高架化で消える…南海羽衣駅の伝説の踏切

羽衣駅の北側踏切歴史エッセイ

南海本線の高石市の部分、羽衣駅~高石駅間が、2021年5月22日より完全に高架化されます。なぜ「完全」かというと、下り線がいつの間にか、もとい既に高架化されているから。今月は上り線も高架化され、これにて高石市部分の高架化は完成となります。

それによって、同区間の踏切が全廃することになりますが、南海の伝説を創ったある踏切も消えゆくこととなります。

 

南海本線羽衣駅踏切
(画像提供:鉄道プレス様)

羽衣駅の北側にあるこの踏切も同様、5月21日限りでその役目を終えることとなります。

たかが踏切されど踏切ですが、この踏切には鉄道会社どうしの因縁とそれにまつわる「戦争」の主戦場だったことを知る人は少ない。

 

スポンサーリンク

南海vs阪和の仁義なき戦い

浜寺公園浜寺海水浴場戦前

その昔、南海本線の浜寺公園近辺は海水浴場でした。埋め立てられ臨海工業地帯と化した今、海水浴場だったと言われてもにわかに信じられないかもしれません。
幼い頃は浜寺公園を遊び場にしていましたが、少し上の世代から砂場を掘ると「カニやエビのミイラ」が出てきたという話を聞いたことがあります。なんでそんなもんが出てくるねんと、物心ついたばかりの私は思ったものですが、なるほどここはかつて海岸だったのかと歴史を知ると納得します。

 

戦前の浜寺海水浴場
大阪府営公園デジタルアーカイブスより。昭和初期)

遠浅の海岸は天然の海水浴場。毎年夏になると関西中から海水浴客が訪れ、「東洋一」と称されました。エアコンなど普及してなかった当時としては、夏の暑さをしのぐには海か山に行くのがいちばん。人が浜寺に殺到し新聞社はその姿を「人の津波」と表現していました。その輸送を独占していた南海は、左うちわのウハウハでした。
また、潮風漂う海沿いの地は肺病などの病気療養や住宅地としての需要もあり、大正時代以降は高級住宅街としての側面としてさらに発展しました。

 

2020年浜寺公園旧駅舎

浜寺の隆盛が形として残っているものが、羽衣の一つ隣の駅である浜寺公園駅。
こちらも高架化工事中ですが、それにより役目を終えた旧駅舎の贅を見ると、いかにここが隆盛を極めていたことが目視で理解できると思います。

昭和初期、そんな南海鉄道(当時)に堂々と喧嘩を売ってきた鉄道会社がありました。

阪和電鉄社章

その名は阪和電鉄。現在のJR阪和線です。

敵なしですっかり胡座をかいでいる南海に、真正面から凶器を持ってケンカを挑んできた阪和電鉄。その「凶器」が、今は「東羽衣線」という名の阪和線の支線です。私鉄時代は「浜寺支線」と呼ばれていました。

 

JR阪和線の東羽衣駅の地図

今はJRになっている線路に東羽衣という駅があります。阪和電鉄時代は「阪和浜寺」という名前でした。位置関係を見ると、まるで南海の喉元に「ナイフ」を突きつけて、「刺すぞ!」って配置になっているでしょ?
阪和線の東羽衣支線(現在は「東羽衣線」となっていますが)は、現在だけを見ると羽衣界隈の住宅街のために敷かれた感がありますが、そもそもは浜寺の海水浴客のための路線だったのです。

阪和電鉄は、「阪和」と銘打っているように、大阪~和歌山間の輸送を主目的とした鉄道会社でした。が、支線として浜寺(東羽衣)までの路線も敷いたということは、当時の浜寺への客、特に海水浴客の需要がどれだけのものだったかが窺えます。

実際にどれだけの需要があったのか。こんな数字があります。

阪和電鉄年間乗降者数

当時の阪和電鉄の主な駅をピックアップした乗降者数です。天王寺駅と、大阪のベッドタウンだった南田辺駅はおいといて、阪和浜寺駅=東羽衣駅の客数の多さが目立ちます。

昭和初期の高石市羽衣駅付近

阪和電鉄開通前の昭和3年(1928)の航空写真を見ても、住宅は南海羽衣駅の海側に集中しており、赤丸の東羽衣駅(写真では未開業なので線路なし)周辺の住宅はまばらです。
これから察するに、阪和浜寺駅の乗降客の大多数が海水浴客、夏場に集中していたものと推察されます。月別の乗降客数のデータがないのが残念です。

阪和の宣戦布告に、南海はもちろん激怒。と同時に大きな危機感を抱きます。
それもそのはず、この数字を見ると明らかです。

南海と阪和電鉄乗降客数の比較

阪和羽衣駅開業と同時に、利用客数が南海羽衣駅を抜いてしまいます。羽衣駅も順調に増えていっているものの、阪和の勢いやすごい。そりゃ危機感を抱くわけです。

 

阪和電気鉄道浜寺海水浴場広告

阪和も、ただ線路を敷くだけでは南海から客は奪えません。
平常時でも天王寺からの直通列車を走らせていたのですが、夏の海水浴シーズンになるとノンストップの急行を走らせ、往復割引きっぷも販売。広告でも大々的に宣伝し南海を煽りました。
阪和電鉄と言えば、天王寺から和歌山間45分の「超特急」が、狂気の沙汰だと伝説となっていますが、現在の天王寺~鳳間が快速で16分であることを考えれば、阪和浜寺まで14分も十分伝説的狂気の沙汰です。もしかして、あの鳳駅の支線に入るカーブでさえ、スピードを落とさずに入線したとか(笑
阪和の本気度は本物、南海に対する殺意満々の姿勢に鉄道マニアのテンションは上がるばかり。

しかし、いくらスピードアップをしても、阪和には超えるに超えられない難関がありました。それが…

南海本線羽衣駅踏切

この南海の踏切。これが阪和にとっては非常に邪魔だったのです。

阪和にええ思いはさせへんで!

南海が採った対策は…阪和浜寺駅に電車が着くや、南海側は羽衣駅を通過する特急ですらわざとトロトロ走らせ、開かずの踏切にして通せんぼしたとかいう伝説が残ってます。またこの踏切は、シーズンになると南海と阪和の駅員どうしの殴り合いまで起こったという因縁の場所だったのです。

しかし、そんなセコいことをやっているだけでは、南海のメンツも廃る。「阪和電鉄絶対殺してやる電車」を大阪金属工業(現ダイキン工業)と共同で製作します。

南海の日本初の冷房車

それが日本初の冷房車。阪和の超特急も伝説ですが、戦前に造った南海の冷房車も関西私鉄伝説の一つとして殿堂入りしています。

 

南海浜寺海水浴場と冷房車の広告

浜寺海岸でくつろぐ水着美女を背景にした冷房特急の広告、当時浜寺公園には特急が停車しており、
「浜寺へは(速いだけの阪和じゃなく)涼しい冷房特急でおいでやす」
という南海の殺意が読み取れる広告です。

冷房車については、こちらに詳細を書いたのでどうぞ。

 

この戦いは、ある新聞社どうしの戦いでもありました。
阪和電鉄が浜寺(といっても高石市の羽衣)に開設した海水浴場のバックには、ある会社がついていました。

阪和電鉄の浜寺海水浴場

阪和電鉄の浜寺海水浴場のパンフには、朝日新聞の社旗が掲げられています。そう、阪和の海水浴場は大阪朝日新聞の協賛だったのです。
海水浴場だけでなく、阪和は朝日とコンビを組んでいたらしく、阪和電鉄の広告はすべて大阪朝日新聞に掲載されています。逆の表現をすれば、戦前の大阪朝日新聞をまさぐれば、阪和電鉄の広告がいっぱい出てくるわけで。
対して南海は朝日のライバル毎日新聞社がバックにつき、南海vs阪和の浜寺戦争は毎日vs朝日の代理戦争という側面も持ち合わせていました。

そんな浜寺戦争も、昭和15年末(実質昭和16年以降)の南海による阪和の吸収合併や対米戦争の勃発、そして阪和の国有化などにより消滅し、それは伝説として地元でひっそりと語り継がれるのみとなりました。
そんな戦前の関西昭和鉄道史のハイライトを彩った南海vs阪和戦争。その主戦場の一つが、イベントも行われないままひっそりと消えていくこととなります。
JRとなった阪和線から
「お互いいろいろあったけどお疲れ様」
と花束贈呈でもあれば鉄道史家として涙の一つでも出そうなものですが、そんなことも行われることもないでしょう。

踏切と共に、5月から数年間の休眠に入る南海高師浜線のリポートはこちら!

コメント

  1. 現在も残る浜寺水連学校が毎日新聞系なのも、戦前の名残なのですね

タイトルとURLをコピーしました