遠野遊郭(岩手県遠野市)|遊郭・赤線跡をゆく|

東北地方の遊郭・赤線跡

岩手県の遠野。遠野と聞くと、柳田国男の『遠野物語』でお馴染みの民俗学・民話の故郷をイメージする人が多いかもしれません。また、「河童」や「ざしきわらし」などの妖怪をイメージする人もいると思います。
「遠野」の名は、アイヌ語の「トーヌップ」が由来です。直訳すると「湖の丘」。「日本の原風景」と称される遠野ですが、「湖の丘」には日本を越えて北欧のゲルマン伝説の香りが漂います。『遠野物語』にも、

「遠野郷の地大昔はすべて一円の湖なりしに、其水猿が石川となりて人界に流れ出しより、自然にかくの如きゆう落をなせしなり」

とあり、自然地理学・地質学的にも数万年前には湖だったことは確定とのことです。

今回は、民俗学や民話好きにとっては聖地とも言える遠野の遊郭のお話。

 

スポンサーリンク

遠野の遊郭

そもそも遠野は江戸時代、遠野南部藩15,000石の城下町として隆盛を極めていました。
言っちゃあ悪いが、鉄道がある現在でも行くのが一苦労なこの地に城下町が設置され人が集まったのかというと。

遠野街道位置

釜石や大船渡、仙台藩領だった気仙沼など三陸海岸沿いの町からは海産物、盛岡や花巻など内陸からは米や醤油・鉱物などがぶつかる中継地点であり、そこからの街道も交わる交通の要衝だったからなのです。今では鉄道や車で釜石や宮古まで日帰りですが、昔は遠野で一休みという人が多かったのです。
そんな人・金・モノが集まる町に遊里ができないわけがない。
元禄の頃にはすでに出合茶屋があったとされ、天保年間の頃には昼でも客引きしていたほどの遊女屋が存在していたと伝えられています。遠野に来る人は、商人も旅人も必ずここで一休みし泊まりとなります。そうなると遊女屋で女のぬくもりを味わいながら一泊…となるのがオスの本能。遠野の遊里が非常に繁盛したと1
江戸の南部藩時代には、盛岡・宮古、そして遠野が「三大遊郭」だったと伝えられています。

そして明治と時代が変わっても、遠野遊郭は繁盛を続けます。
明治初期にも大慈寺前などの門前に、茶屋という名目の遊女屋が8軒存在していたと市史には書かれています。明治10年(1877)には、岩手県が布告した貸座敷娼妓取締規則第二条により遠野は貸座敷免許地、近代法制下での遊郭として認められました。
ところが、明治11年(1878)の火事で裏町(現在の中央通り)が焼けてしまい、同18年(1885)に茶屋をここに集約。遠野の遊郭は事実上これにて始まりとされています。

上述したとおり、遠野遊郭の貸座敷は茶屋として営業しており、当時存在していた茶屋は以下の通り。

大橋楼、菊一楼、三海楼、寿楼、旭日楼、吾妻楼、福田楼、恵比寿楼

これに後年、紫明館が加わり9軒となりました。
この数字は、統計書の数字にもだいたい一致し、明治23年(1890)の遠野遊郭の貸座敷の数は8軒となっています。それ以降はところどころ虫食いのようなデータなしが存在しているのでなんとも言えないですが、だいたい6~8軒で推移しています。
遊女の数も、市史には『百人を超えた』と表記していますが、統計書の数字では2~30人を行ったり来たり。統計書の数字の方が正しいと思われます。

ところで、柳田国男が編纂した『遠野物語』の続編と言える『遠野物語拾遺』には、以下のことが書かれています。

遊ぶ人 綽名と屋号
二五二 青笹村の関口に、毎日毎日遠野の裏町に通って遊ぶ人があった。その遊女屋の名が三光楼であった故に、土地の者は此人をも三光楼と呼ぶやうになったが、しまひには其が家号になって、今でも其家をさう謂うて居る。

遠野の遊郭について書かれた数少ない文章ですが、問題は三光楼という貸座敷は存在したことがないということ。おそらく「三階楼」と呼ばれた恵比寿楼をもじって「三光楼」と呼んだのではないかと、拾遺の注釈には添えられています。

NEXT→遠野と台湾のつながり!?
  1. 『続・新遠野物語』p116より

コメント

タイトルとURLをコピーしました