供出される土浦国民学校の校門

(画像:Wikipediaより)

国民学校の校門も供出されているほどで、鉄道の停留所、しかも休止中のが供出されないわけがない。
状況証拠に過ぎないですが、私が「海道畑停留所は戦後すぐの間には営業していた」という仮説を採っている理由の一つが、さりげなく写っていた停留所の屋根なのです。

 

現在の停留所跡

海道畑のプラットホームの跡は、現在でもくっきり残っています。

 

海道畑停留所跡

阪堺線の車窓からでもこのように目視が余裕で可能なほどで(赤丸が跡地)、プラットフォーム部分はすでに草が生えているものの、土台のコンクリートはそのまま残っています。

海道畑駅跡

道路からも、停留所があったというコンクリート塊が放置されるように。
コンクリートから突き出している突起はなにか。屋根柱を起てるための台ではないかと推定しています。

海道畑の停留所こそ現存しませんが、文字はあるところに残っています。
浜寺公園前停留所から、南海電鉄を跨ぐために高架になる手前に一つ、踏切が存在しています。その名称は「海道畑1号踏切」。道路と一体化した併用軌道なため、踏切の存在が忘れられがちの場所にありますが、海道畑の名がひそかに残っています。

 

海道畑駅は休止中?廃駅?

宮ノ下駅の記事でも述べましたが、海道畑は戦争中に休止(?)になって以来、何の進展もなく氷漬けになっている感があります。個人的には、おそらく阪堺が南海電鉄と分離下際に「清算」されたとみていますが、当然証拠はありません。
そういう意味では海道畑も宮ノ下と同じ運命であるはずですが、海道畑には「復活の話」が鉄道マニアの間でモヤモヤと煙が立っています。

その根拠は、各鉄道の各駅につけられた「駅ナンバー」
阪堺線は”HN”の頭コードがつけられ、浜寺駅前停留場は”HN31”となっています。隣の船尾駅は”HN29″なのですが、あれ?”HN30”は?と思うでしょう。”HN30″はなぜか欠番となっており、阪堺にもお問合せが多数来ているはずですが、公式な回答はありません。
この欠番の謎の仮説の一つに、
「阪堺は駅の復活を画策している」
というものがあります。プラットホームも残っていないこともないので、復活させようと思えばできないこともない!?

しかし、個人的には「ない」と思います。根拠は一つ。「復活して集客力あんの?」
実際に行ってみるとわかりますが、南海本線を跨ぐ高架の築山の上に作られた停留所は、上るのにも一苦労。若者なら全く問題ないでしょうが、主な客になってくれそうなお年寄りには、これを階段で登れというと過酷すぎる高さです。
こんなところにエレベーターやエスカレーターを作るわけにもいかないし。

復活陰謀論(?)まで出ている謎多き駅、すべてが明らかになる資料が出てきた時、本当に復活した時、この記事も人知れず注目されることでしょう。

 

 

コメント

  1. kome より:

    ご無沙汰しております。
    海道畑について、ここまで調べたものはみたことがなかったので、感動しながら拝読しました。
    ちなみに、南海本線の連続立体工事により、浜寺駅前駅は浜寺公園駅の東側に移設される予定ですので、立体交差も無くなり、海道畑の復活も完全に無くなりそうです。
    近所ながらなかなか足を運ばないので、遺構がなくなるまでに行ってみようと思いました。

    • 米澤光司 より:

      >komeさん

      ご無沙汰しております。
      せめてこの駅の開設年月くらいはつかんでやろうと意気込んだのですが、結局どこにも資料が見つからず私としては消化不良に終わりました。
      また何か資料が見つかったら更新します。

      >南海本線の連続立体工事により、浜寺駅前駅は浜寺公園駅の東側に移設される予定
      この記事を書いて知ったことですが、阪堺線のルートどころか、予定の筋の近くには大きな洋風建築があるので、そこがなくならないか心配になってきました。
      予定通りなら浜寺界隈の様相が大きく変わりそうなので、写真に撮るなら今のうちですね。

タイトルとURLをコピーしました