噴泉浴場-新世界スパワールドの「前世」をさぐる

野良歴史家の歴史探偵

先日、大阪まで図書館はしごに向かったのですが、久しぶりに東大阪市にある府立中央図書館まで足を伸ばしました。

大阪府立中央図書館は、地下にある書庫がデカすぎて書庫内を自転車で移動するという伝説を持つ図書館。探すだけでもちょっとした運動。

書庫の本出してくれと利用者は気軽に言うけれど、出す方は魔法のようにポンと出せたものではありません。ものによっては30分以上かかることも。

その待ち時間潰しに、たまたまそこらへんにあった本を取り、適当に読んでいました。

こんな10分程度のすき間時間、今までなら外に出てタバコを二本ほど吸うのがパターンでした。

しかし、ただいま絶賛禁煙中。

絶好のすき間タイム殺しを自ら封じ込めている上に、我が脳の司令塔がパターンを覚えてるのか、時間空きました、はいはいタバコタイムですよ~とご丁寧にお知らせしてくれる。余計なことアラームかけてお知らせしてくれんでええねんて!

ニコチン中毒うんぬんより、これが数ヶ月~数年、もしかして死ぬまで続くと思うと泣きたくなるほど辛い。

 

仕方ないので本を読んで時間稼ぎをしていると、ふと目の前に面白い記述と写真が。

 

 

ジャンジャン横丁にあった噴泉浴場の写真

 

「ラヂウム温泉」と書いてあるので、明治か大正時代の温泉か銭湯のようなものでしょう。

「噴泉浴場」と本の説明文に書かれています。

ふむふむ、今でいうスーパー銭湯のような、当時はハイカラな銭湯ってことね。

で、それがあった場所というのが、大阪のこってりゾーン、あの新世界。それもさらに濃度が濃いジャンジャン横丁

 

ほう・・・。

 

ここで、私の頭脳がフル回転を始めました。

戦前にここに「浴場」があったということは、あのスパワールドの元祖やん。言葉を変えれば、100年前にスパワールドがあったということか。

試しにググって誰か調べてないかなーと事前調査しても、ほんの数人しか調べておらず。

棚ぼた的な発見とは言え、これは「昭和考古学」的に面白いネタになるかも。

そうと決まったら話は早い、急遽予定変更。用事を済ませて新世界へ向かいました。

 

 

御堂筋線の動物園前で地下鉄を降り、いざ新世界へ。


通天閣

 

新世界の町並み

 

最近の大阪の外国人観光客の大阪には、大阪出身である私も驚きを禁じ得ません。昔は外国人なんて新世界ですら全然見なかったけど、今はひと目でわかる欧米系だけでなく、東南アジアや中国語・広東語を話す中華系も目立ちます。まるで日本語が聞こえない、ここは明らかに日本国内なのに。

明らかに外国人観光客が多くなっていることは、視覚でも聴覚でもヒシヒシと伝わります。

 

新世界をもう少しブラブラしたかったのですが、如何せん人多すぎ。すっかり人ゴミで疲れてしまう田舎者と化したので、ここはいったん新世界の喧騒を離れジャンジャン横丁へ。

 

 

大阪のスパワールド入口

 

本記事のサブタイトルでもある、スパワールド・世界の大温泉です。

出来た当初は、こんな大阪のど真ん中に温泉作ってどないすんねん!10年くらいで潰れるんちゃうか!?と思ったものでしたが、なかなか好評みたいで現在でも繁盛しています。

しかし、地元なのに、いや地元だからか、いつでも行けるわと一度も行ったことがありません _| ̄|○

今度・・・今度大阪に帰ったら行ってみることにします。

 

 

ジャンジャン横丁の喧騒

 

話をジャンジャン横丁に戻します。

 

スパワールドから見たジャンジャン横丁入口

 

ジャンジャン横丁の中の喧騒

新世界のあまりの人の津波に逃げてきた私ですが、ジャンジャン横丁は狭い分密度が濃かった(汗)

写真ではあまり人がいなさそうですが、ここから先がすごく人・ひと・ヒトでした。

ジャンジャン横町の話はまた機会があればにしておいて、温泉とは縁がなさそうなこの下町の片隅に、今回の主役「噴泉浴場」があったのです。

NEXT:新世界にあった100年前のスーパー銭湯とは!?

コメント

  1. とえ より:

    生まれたときから大阪にいながら、知りませんでした。

    電気というのは、この時代の最先端を思わせる売り込みワードで、とにかく意味なくても、何でもつけたらしいですね。洋酒の電気ブランが代表ですが、こんなとこにあったとは。

    貴重な情報ありがとうございました。

    • 米澤光司 より:

      >とえさん

      コメントありがとうございます。
      私も噴泉温泉は本文のとおり、偶然手にした本を見てないと今も知らなかったかもしれません。偶然知ったことでここまで書けるとは歴史は面白いです。
      「電気」は、調べてみると和歌山の白浜にも「電気旅館」があって、たぶん当時の流行語のようだったようですね。
      それにしてもややこしい名前つけやがって(笑

タイトルとURLをコピーしました