『千と千尋の神隠し』を遊里史の視点から考察する

野良歴史家の歴史探偵
スポンサーリンク

湯婆婆とリアル湯婆婆

 

千と千尋の神隠し湯婆婆

「油屋」の経営者が湯婆婆(ゆばーば)という二頭身のおばはん。
「油屋」の経営者として非情で腹黒い悪役ですが、千尋は彼女によって名前を取り上げられ、「千(せん)」という名前に変えられてまいます。
これも遊郭という面で見ると、湯婆婆は妓楼にいた遣り手婆か女郎上がりの妓楼の楼主って見方も出来ます。
千尋は契約書にサインした後、名前を取られて「千」という名前に変えられてしまいますが、「千」という名前はまさに源氏名。ただの風呂屋なら名前を変える必要なんかないと思うのは私だけでしょうか。

 

f:id:casemaestro89:20171228115145j:plain

その湯婆婆をイメージするのが、『笑点』でもお馴染みだった故桂歌丸師匠です。
歌丸さんは横浜の真金町生まれのハマっ子ですが、真金町とくれば横浜最大の遊郭があったところ。
歌丸さんのお婆さんは『富士楼』という、真金町でもトップ5(歌丸師匠本人はトップ3と述べています)に入る大きさの妓楼の主で、「真金町の三大ババア」と呼ばれ恐れられていたそうです。まさにリアル湯婆婆

歌丸師匠はその孫として妓楼の中で育ち、遊郭で働く女性から「若様」と呼ばれていました。関西風に言えば超ボンボン、ご本人もわがまま放題に育ったと自嘲しています。

小学生だった1980年代に『笑点』を初めて時、しぐさと口調の端々に「女」を感じる歌丸師匠に違和感を感じました。この人オカマなのじゃないかと、親にガチで聞いた記憶があります。当時は小学生だったのでただの直感でしたが、大人になり師匠の人生を拝見し合点がいきました。幼少期にその目で見た遊女が肉や骨になり、それが言動の端々から漏れているのだと。

 

「桂歌丸=『笑点』のおじいちゃん」

というイメージしかない人は、この人にこんなすさまじい芸があるのを知りません。

歌丸師匠若き日の伝家の宝刀、「化粧術」です。芸が円熟し『笑点』でも知名度があがった今ではほとんど演じられないそうですが、若手時代の必殺技がこれでした。

女性の髪結いなどの身支度を滑稽に描写した芸ですが、表向きは師匠から一度破門された後、化粧品セールスマンをしていた時に身に着けたことになっています。
しかし、描写はどう見ても和装で髪結いも日本髪。私論ですが、幼いころに遊郭で見た女性たちの身支度をモデルにしているのではないかと。

遊郭関係者は、自分が遊郭と関わっていたことを隠す傾向があります。知っていても口に出さない場合が多く、彼らの口は非常に重い。不審者扱いされ警察を呼ばれたり、

「遊郭…」

という名前を出した途端、水をかけられたこともあります。

仮に話してくれても、話はするけど、頼むからネットには書かないでくれとお願いされることもあります。

対して、歌丸さんはおおっぴらに遊郭育ちだとテレビでも公言しており、落語のマクラでも堂々と語っています。驚くことに『富士楼』の間取りまで覚えており、妓楼の中身はどうなっていたのかを知る貴重な資料となっています。

江戸落語には、上方落語にはない「廓噺(くるわばなし)」というジャンルがあります。主に吉原遊郭でのお話ですが、難易度A級とされる花魁・遊女の演技について、

「あたしにとっては簡単です。その世界をこの目で見てきたんだから。見てきたことをそのまま高座で演じればいいだけ」

と平然と語っています。
「人買い」の話など生々しいところもありますが、遊郭を知る最後の世代として、自伝や落語のまくらなどで貴重な証言をしてくれています。先年、歌丸師匠もついに亡くなられましたが、自分が見た遊郭がじきに歴史に埋もれることを意識し、文字や声にして遺してくれた…私は勝手に思っています。

 

「回春」に秘められたメッセージ!?

ボーっとしとったら気付かない次元ですが、腐れ神様が「油屋」に来て入り口でお迎えする時、湯婆婆の後ろにあった衝立には、「回春」の文字が。
「回春」とは何ぞや?
手元の国語辞典で調べてみたら、

「回春」①若返ること
②春がめぐってくること。新年になること

とあります。
映画のシーンには日の出が描かれているので、②の解釈でめでたしめでたし…いや、待てよ。と思って試しにググってみたら・・・

お~い、風俗店のHPしか出てこえへんやないかい(笑

40件以上探して、50件目くらいにやっと薬局のHPが出てくる始末。さて、この「回春」の文字、国語辞典に忠実に解釈しますか?それとも「隠れたメッセージ」を汲み取りますか?

 

おわりに

『千と千尋の神隠し』はアカデミー賞も取ったヒット作品、今でも話題を呼んでる理由はよくわかります。しかし、だからと言って「○○に違いない」「○○なわけがない」という、一つの固定概念だけでで見ると、重要なメッセージを見逃す可能性があります。
物事は別の角度で見ると、常識とは全く違う見方も出来ます。そういうフレキシブル(柔軟)な見方が今の日本人に求められることだと思います。

「これはこうに違いない」

という堅苦しいかつ狭い解釈は、このアニメには不要、

「見方によって無数の解釈が出来る」

というのがこのアニメと宮崎アニメの醍醐味。『千と千尋』が名作と呼ばれる理由ではないかな?と思います。

他にも、「日本の雇用社会への風刺」「北朝鮮の拉致被害者のことを描いてる」などなど、そういう見方もありかいなという解釈が調べてみたら色々あり。
あくまで表向きは「世間知らずの女の子が社会経験を通して一人前の人間になっていく」ということだと思いますが、十人十色の解釈がこの映画にはあります。

「見た方の想像力と思考力にお任せします。でも・・・

想像力と思考力に乏しい現代人にわかるかな?」

想像力が乏しくなった我々に対する、宮崎駿からの挑戦状かもしれません。

タイトルとURLをコピーしました