阪堺線宮ノ下駅の怪-ある廃駅の謎を解く

阪堺宮ノ下駅 野良歴史家の歴史探偵
スポンサーリンク

宮ノ下駅、謎の留置線

こうして「宮ノ下駅の怪」は、私の中では解決しました。が、資料をさらにまさぐっていくと更に変なものを見つけました。

 

宮ノ下駅配線図南海鉄道発達史

戦前の資料記載の宮ノ下駅の線路配置図なのですが、そこに一本、ニョキッと線路が盲腸のように伸びているのがわかります。これ、引込線なのですが、宮ノ下駅なんかにそんなのあったっけ?と疑問が。

 

阪堺宮ノ下停留所跡現在の状態を見ても、引込線の残滓なんてないどころか、一体どこにあったのか見当もつきません。汗だくになって周囲を探してもわからない。

果たして本当にあったのか?と宮ノ下駅関連でいろいろググってみると、あるブログにたどり着きました。

こちらに、決定的な写真がありました。

 

阪堺宮ノ下駅引込線
(画像提供:のり様より)

渡り線と一緒に、途切れているものの留置線がはっきりと確認できます。そうか、ここやったか!

 

岸里玉出駅東玉出駅阪堺砂利置き場
(Google mapストリートビューより)

現在はガラクタ置き場…もとい砂利(?)置き場となっているこちらが、留置線があったところでした。この私の不覚、ここは盲点だった…。

 

阪堺宮ノ下駅引込線
(画像提供:のり様

南側(東玉出駅側)から撮った写真ですが、画面左側に引込線がはっきり見て取れます。
画像主様より聞いた話によると、引込線先は保線で使用する砕石の置き場で、引込線から砕石を載せて大阪軌道線の各地に運んだと。
そこあたりの詳細は、写真のリンク先をご覧下さい。

さて、これで解決!

かと思ったところで、mixiの阪堺コミュでこんなコメントを見つけてしまいました。

かつて(いつやねん)宮ノ下行きの電車が…実は、なんかどこかで、それを聞いたことがある記憶が、脳の片隅にあるのです。何か証拠をお持ちの方は、TwitterのDMか直メールでお願いします。

…と書いたら、早速Twitterのフォロワーさんより貴重な情報が!

阪堺宮ノ下行き方向幕
(提供:Twitterフォロワーさん)
あびこ道駅で行われた阪堺のイベントでの展示物だそうですが、戦前の方向幕に「宮ノ下」が!
戦前の神社の大祭の臨時列車として走っていたという情報もあったのですが、それを現物が証明するという素晴らしい結果となりました。やはり「発信する」行為は、正しく発信すると波紋となって拡散していくものです。

おわりに

街中に残るコンクリートの塊と化した廃駅…しかしその歴史と謎を掘り進めるとここまで面白いことがわかるものです。正直、この記事は「はいそうですか」で終わらずさらに調べ、こうして書いているとウキウキとした気分になります。
その歴史の種は、あなたのすぐそこに隠れているかもしれません。歴史の勉強とは、かくもワクワクドキドキしたいものです。


・南海鉄道発達史
・開通五十年
・南海70年のあゆみ
・南海電鉄百年史
・阪堺百年
・大阪春秋 第144号
・西成区史
・明治大正大阪市史 第四巻 経済編中
・大正大阪風土記
・大阪市全住宅案内図帳 昭和31年
・大阪市全商工住宅案内図帳 昭和35年
・昭和20年代~30年代の西成区地図いっぱい(大阪市立図書館蔵)
・ブログ:阪堺線宮ノ下駅跡 その1(のり様)
・ブログ:大阪市内の廃駅 阪堺線宮ノ下駅 廃止の理由が明らかに! Kumokyu99様
・他Twitterのフォロワー様一同

コメント

  1. のり より:

    大作、拝読させていただきました。
    綿密な調査をされたようで感激しています。
    阿倍野神社が大切にされたのは、皇国史観により南朝を支えた重臣を祀るじんじゃが崇敬され、北畠親房・顕家父子を祀るこの阿倍野神社も(楠木正成公を祀る湊川神社と同様「別格官幣社」に列せられました)その影響が大きかったと思われます。
    「宮ノ下」については阪堺サイドにも資料がほとんど残っていないようで、廃駅になった年代も経緯もほぼ不明のようです。昭和30年頃までの都市地図にも停留所名が記載されているものも見受けられます。
    ただ、昭和26年に発表された映画「めし」に天神ノ森で電車を待つシーンが出てきますが、そこに見える駅名標「かなり読みづらいのですが…)には、隣接駅の字数が多いように見てとれますので、「みやのした」ではなく「ひがしたまで」となっているようですので、このころにはすでに廃駅となっていた可能性があります。
    また宮ノ下の渡り線についてですが、今から50年ほど前までは、天下茶屋天満宮の夏季祭礼の際に恵美須町・天神ノ森間を折り返す臨時便が出ていたそうで、その折返便に使用されていたと思われます。臨時といっても30分に一本程度のかなり緩い臨時だったと聞きました。ここの渡り線は保線用の引込み線絡みだったとも思われますので、その臨時便はここまで足を伸ばしてこの渡りを使用して折り返していったものでしょう。
    もっと古く戦前には宮ノ下止まりの電車もあったのかもしれませんが、ある写真集に阪堺の古い方向幕の写真が出ており、そこには「宮ノ下」という表示はなかったと記憶しています。
    いずれにしましても謎の多い電停ですが、阪堺電車自体古いものに関しての謎が多い電車ですので、それがまた魅力なのかもしれません。

  2. のり より:

    迂闊でした。
    申し訳ありません。
    確認しましたところ、戦前の幕に「宮ノ下」がありますね。
    コメント、お詫びして訂正させていただきます。
    戦前は南朝の重臣たちをお祀りした神社をことさらに崇敬したようですので、阿倍野神社も相当大切にされ、その祭礼も臨時を出すほど賑わったのかもしれませんね。

    • 米澤光司 より:

      >のりさん

      ご訪問いただきありがとうございます(^^)
      さらに詳細な情報もありがとうございます。
      宮ノ下駅の幕は、まさにTwitter知といったところで、時折「実は…」とフォロワーさんがこっそり情報をくれたりします。
      今回のはまさにホームランでした。
      あとは、休止にしても廃止にしてもお役所に出した公文書が残っているはずなんですけどね~。本文のとおり、私は南海と阪堺が分離した時にまとめて廃駅にしたと見ていますが、証拠がないんで…。私はお次のミッション、「海道畑」へと進むことにします。
      また何か情報がありましたら、宜しくお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました