大阪の旅館『明楽』

旅館明楽大阪史

大阪市西成区山王…人によってはその地名を聞くだけでさぶいぼ(・・・・)(鳥肌)が立つ魔境。
…と昔はそうだったと聞いていますが、実際に行ってみると至ってふつうの大阪の下町の風景が広がる住宅地です。大丈夫、私は何度も足を踏み入れていますが、いまだに五体満足で生きています。

そんな山王の街角に、知る人ぞ知る旅館が建っています。

旅館明楽

旅館『明楽』。外観はずいぶんと年代ものの建物として、こういう建物が好きな大きなお友達の注目を集めています。

 

旅館明楽看板

看板もしっかり「明楽」と書かれています。揮毫は「露石学人」と読めそうですが、有名な人かどうかはわかりません。

 

旅館明楽

『明楽』を見た人間の脳裏に印象づけるものは、この特徴的な丸窓。丸窓は大正時代末期から昭和初期にかけて大流行したもので、建物にアクセントをつけるには充分すぎるほどの個性が加わるため、かなりの建物に採用されました。『明楽』が少なくても昭和初期築と推測可能な間接的根拠でもあります。
この丸窓だけでもけっこうなインパクトなのに、よく見るとステンドグラスとなっています。美しいというより艶めかしいと表現した方が適当なほどです。

 

旅館明楽

旅館の内部はどんなものかわかりませんが、「日本間」と「洋室」があることがこの看板からわかります。「気楽」と「華」が何気に旧字体です。おそらく建築当時からのもので、戦前か昭和20年代のものか。

 

旅館明楽

ネット上では、ここは果たして現在も宿泊できるのかという話が浮かんでは消えています。2010年には宿泊できたという情報はありますが、現在はどうなのか。

情報をまとめると、現在は旅館としての営業自体を行ってはいないようで、数年前に電凸して宿泊の有無を聞いた猛者がおり、「やってません」と明確な回答をいただいたそうです。そうして今日も、ここの玄関は固く閉ざされています。まるで我々の訪問を拒絶するかのように。よって、タイトルも「元旅館」にすべきですが、そこは大目に。
泊まれない、中身がどんなものか見ることができないのは残念ですが、Twitterのフォロワーさんの情報によると、2011年に中国系マレーシア人によって作られた映画『新世界の夜明け』で内部が一部映っているとのことです。

 

旅館明楽

かつては、この料金の部分にいくらの額が掲げられていたのでしょうか。

ここ界隈は、昭和33年(1958)の売春防止法完全施行以前は、いわゆる売春多発地帯でした。娼婦や、ここ界隈の名物だった男娼が阿倍野の近鉄百貨店前などの道に立ち、男に声をかけて交渉し、成立したら彼ら彼女らの「提携旅館」にドボン。簡易旅館と呼ばれたいわゆる「連れ込み宿」が、ここ界隈でも300軒もあったそうです。『明楽』がその部類の宿だったのかは、ここでは明確な回答は避けます。

 

さて、ここで疑問が浮かびます。『明楽』はいつ作られたのか?
何年何月何日竣工のような明確な資料は入手していないものの、間接的にわかる方法でちょっと調べてみました。

戦前の旅館明楽

まずは昭和3年(1928)の大阪市の航空写真より。あびこ筋がないので位置がわかりにくいですが、赤丸の位置に『明楽』が確認できますが、奥の建物はまだないようです。

 

戦前の旅館明楽

赤い四角の部分が『明楽』です。昭和17年(1942)になるとあびこ筋や、現在の大阪市大医学部(と附属病院)も出来て基本的な地理構造が現代とほぼ変わらなくなり、位置がより明確になりわかりやすいと思います。

さて、ここで戦争を挟むことになりますが、ここ界隈は果たして戦争で焼けたのか否か。

戦後の旅館明楽

戦後それほど経っていない昭和23年(1948)の航空写真でも『明楽』はそのまま健在でした。周囲も焼けていない模様なので、ここあたりは戦災の被害を受けていないようです。
こうして見てみると、今でこそあびこ筋沿いから遮る建物がないので道から丸見えの『明楽』も、実は道を深く入った奥まった場所にあったことがわかります。

旅館明楽

試しに、あびこ筋沿いにまだ家がある程度残っていた2010年のGoogle mapストリートビューを見てみると、より立体的に道の奥にあったことがわかると思います。

ここでわかったことは。

・『明楽』ができたのは昭和3年(1928)以前。
・ステンドグラスがある部分は、昭和3年~17年の間に増築?

・戦災で焼けなかった
・よって、現在の建物は昭和3年以前のものと推定できる

また、Twitter情報によると、奈良ご出身の先々代の女主人(西村ハナさん)が開業したこともわかっています。
少なくても90年は現在の位置に君臨し、大阪の歴史を見続けてきた『明楽』だが、徐々に再開発の波が近づいています。あびこ筋沿いの家は当然のごとく既になく、周囲の家も時を経ると共に消えていっています。

『明楽』自身も建物の老朽化が激しく、おそらく数年以内、話によると来年には取り壊しになるという話も小耳に挟んでいます。
個人的には、形あるものいつかはなくなる、解体されるのは仕方ないと思います。が、この世からなくなる前に、一度だけで良いから中身を見てみたい。有料でいいから見てみたい。一人の昭和史研究家としてこう願って止みません。

 

おまけ

『明楽』も充分インパクトが強いですが、実はここの近くには更にインパクトが強い建物が存在していました。いや、強すぎて夢に出てくるレベルの強烈さです。
その建物は残念ながら現存していません。が、かつてはこんな建物があったという「遺影」として、山王のDEEPさを味わっていただければ。

 

山王のタイルな建物

地元の人しか知らないような生活道を奥に進んだ先にこれを見つけたのは、11年前のことでした。

なんじゃこりゃあぁぁぁ!!

思わず松田優作の名言が口に出てしまったほど、全身をタイルで武装されたこの家のインパクトは強烈なものでした。タイル張りのカフェー建築と言えば東京ですが、これはカフェーにあらず。

昔の住宅地図で調べてみると、ここは元旅館だったようですが(まあそうやろうと思う)、『明楽』が和洋折衷の美に対し、これは厚化粧しすぎた娼婦のごとし。
残念ですが、この建物は私が撮影した直後くらいに取り壊されたらしく、私のブログを見て訪れた人も、この現物を拝めた者は数少ないという貴重な画像でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました