『千と千尋の神隠し』を遊里史の視点から考察する

野良歴史家の歴史探偵
スポンサーリンク

遊女になった理由

『千と千尋』の「親を助けるために必死に働く子供」という構成自体、遊廓の匂いがプンプンします。そもそも親が他人のところで無銭飲食ってあーた。
大人、特に子供を持つ親にとっては耳が、いやそれ以上に心が痛くなって欲しいようなストーリーですが、遊廓にいた女性たちは何も好きで苦海に身を落としたわけではないのです。

遊廓は警察や行政に厳しく管理されていたのですが、昔は遊女の性病や健康診断を行う専門病院が、都道府県に必ず一つ存在していました。

f:id:casemaestro89:20180624145238j:plain

(1900年発行『大阪市街全圖』より)
その一つに、大阪の難波にあった「府立難波病院」がありました。難波病院は大正13年(1924)住吉区に移転、公娼の廃止と共に一般病院となり、現在は府立急性期・総合医療センターと名前を変えて現存します。

 

上村行彰難波病院

その院長に、上村行彰という人がいました。彼は遊女を診察しているうちに彼女らの生態に興味を持ち、今となっては貴重すぎるデータを遺してくれています。
彼が大正7(1918)年にまとめたデータの中に、「娼妓となった原因」という項目があります。
遊廓で働く遊女809人にヒアリングをし、遊女になった理由を聞いたところ、以下のデータが出ました。

家の借金や貧窮のため:364人(44%)

家族を養うため:86人 (10%)

その他家族の事情(親の事業失敗など):55人 (6%)

「家族の事情」で遊女になった者が半分以上、特に「家の借金や貧窮」が44%と最多となっています。

遊郭で働くには、「遊廓で働かざるを得ない理由」を警察に提出し、審査してもらわなう必要があります。なので、審査が通りやすい「家族の貧窮」を書いて提出していた事情もあるものの、筆者は「それもあるけど、それだけじゃない」と述べており、「親が無職、または働いていても生活に困るくらい遊び呆ける『因襲的貧民』もある」と結論づけています。

 

遊郭で働く女性たちがここで働かざるをえない事情は、もう一つあります。それは教育レベルの低さ、つまり「低学歴」

実際に遊郭で働いている女性の学歴はどうだったのでしょうか。

ここに信頼すべきデータがあります。

遊女の学歴全国調査尋常小学校中退:52.9%

尋常小学校卒業:28.4%

無就学:13.3%

(出典:『日本公娼史』 山本俊著)
※大正13年(1924)に、内務省警保局(現警察庁)が全国の遊郭で働く女性48,129人から取ったデータ

小学校を出ているだけまだマシ、それどころか「無就学」という、小学校にすら行っていない人も1割以上いることに驚きます。

同じ大正時代、上村行彰が大阪の遊女たちから聞き取った学歴は以下の通り。

1917娼妓調査

この学歴は、道府県によってけっこう差があるそうなのですが、上村のデータによると大阪の遊女たちの4分の1(約26%)は大阪出身で占められ、近畿2府5県で半数を占めています。他は四国・中国・九州の順に多い。

北海道札幌にあった白石遊廓に、昭和9年に遊廓事務所の書記として入ったある男性の回想によると、

「ほとんど(の遊女)が尋常小学校卒程度で、字も満足に書けない、自分の名前がやっとという有様でした」

(『ものいわぬ娼妓たち』)

「自分の名前」も、おそらくはひらがなカタカナが関の山、漢字も書けないレベルだったのでしょう。

遊女はかわいそう…遊郭の話題になると、この面ばかり取り上げられます。特に女性が遊郭のことについて話すと、こういう感情に走る人が多い。しかし、それは一面に過ぎません。「かわいそう」の一つは教育、果ては親の無教養や教育に対する無理解にも一因があることを、決して忘れてはいけません。

 

「湯女」とメイドカフェ?

千尋が働くことになる「油屋」というのは銭湯のことですが、江戸時代、お風呂屋には湯女ゆなと呼ばれた女性たちがいました。
湯女とは何か?手元の辞書にはこう書かれています。

ゆな【湯女】①温泉宿にいて客の接待をする女②江戸時代、市中の湯屋にいた遊女

(『大辞林』より)

湯女とは、上の意味にもあるとおり、元々は銭湯で客の垢すりを落とすサービスをする女性でした。が、それがだんだんと性のサービス、今で言うソープランドのようになっていきました。湯女はソープランド姫のご先祖様と見ることもできます。

江戸では公に認められた吉原があったのですが、敷居や格式が高く庶民がおいそれと行けるところではありません。そこで、「庶民的」な銭湯にいる湯女が人気を集め、遊廓を脅かす存在になりました。こちらの方が気楽に行けるし、何より風呂行ってくるわ~という大義名分で風俗に行けるのだから。

しかし、それにつれて風紀も乱れてきたという理由で湯女は取締の対象になり、今で言う警察のガサ入れで大量の湯女が吉原送りになったこともありました。

 

元々はそんなつもりで誕生したわけではないけれども、次第に性風俗っぽくなったものは湯女だけではありません。

大正時代末期に大阪の道頓堀に出現した「カフェー」もその一つ。「カフェ」ではありません。「カフェ」です。
今街中にある喫茶店やファミレスと基本は変わらないのですが、違うのは「客に『女給』と言われる女性が隣につく」ということ。
最初はそれこそ、女の子としゃべりするだけでした。ところが、大阪のカフェーがエロいサービスを売りにしたところ、それが大ウケ。たちまち全国に広がりました。
カフェーは、大正末期~昭和はじめの不景気時代には社会現象にもなり、『エロ・グロ・ナンセンス』の象徴ともなりました。
このカフェーは現存しないものの、風俗営業法第二条第二項に、「待合、料理店、その他設備を設けて客の接待をして客に遊興又は飲食をさせる営業」と法律用語として残っています。

カフェーという用語は、昭和33年の売春禁止法で赤線が廃止になった後、法律用語で残ってるだけだったのですが、時代が昭和から平成に、世紀が20世紀から21世紀に変わり、形を変えて「復活」しました。その名はメイドカフェ

初期のメイドカフェは、有名なトミー・リー・ジョーンズ出演の缶コーヒーBOSSのCMのように、

f:id:casemaestro89:20180624151912j:plain

メイド姿の女の子が横についてくれ、「萌え萌えじゃんけん」や、オムライスの「あーん」もしてくれます。
何気ないシーンに見えますが、これはまさしく「平成のカフェー」。アルコールとオプションの「エロサービス」があれば、昭和初期のエロカフェーの完全復活です。

CMでおおっぴらにやってたので、当時は受け入れられたのだと思いますが、実はこれ、思い切り風俗営業法違反。「カフェ」は「萌え萌えじゃんけん」どころか、従業員が客の横につく自体アウト。

よって、今のメイドカフェはこんなことをやっていない、というかできないはず。風俗営業店の許可を取っていれば話は別ですが、風俗営業店なら秋葉原では営業はおそらく不可能(不許可)のはずです。

NEXT:遊郭と、あの大落語家との関係
タイトルとURLをコピーしました