【前編】松島新地(大阪市西区)|遊郭・赤線跡をゆく|

大阪松島遊郭関西地方の遊郭・赤線跡

大阪の遊郭と聞いて、真っ先に思い浮かべる場所が二つあります。それが松島飛田
大阪、いや日本の遊里史に君臨した遊郭界の木星と土星のような存在であるこの二廓は、その巨大な重力によって大阪の歴史にも深く影響した巨大惑星。

遊郭というのは、当事者にとっては黒歴史。全員ではないですが、過去の歴史を極力隠そうとします。私もカメラを向けたどころか、元妓楼を凝視しただけで怒鳴られた回数は数知れず。
滋賀県の某遊郭のように、昭和33年(1958)の売春防止法全面施行で赤線が消えることとなり、歴史の一部である文書を火の中に入れ、遊里であったことを永遠に消し去ろうとした所さえありました。図書館でその記述を見て、臭いものには蓋をするその行為に怒りを覚えたものです。

それとは逆に、遊里であった歴史を当事者の手でまとめ、文字として残そうと「歴史書」を作成した遊里がありました。それが今回のお題、松島です。

 

松島新地誌

『松島新地誌』という本があります。昭和33年、売春防止法完全施行で松島新地1世紀の歴史が閉じられようとした時、組合の手によって発行された「公式歴史書」です。
遊里の歴史は県史や市史などに書かれていることが多く、元楼主などが個人で記したり、文士がエッセイなどで書いたのは吉原などにもあります。が、当事者の手によって造られたものは非常に珍しい。新地の組合が公式に記し出版したのは、全国何百ヶ所の遊郭赤線の中でも唯一ではなかろうか。値段が書かれていないので、関係者向けに配られた非売品だと推定されます。

明治の誕生から昭和戦後の消滅までの、松島の歴史の一切が書かれているのですが、今回はこの本をベースに松島遊郭の歴史を書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

松島新地-遊郭としての歴史

松島の遊廓としての歴史は、江戸時代から存在した「モグリ遊里」の取締りと整理から始まります。
江戸時代には、上述の新町や堀江、難波新地など公許の遊里があったものの、世の常で他にもモグリ遊里があちこちに存在していました。看板こそ「うどん屋」「小料理店」「ぜんざい屋」など多種多様ですが、すべては陰で春を売っている妓楼もどき。驚くこともない、現在の飛田だって建前上は「料亭」なのだから。
こういったアングラ遊里は、度々お上によって禁止されて取り締まられたのですが、こういうものはいくら取り締まっても復活するのが世の常。ついにお上の方が音を上げて「黙認」となり、幕末まで営業を続けました。
そのうちの一つに、生玉馬場先町があります。今の上本町、生魂神社のすぐ横なのですが、約150年前に隠れ遊郭はなくなったはずなのに、今でもそこはきっちりラブホ街。血…いや地は争えないというのはこのことでしょうか。

そんな遊里も、明治初期のどさくさで禁止になったり、やっぱり許可になったり命令が二転三転した挙げ句、明治4年(1871)に改めて営業禁止のお触れが出た上で、松島への移転命令が発布されます。
既存の場所は、今後妓楼の増設はおろか女の数も増やすの禁止、でも松島新地内では自由に営業も出来る上に税金もしばらく免除、女性の数も増やして良い、というニンジンをぶら下げて大阪市内の遊里の整理に取り掛かります。
明治5(1872)年の『大阪新聞』によると、

「浪花の西方松島に新郭開け、旧冬廃せらるる遊里二十余カ所のもの共、追々ここに引移れり」

とあり、松島に遊郭を集結させることによって各地にあった遊里を整理することに成功します。これが、事実上の松島遊郭の始まりです。
なぜ名前が「松島」か。当時の松島には、樹齢三百年とも言われた松の木があり、島の先っぽにあったことから「松が鼻」と呼ばれていました。
そして、そこあたりの当時の地名が「寺島町」で、その一文字づつを取って「松島」という名前になったと言われています。

今でこそ、松島があった今の西区は大阪市内の中心部です。が、遊郭として開発された当時は昼間でも人を見ることがない所でした。遊里は「性欲のトイレ」として街の外れに作られるのが常道ですが、松島も最初は大阪の僻地of僻地に作られた遊里でした。

 

松島遊郭
(明治初期、出来たての松島遊郭。南から北方向の撮影)
人もロクに近付かない所に作られた松島の経営は、最初はかなり困難を極めたものでした。はじめは「新しいもの好き」の大阪人にウケたものの、交通の便の悪さもあってだんだんと客足が遠のき、その上私娼があちこちに復活して圧迫するばかり。

 

松島遊郭発展の起爆剤

そんな松島が転換期を迎えた出来事が、鹿児島で起こった西南戦争
今なら鹿児島まで飛行機か新幹線であっという間(?)の距離ですが、当時は東京の軍隊が鹿児島まで行くには、1日2日では済まない超長距離日程でした。よって船で兵員を輸送することになるのですが、その集結地が大阪でした。
戦争に行けば生きて帰れる保証はありません。そんな兵隊は金離れが早く、「死ぬ前にせめて」と遊里に駆け込み松島は賑わうことに。

それは時代や国・民族を問いません。昭和の日中戦争~太平洋戦争の頃も、戦争に行く前に「男になろう」と兵隊や召集前の男子が大勢押し寄せ、『虎は千里を走る』→『武運長久』ということから『トラ(虎)』という名前がついた女性に人気が出たり、『怪我なし』→『毛がなし』ちゅーことでバイパンの女性の注文が多かったりしました。
今から見たら「アホか」と思うことでも、生きて帰れる保証が全くなかった時代のこと、彼らも本気だったのです。
また、ある遊女がある男に惚れ、最後とばかりに一晩過ごして「あるもの」ずっと持って彼の帰りを待っていました。
その「あるもの」とは使用済みコンドーム。乾いてカサカサになった彼の「あれ」、そんな避妊具を彼女は袋に入れて肌身離さず、空襲も生き抜きずっと待ってたそうですが、彼はついに帰らなかったそうです。
遊女も女、恋をします。そして好きな男をずっと一途に待ってるいじらしさと悲しさが入り混じった、戦争さえなければ…という悲しいエピソードです。

西南戦争で息を吹き返した松島はその後、どんどん発展を遂げます。
「青楼500軒、娼妓4000人」と謳われたのが日清戦争が終わった19世紀末の話ですが、それはいささか誇張された数字で、『松島新地誌』によると実際の数はそれほどでもありませんでした。
ここで、戦前の松島遊郭の変化を数字で見ていきましょう。

松島遊廓変遷

大正~昭和にかけてが実際の松島遊廓の最盛期、その数と規模はかの吉原を凌ぐ勢いでした。この当時の、松島を除く全国の主な遊廓の娼妓数は、

松島と他遊郭との数字比較

貸座敷の数こそ吉原よりは少ないものの、その他はぶっちぎりのトップです。数字だけならメガ遊廓を超えたギガ遊廓。スーパーを超えたハイパー遊里。
それに輪をかけたのが、松島新地と川を挟んで直結していた商店街、「九条新道」の存在。遊廓で遊客はタダでさえ金離れが良いせいもあり、商店街も遊廓も共同体で大繁盛。人が集まるところに歓楽街あり、のちに映画館や劇場もつくられ「西の心斎橋」「第二の千日前」と呼ばれるほどの繁盛ぶりに。
ちなみに、今の「九条新道」は、地下鉄中央線と阪神高速が走る中央大通りで二つに分かれ、西九条方面は「キララ九条商店街」、旧松島遊郭方面は「ナインモール九条商店街」に分かれています。

史料から読み解く松島遊郭

松島遊廓がどういうものだったのか、二つの書物から引用してみます。

『南海鉄道案内』(明治32(1899)年発行)より
西区松島橋西詰より、西は梅本橋の東、北は松ヶ鼻より南は天神御旅所の横手の掘割までが松島遊廓の区域です。
此遊廓は、市内の遊郭の内で一番新しく(筆者註:当時飛田遊郭は存在していません)、維新後に開けたのですが、なかなかの繁盛を極め、(中略)貸座敷の数254軒、芸妓88人、娼妓は2657人、娼妓の数は各遊廓の内で此廓が第一です。

貸座敷の内で、東京楼が第一位を占め、80余名の娼妓と数名の芸妓とを抱えてあって、芸娼妓とも和洋の両装をさせ、客の望みに応じて何処でも出すということです。 又家の大きい事は、大阪青楼の中で屈指だといふことと、又此楼では客の好みに依って、芸妓に舞台で伊勢の古市の音頭やうの舞を舞はせますが、前年案内者が頼れて、戯に筆を採りましたから、松島最寄の名所の案内かたがたお笑ひ草までに載せておきます。

『全国花街めぐり』松川二郎編 昭和4年(1929)より
「意気な三尺、尻垂れ結び、鼻歌プイプイ九条行き と、以ておぼろげながらこの廓のカラーをうかがうことができるであろう。

欧州戦(筆者註:第一次世界大戦)前夜からこの方面の急激な発展ぶりはすばらしいもので、松島から西へ九条通にかけた一帯の地は、第二の千日前と言われるほどの賑いであるが、夜桜で賑う廓は大阪ではここばかりだ。
が、家並は大小様々、新旧またとりどり、その間には小料理屋・飲食店・八百屋まで介在しているという具合で、混然また雑然、甚だしく花街としての美観を欠いている。

しかし、昭和2年12月末現在の統計によれば、大阪府下の娼妓数8,155人中、その4割をこの一廓で占めているという。府下随一はもちろん、おそらく日本第一の大遊郭である。 貸座敷 259軒 娼妓 3,701人 芸妓置屋8軒 芸妓133人。
妓楼では第三円楼というのが、規模も大きく、格式も高く、それに美人が多いという評判で、まず廓一の妓楼と言われている」(筆者註:昭和8年の妓楼一覧には「第三円楼」なる妓楼の記載なし)
(中略)松島・飛田共に同一で、揚屋・引手茶屋の類はなく、直接貸座敷へ登楼し、芸妓もそこへ呼んで遊ぶのである。妓夫はすべて年増の女が勤めている

ここで興味深い記述は、『全国花街めぐり』の最後の部分。
妓夫ぎふまたは妓夫太郎とは、店の前に立ち客寄せをする遊郭スタッフのこと。関東では「牛太郎」とも呼ばれ、遊郭をリアルで知る最後の生き証人だった桂歌丸師匠は落語のまくらでもそう呼んでいました。
吉原や洲崎など関東は、「太郎」と付いているように男の仕事です。が、松島じゃ女がやっている。よく考えると、吉原ソープランドの客引きは全員男でしたが、関西の「現役」はほぼ女。これにも東西の違いがあるのだろうか?大阪の遊里の伝統を引き継いでいるのだろうか?
ちなみに、松島は不明ですが吉原や洲崎の妓夫には細かいランクがあり、熟練した「妓夫太郎」になると歩合給込みで月給80円だった人もいました。当時の東大法学部卒の高級官僚の初任給が100円、学歴不問の職種にしてはかなりの高級取りなことがわかります。

 

松島を騒がせた二大事件

年間100万人以上が訪れた松島には、当然のごとく大小様々なトラブルが発生しました。おそらく新聞に載らなかったものを含めると、1日何軒かは起こってたのではないかと推測できます。
しかし、そんな線香花火のような喧嘩騒ぎではなく、大阪、果てはあわや総理大臣の首が飛びそうだった大事件が松島との絡みで発生しました。

松島の大乱闘

一つは、「松島某大乱闘事件」
明治18(1885)年のこと、警察が遊廓内をパトロールしていたところ、上から「あったかい雨」が。「あったかい雨」はここで遊んでいた兵士が廓の二階からかけた小便のことで、巡査が怒ると兵隊たちが逆にインネンをつけ、負けじと警察も応援。兵1400人vs警察600人の大乱闘となりました。
憲兵隊や府の警察トップがやって来て騒ぎは収まったものの、死者2名(兵士側)、負傷者60名を出す始末に。
死者を出した軍側は「警察のやりすぎ」を主張、警察側も「正当防衛」を主張、お沙汰は裁判に持ち込まれることになりました。
新聞や市民は警察に理ありと応援、無償で弁護しますと名乗り出た弁護士まで出現しましたが、警察側は「職務を遂行したのが罪なら、甘んじてそれを尊重しよう」とばかりにすべて辞退、結局全員有罪になったとされています。
軍と警察のいざこざは、昭和初期に同じ大阪で起こった「天六ゴーストップ事件」が有名ですが、この二つは昔から犬猿の仲のようで。

日本史に残る大事件-松島疑獄事件

もう一つは、「松島疑獄事件」
戦前最大規模の汚職事件としても有名で、松島が輪をかけて有名になる事件でもありました。
松島は、出来た時こそ見渡す限りペンペン草しか生えていない荒れ地でした。が、市街地の拡張で大正時代中期には松島も市街地となり、市街地に色街があるのはよろしくないと移転の話が浮上しました。
松島側も、巨大になりすぎて手狭になった現土地から郊外への移転には賛成で、大正時代から港区の大阪港周辺への移転話が持ち上がってました。
今の常識では信じられないかもしれないですが、遊廓は絶好の「町おこし」の手段。

遊廓が出来る→人が集まる→地元に金を落とす→商店儲かる→土地の値段もアップ→地元ウハウハ

というWin-Winだったのです。
遊郭移転の話が持ち上るや否や、是非うちにと土地を提供し勧誘してくる所が殺到しました。
「松島疑獄事件」はそういう利権にまつわる事件で、土地価格暴騰でボロ儲けしようと欲が突っ張った不動産会社が、当時の政党のトップクラスの政治家に「是非うちの土地に遊廓を~m(__)m」とお願い、ついでに「雑費」として賄賂を贈ったとされます。

大正15(1926)年はじめ、それをほのめかす怪文書が出回りました。大阪府知事の中川望は松島移転の気がなかったものの、知事も収賄した話も持ち上がり、痛くもない腹を探られた知事は超激怒。
汚職の証拠をつかんだ上に知事のバックアップを得た大阪地裁の特別判検事捜査隊(今で言う地検特捜部のようなもの)は一斉に不動産会社を強制捜査、そこで動かぬ証拠が出てきました。
そこで出てきたのは、当時の政治家の大物の名前ばかり。間接的ながら首相の若槻礼次郎の名前まで浮上し、永田町は沸騰した鍋をひっくり返したような大騒ぎになりました。
そして、大阪地裁特別判検事捜査隊は当時の政党のビッグ3、政友会と憲政会、政友本党の幹部をいっせいに大阪に召喚して起訴しました。
今なら、自民党と公明党と立憲民主党の幹事長がいっせいに逮捕、総理大臣が容疑者前提で証人喚問されるようなもの。

で、結果は、あれだけ日本中がひっくり返った大事件なのに、蓋を開けてみるとネズミが数匹…という消化不良な結末に終わり、政治家の腐敗が暴露された上に国民の政治不信と政治家不信を植え付け、後の軍の独断を許す状況を作ったきっかけとも言えなくない事件であります。

その後、遊郭移転を突っぱねた中川望知事はこの直後に依願退職すると、後任の知事が突然二つの「新地」の開設を許可します。
その二つの新地が、港新地と今里新地。
これは偶然ではありません。今里新地の土地所有者は大東土地株式会社という不動産会社でしたが、松島の業者系の会社で松島疑獄事件の当事者の一つでした。
その後大東土地は大阪電気軌道株式会社、今の近鉄奈良線に買収されて「今里土地株式会社」を設立、そこが今里新地の開発に乗り出します。
今里新地の土地は、すべてが歓楽街として開発されたところではないものの、大東土地が松島の移転先としてストックしていた土地。港新地の方も、安治川土地株式会社が松島の移転候補地としてストックしていました。松島の移転地は、こちらが有力候補だったと言われています。
つまり、松島疑獄事件の後始末の結果、赤線として戦後も生き残る二つの新地が誕生したというわけで。
建前上、二つは「花街」となっていますが、店の営業は「特殊料理店」。「特殊」って何やねんというと…もう語る必要もないでしょう。

ライバル飛田遊郭の出現

そしてもう一つ、事件とまではいかないけれども、松島が受けた衝撃がもう一つあります。それは、飛田遊郭の出現
飛田は江戸時代からの老舗遊廓、難波新地が火事で全焼した移転先なのですが、飛田が遊郭界に与えた影響は数知れません。
その一つが経営スタイル。遊郭というものは、一つの社会に見えて実のところは自営業者の寄り合い。一つ一つの貸座敷が一人の経営者でした。
しかし、飛田は土地開発会社デベロッパーが貸座敷を貸し与えるという賃貸方式。経営も「株式会社飛田遊郭」の一括管理でした。言い換えれば、既存の遊郭が「商店街」なら、飛田は「郊外型ショッピングモール」
これが全国に与えた影響は大きく、今里新地などの後発遊里や、果ては鳥取の倉吉新地まで飛田が創ったひな形によって開発・経営されています。
もう一つが「モダン」の投入。遊郭はなんだかんだで純和式。吉原などには洋風や和洋折衷の建物が存在していましたが、ほとんどは和風でした。
そこに容赦ないモダンを投入した初めての遊郭が飛田でした。遊郭で初めて「洋式ベッド」を投入したとも言われ、部屋も洋風中華風なんでもあり。
遊郭界の超老舗新町遊郭や、遊郭界の巨人松島と同じことをしてても発展しないのは、遊郭を経営学的に見れば作る前から目に見えています。「モダン」の投入により既存の遊郭の概念をことごとくひっくり返してしまったのです。
その結果、飛田は10年ほどで「遊郭界の土星」と言っても良いほどの急成長を遂げます。

そんなネオ・遊郭こと飛田が同じ大阪に現れてくれると、良くも悪くも松島も変わらざるを得ません。
松島も、他遊郭に漏れず、大通りに純和式の木の摩天楼が並ぶスタイルでした。が、飛田の出現により外観や内装を洋風にリフォームする妓楼が現れます。

松島遊郭

昭和初期の松島遊郭の一角(高砂町)ですが、画質が低いのでわかりにくいものの、一見すると映画館や喫茶店と間違えそうな、当時流行の丸窓を採用した鉄筋コンクリート建築が見受けられます。『松島新地誌』によると、これも飛田からの影響といいます。
松島と飛田、大阪にあらわれた遊郭界の巨大惑星は、お互いをライバル視しつつも良いところは採り入れていく切磋琢磨な関係となっていきました。

NEXT⇒松島遊郭の終焉

コメント

タイトルとURLをコピーしました