信太山にあった数奇なゴルフ場

信太山ゴルフリンクス 野良歴史家の歴史探偵
スポンサーリンク

史上空前の好景気と共に

 

f:id:casemaestro89:20180610003110j:plain
(昭和11年or12年『阪和電鉄案内』より)

信太山ゴルフリンクスが完成した昭和11年、日本は暗い時代でした…と思っていませんか?そう思っても仕方ありません。学校ではそう習うのだから。
しかしさにあらず。実は日本史上空前の好景気でした。

昭和11~12年の経済成長率は、24%とも言われました。不景気日本を覆っていたエログロナンセンスのダークな雲は完全に吹き飛び、東京や大阪などの都市では、ネオンの灯りが消えぬ不夜城の繁栄を見せました。二・二六事件という冷や水もあったものの、そんなもの効かぬわの絶好調ぶり。
経済史という視点からこの時代を見ると、日本史の中でこれだけ輝いていた時代があったのか!?と思えるほど、キラキラしていたのです。当時の写真を見て、
「活気があるな、明るそうだな」
という感覚を持つことがありますが、これ、気のせいではないのです。ただ、この好景気、富の分配が都市と中産階級以上に偏っていたのが玉に瑕でした。

ゴルフのさらに追い風となったのは、大衆化。
金持ちの道楽だったゴルフを、格安で誰でもプレイできる「パブリックゴルフ」の動きが、昭和6年頃から広がりつつありました。
それが形となった一つが、昭和10年(1935)に作られた千里山田ゴルフ場です。現在は千里ニュータウンとなっている敷地を大阪府が借り受け公園としたのですが、その一部を気軽に楽しめるゴルフ場として開放しました。
府営なので、1ラウンド(9ホール)50銭、2ラウンド以上は1円と料金は激安。ゴルフ場の価格破壊に来場者が殺到したといいます。

 

昭和初期にはこんなものも出来ました。「ベビーゴルフ」と名付けられたミニゴルフです。

ベビーゴルフ

 

ベビーゴルフ女性昭和初期

 

ベビーゴルフ女性

今でいうパットゴルフですね。

 

1936年女性ゴルファー

信太山ゴルフリンクスができた昭和11年と同時期の、女性ゴルファーの写真です。
この時代には、今まで蚊帳の外だった女性にもゴルフを愉しむ余裕が生まれ、大衆文化が戦前最後の花を咲かせようとしていた時。それが、史上空前の好景気の時代にあったのです。

ただ、やはり生まれた時代が悪すぎた。

 

戦争とともに消えた信太山ゴルフリンクス

翌年から起こった支那事変が泥沼化し、贅沢は敵だの掛け声のもと、ゴルフは「ブルジョアの遊戯」扱いされ軍部の標的にされてしまいます。

ゴルフに対する締め付けは厳しくなり、昭和15年から30歳以下のゴルフは禁止1。。兵隊さんが異国の戦場で泥水飲んで頑張っているこの非常時に、ゴルフなんてやってる場合か!というわけです。

さらに運の悪いのは重なるもので、親会社の阪和電鉄が昭和15年12月に南海に吸収され「南海山手線」に。泣きっ面に蜂とはこのことです。

 

f:id:casemaestro89:20180609233625j:plain

昭和16年刊行の『南海沿線厚生施設篇』では、「兄弟」となった大阪ゴルフクラブと並んで掲載されています。

が、アメリカとの戦争に突入した昭和17年になると様子が一変します。

 

1942年南海案内

昭和17年(1942)の南海鉄道の案内ですが、赤丸の部分には「大阪ゴルフ場」と書かれています。しかし、本来黄丸の箇所に書かれているべき信太山ゴルフリンクスが何も書かれていません。
この案内の発行月日は不明ですが、「昭和17年3月1日検閲済」と書かれていることから、3月以降であることは確かです。

南海テコ入れの大阪ゴルフクラブは残ったものの、吸収合併した阪和電鉄の形見である信太山は、戦争の掛け声のなかさっさと切り捨てられたのでしょう。

大阪ゴルフクラブは、昭和19年3月18日という「命日」もわかっています2。それに対し、信太山ゴルフリンクスのはっきりとした「命日」は、現在でもよくわかっていません。正直なところ、今回の調査で昭和17年3月以前だろうと、間接的証拠で絞れただけでも儲けものです。

 

信太山のゴルフ場はどこにあったのか?

もう一つの謎は、信太山ゴルフリンクスがどこにあったのかということ。
信太山は信太山ちゃうのん?とツッコミを入れたい気持ちはわかりますが、信太山と一言で言ってもかなり大きいのです。

 

信太山ゴルフ場ハイキングクロスカントリー戦前

上の地図のように、

「信太山にゴルフ場ありましたで~」

と書かれた資料は複数存在するのですが、どれもこれも地図がざっくりすぎて、場所が特定できないのです。

その中でも、『和泉市の歴史4 信太山地域の歴史と生活』という地元の郷土史には、

「野砲兵第四聯隊のにあった」

具体的・・・な場所が書かれているのですが、うーん、「横」ねぇ…。

それならばと、戦後すぐの航空写真を引っ張り出してきました。

 

f:id:casemaestro89:20180609202221j:plain

戦後の航空写真は国土地理院のHPから容易に検索可能です。目を皿にして航空写真とにらめっこすると、「横」という本の記述から、野砲兵第四聯隊の右側の更地らしき部分がにおう…私の長年の直感が申しておりました。

しかし、それ以上の確証が得られず調査が頓挫してしまったまま少し月日が経ったところ、意外なところからそれが判明することに!

NEXT⇒幻のゴルフ場、場所が判明!!
  1. 大阪ゴルフクラブのHPより。
  2. この日に軍によって接収。大阪ゴルフクラブHPより。完全返還は昭和28年。

コメント

  1. 武内 修 より:

    米澤様
    いつも楽しく読ませていただいています(阪和線沿線住民ですので)。
    信太山の会員名簿二枚目の、一番右の「渡辺節」氏は、住所もダイビルですし、直感で申し訳ありませんが、それこそ「大阪ビルディング(ダイビル)」、「神戸大阪商船ビル(商船三井ビル)」や、「綿業会館」の設計者である「渡辺節」氏ではないかと。

    確かにウィキには載っておりません。
    貴殿のエッセイに直接関係しないかもしれませんが、なんとなく気になりましたのでコメントさせていただきました。ご笑覧ください。

    • 米澤光司 より:

      >竹内修さま

      はじめまして、拙ブログをご覧いただきありがとうございます。
      >信太山の会員名簿二枚目の、一番右の「渡辺節」氏は、住所もダイビルですし、直感で申し訳ありませんが、それこそ「大阪ビルディング(ダイビル)」、「神戸大阪商船ビル(商船三井ビル)」や、「綿業会館」の設計者である「渡辺節」氏ではないかと。

      なるほど、その可能性は大ですね。新しいネタが出来るかもしれないのでちょっと調べてみます。ご指摘ありがとうございました。

  2. キュア梅盛 より:

    >信太山には「ノドカワイーター」という魔物が棲んでいます。信太山を登る人間から水分を奪い取る、怖い魔物です。

    なんか、日曜日の朝8時半からやっている某幼女(と大きなお友達)向け番組に出てくる敵の怪物みたいですね・・・ああ、そういえばその番組の過去のシリーズに阪和沿線(というよりも水間鉄道沿線)出身者がヒロインのひとりを演じていましたね。

タイトルとURLをコピーしました