芳和荘と萩弘法寺遊郭(山口県萩市)|遊郭・赤線跡をゆく|

萩遊郭芳和荘 遊郭・赤線跡をゆく
スポンサーリンク

萩に残る「遊郭旅館」

山口県の萩市。江戸時代は毛利藩の城下町であり、維新の志士たちを生んだこの町に、かつて遊郭の貸座敷を使った旅館があります。名前は芳和荘
昭和33年(1958)、売防法完全施行で赤線が廃止になった際、そのまま赤線業を続けるわけにはいかなくなった業者たちは、当然ながら他の職業に転職せざるを得なくなりました。
現役の所も表向きは「転業」したということになっており、いろいろあって「営業」しているのですが、ほとんどの赤線は旅館や下宿、アパートなどに鞍替えを行いました。
それも建物や設備の老朽化や、立地条件上旅館作っても客が来ない現実もあって閉めることが多くなり、今でも現役な「遊郭旅館」(私の造語です)はかなり少なくなりました。

芳和荘は全国でも数少なくなった「遊郭旅館」の生き残りの一つ。更に築100年を数え、おそらく現存する「遊郭旅館」の中でも古さは最古参の一つでしょう。

もう四捨五入すると10年前になるのですが、この生ける遊里の遺物芳和荘に泊まりに行ったことがあります。
私が宿泊した時は、遊里史マニア以外にはほとんど知られることがなかった隠れ旅館。私が泊まった時も宿泊客は私一人、ふつうなら貸切状態に大喜びです。が、やはり一人というのは非常に心地悪いもので、誰かいてくれないかな…と久々に人恋しさを感じたことも事実です。
しかし!現在では予約困難な人気宿としてその名前は全国に!?料金も、私が泊まった時は3000円くらいだった記憶があるのですが、今では4500円(朝食付きだと5000円オーバー)。しかしながら、個人的には商売繁盛でおめでたいことだし、5000円出すぜお釣りは要らねーでも泊まる価値は十分にあります。

で、いつもならここから延々と!?長文が続くのですが、今回はスライドショー方式でようつべにアップしました。でもアップしたのは約10年前の話(笑


今回の「遊郭・赤線跡をゆく」は超手抜き…もとい、超シンプルに終了。今回はえらい手抜きやなという声が聞こえてきそうですが、この動画一つ作るのに微調整も入れて4時間もかけたので、決して手抜きじゃないんです。動画作成って異常に時間がかかるもの、最近やけに凝った動画が多いですが、編集時間いくらかかってるんやろかと思ってしまいます。

しかし、さすがは10年前の動画か、遊里史の知識も動画編集の腕も雑だなと自分で改めて思わざるを得ないので、動画の補足として萩の遊郭のことを。

NEXT:萩にあった遊里

コメント

タイトルとURLをコピーしました