堺乳守遊郭(大阪府堺市)|消えた遊郭・赤線跡をゆく|

堺乳守遊郭 遊郭・赤線跡をゆく
スポンサーリンク

乳守の衰退

明治時代には北の高須遊廓が廃止、乳守と龍神・栄橋が明治5年2月に遊女限定地域、つまり明治政府から遊廓として引き続き認められました。
が、南海鉄道が海沿いに路線を開き、龍神・栄橋遊郭の近くに吾妻橋駅(今の堺駅)を建設。大阪からの客が電車一本で行けるようになり、江戸時代の国道、紀州街道沿いにあったものの鉄道という文明の利器から見放された乳守は衰退に更に加速がついてまいました。

ここで、大阪の地理、いや鉄道事情に詳しい人なら「待った~~~!!」とくるはず。乳守の近くには阪堺線、地元では「チンチン電車」と呼ばれています、が通ってるやん!と異議を挟むでしょう。はいはい、わかってまっせ(笑
しかし、阪堺線と南海では輸送力が桁違いな上に、南海の場合は岸和田や和歌山まで開通しているため、泉州からの客も輸送可能。
阪堺線は大阪市方面からのみ、それも松島や大正時代に新設された飛田という遊里界の化け物があった上に、大正以降ですが、事もあろうにその飛田と同沿線に。軍配は「地の利」を得た龍神・栄橋の圧勝、圧勝、大圧勝。

乳守の衰退の原因はこれだけではありません。
現在は海が埋め立てられて到底信じられないかもしれないですが、戦前は堺から南の海沿いはきれいな海岸が広がっていました。
遊廓に近い大浜(今の大浜公園あたり)には大阪港にある海遊館並みの巨大水族館や、海水を沸かした潮湯、そしてタカラヅカも真っ青な少女歌劇団もあった一大リゾート地でした。集客力が全く違う。

これだけではありません。
乳守遊廓は格式の高さから一見さんお断り、金とコネがないと寄りつけない敷居が高い廓でした。つまり伝統と格式にあぐらをかいてしまったと。
明治32年(1899)発行の、南海本線沿線の名所ガイドブックである『南海鉄道案内』には、「乳守は名のみ高くして、実際の繁昌は龍神・栄橋にあります」と、ソフトながらけちょんけちょんに書かれている有様。
このプライドの高さが裏目に出たのか、『堺遊里史』の作者も「この面でも乳守遊廓衰微の一因があったように思われる」と推論しています。
乳守の経営者たちも、この光景を指をくわえて見ていたわけではなく、いろいろ対策を考えたようです。が、「これといった名案も浮かばなかった」(『堺遊里史』)そうで、衰退に身を任せるしかなかったと…。

乳守の衰退を物語る新聞記事があります。

明治17年(1884)9月4日 大阪朝日新聞

遊廓が近来不景気なることのかねて伝聞もして記載もしたるが、今亦(また)伝聞したる所にては、堺区(※1)南旅篭町遊廓(※2)は其不景気最も酷く、三四ヶ月以前より毎月上納する賦金皆所持金などを売却して得或いは質入れをして得たる者に係り尋常に上納する者は一戸だにあらざる程なるのみかは今は已に売却なさん品物のあらずして此上賦金を得(う)るの道なしと嘆息し居る席主娼妓多しといへり。
左(さ)れば此廓にては昨今是(この)実際を上申して賦金減額の嘆願に及ばんかとの協議中なり。
※1:堺市のこと
※2:文脈でわかるように乳守遊廓のこと

こんな記事を見たら、なんだかかわいそうになってくるくらいの有様です(汗

ただ、『上方色町通』には「今なおこの廓(くるわ)は繁盛している」と記載され、『全国遊廓案内』には妓楼40件、女性の数400名くらいと、中~大規模な遊廓として書かれています。
が、『全国遊廓案内』の数字は間違ってると思われ。その前年(昭和4年)の内務省警保局の資料では「貸座敷:39軒 娼妓数:3人」となっており、「妓楼」の数はほぼ一致するものの、「女性の数400名」は芸妓の数を入れたとしても、いくらなんでも盛りすぎでしょうな。

明治~大正時代の数字の変遷を追っていきましょう。

乳守遊郭推移明治大正

「遊廓」なのに娼妓はほとんどいない状態になっていることが、数字からわかります。
その分芸妓が中心だったということで、明治以降の乳守は「遊廓」とついていながら芸妓の街、つまり「花街」となっていました。同様に市内の堀江遊郭も芸妓優位の遊郭でした。

当時の乳守遊郭を写した一枚の写真があります。

堺乳守遊郭
(堺市立図書館デジタルアーカイブより)
現時点で知られている、この世に残る唯一の乳守遊郭の写真です。明治35年(1902)頃の写真とされていますが、狭い道筋に店が並んでおり、大通りがあった龍神・栄橋に比べると確かにあまりパッとしない。廓によくあるパッとした明るさを感じさせませんね。
明治20年~30年くらいの貸座敷の名前と、有名だった名妓の名前が『堺遊里史』に書かれていました。長くなるのでアコーディオン方式に。興味ある方だけどうぞ。


◎泉梅席
春子(追分、相撲甚句が得意)、春松、小三、ふく、光子◎筆亀席
おいし、しな、ゑつ、鶴吉、加代、国香、岩奴、若石、雛鶴、照吉◎大清
一春、小新、勝子、八重吉、金時◎大万
小六 他5~6人◎大西家
小さん◎梅の家
豆八 他16人◎綿竹
米松◎園家
子若 他5人◎末廣家
梅松 他2人◎笹村家
小市 他5人◎扇家
染子(義太夫)◎末倉
たま 他3人◎天富
つる、つる子◎一ノ家
照葉(他、「住安」「志摩家」「京桝屋」「河富」「河井楼」「泉辰」)(出典:『堺遊里史』)

明治時代には芸妓中心になった乳守は、大正に入り第一次世界大戦の好景気によってちょっとだけ息を吹き返すものの、焼け石に水。衰退には歯止めがかかりませんでした。近代に入り、敷地の手狭感が災いとなり、関係者もほぼお手上げだった模様でした。
貸座敷業者も、こんなとこから移転してしまえと堺の市街地から離れ、東部の北野田の大美野や南部の踞尾(つくの。今の津久野)に移転する計画もあったそうですが、すべて絵に描いた餅に終わってしまったようです。

昭和に入り、乳守遊郭の衰退は統計書の数字の面からも顕著となります。
こういう商売は世間の景気に左右されやすいですが、大正末期の構造不況で客足がガクンと落ちた後、客数は明治期の半分近くにまで落ち込み、同じ堺の龍神・栄橋に6倍の差をつけられてしまいます。売上に至ってはその差、倍返しどころか30倍返し。もう見てられません…。

そして戦争の時代に入ります。
廓遊びも「ぜいたくは敵だ」の声に押され次第におおっぴらには遊べなくなり、遊里が衰退したのは乳守に限ったことではありませんでした。
が、ただでさえ廓を維持する体力が弱っていた乳守にとっては、戦争による自粛ムードはほぼ致命傷に等しかったのではないでしょうか。

堺市乳守遊廓

乳守遊郭を写した最後の航空写真です。この2年後、ここ界隈は焼夷弾によって焼き尽くされることに…

というわけで、堺は昭和20年(1945)7月の大空襲によって焼き尽くされ、戦後になって龍神・栄橋は赤線として復活します。
が、乳守は空襲で跡形もなく残らぬまま、鎌倉時代から5~600年続いた色街としての歴史を、誰にも知られることなく終えました。その最期は、まことにあっけないものでした。

とされていますが、『堺遊里史』には興味深いことが!
昭和に入って時代は戦争へ、「贅沢は敵だ」の掛け声に全国の花街は営業短縮・自粛を余儀なくされました。
「花街」と化していた乳守も例外ではなく、戦争で営業どころではなくなったのかほとんど有名無実になり、具体的な年月は不明ながら、

『堺遊里史』より「乳守最後の取締木村氏は、乳守の名称と廓章を、南旅篭町東三丁の石材商Y氏に譲って終わりを告げた。
それから間もなく、昭和20年7月1日の堺空襲で焼失」

と。空襲で焼けたのは事実ですが、その前に遊廓の営業権を一般人に譲渡し、乳守は空襲で焼失前に消失していた!
という新事実が発覚しました。まあ、数百年も続いた老舗遊廓が、なんともあっけない最期だったことには変わりません。

 

そして戦後…
空襲で焼けた廓は、次々と赤線として営業を再開していくのですが、乳守の話は全く効きません。『全国女性街ガイド』にも、龍神の記載はありますが乳守のことは「ち」も触れておらず。
遊廓としての血統(?)はあの江戸の吉原や京都の島原にも負けていない、いや、ある意味優ってる乳守遊廓が戦争で焼けたくらいであっけなく消えるもんかな?と私の中で素朴な疑問として残ったりします。
確かに、堺の旧市街は「全滅」って言葉にふさわしいくらい焼失し、『街道をゆく』で司馬遼太郎が堺を歩いた際、「昔の面影が何も残ってない(要約:つまんない)」と司馬流に酷評したくらい何も残っていないので、当時の建物が残っているなんてほぼ100%期待できません。
まあ、これは歴史的文化財を大切にせず、戦争で焼け残った建物を「都市改造」という名目で壊し、せっかくの観光資源を自ら台無しにした戦後の堺市の行政の不手際もありますけどね。

 

現在の乳守遊郭跡の姿

龍神・栄橋が戦後に何もなかったかのように復活したのに対し、乳守遊廓だけがきれいさっぱり消えるのはおかしい。どうも納得がいかん。

と胸に一物を残しつつ、まあ何も残ってへんやろ、と収穫ゼロ上等でフィールドワークに出発しました。

乳守遊郭の範囲

遊廓跡は、今の堺市堺区南旅籠町東2丁と南半町東2丁の区画にあり、チンチン電車こと阪堺線の「御陵前」駅の目の前にあります。

関係ない話ですが、

私

この阪堺線の「御陵前」の「御陵」ってどこやねん!?もしかして昔ここあたりに古墳でもあったんか?

小学生の時、ふと疑問に思って調べてみたことがありますが、どうも「御陵」は仁徳天皇陵のこと。
しかし、堺の地理に明るい人ならピンと来るように、「御陵前」と実際の「御陵」は「前」どころかまともに歩いたら30分くらいかかりそうな距離…。夏なら熱中症でぶっ倒れますな。

私

どこが『前』やねん(x_x)\(-_-;)

と小学生心にツッコミを入れた記憶があります(笑

そしてまた関係ない話。
上に書いた住所を見て「おや?」と思いませんか?

『南旅籠町東2丁』の間違いじゃないの?

普通「○○町△△丁目」が全国的な「常識」です。が、日本でもここ堺市だけはこの常識が通じない地域です。
堺市はなぜか、最近編入した美原区(旧美原町)以外はすべて「△△丁」に統一されているのですが、この話をすると確実に本題から外れるので、堺市が公式に発表している「丁」の謎のQ&Aをどうぞ。
堺で生まれ育った私は、「丁」の方が常識だと思っていたのですが、堺の方が全国的に見て変であったことに気付いたのは、堺を離れた後のことでした。もしも、死ぬまで堺を離れなければ「丁」が常識のまま死んでいたでしょう。

 

閑話休題。

 

堺乳守遊郭4
旧乳守遊廓あたりは現在、何の変哲もない市街地になっています。

 

乳守遊郭跡電柱

「乳守」と書かれた電柱だけが、ここに遊里があったということをお知らせしてくれる目印となります。当然、「乳守」という地名も消えて久しい。

上述したとおり、ここあたりは空襲で焼けた上に戦後は赤線として復活もしなかったので、何にもないだろうと気楽な気持ちで散策していると…

堺乳守遊郭5
昔にタイムスリップしたような長屋が目の前にあらわれました。
戦後に建てられたものにしてはやけに「情緒」がある感じ。もしかして戦前の生き残り!?と調べてみました。

1946堺市乳守遊郭航空写真

遊郭跡の右側に残る長屋…ここ焼け残っていたのです。
焼失率9割以上の堺市街の中でこの区画だけ焼け残ったのは奇跡とも言っていい。事実、黄枠の範囲にあっただろう遊郭は、そこに建物があったことさえ感じさせないほど、根こそぎ焼き払われています。
この長屋は、隣あった遊廓を目の当たりに見ていた「生き証人」だったのかもしれません。

 

1951乳守遊郭住宅地図

昭和31年の住宅地図(「目」と書いているが間違い)を見てみると、「乳守劇場」なるものが確認できます。調べてみると昭和29年(1954)に開館した映画館でした。ここの思い出を語る人もネットにチラホラおり、有名な映画館だったのでしょうか。

劇場の上(北)あたりに、地名の文字に隠れて見えづらいですが、「乳守温泉」という文字が赤枠に見えます。

乳守温泉
(フォト蔵:ライムライト様のアルバムより。昭和53年撮影)

「乳守」という廓にまつわる地名を冠した銭湯が昔に存在していました。

その温泉の南に、「宮竹昆布店」という文字が見るのがわかるでしょうか。

乳守宮竹昆布店
(フォト蔵:ライムライト様のアルバム。昭和53年)

こちらも、偶然フォト蔵のアルバムに残っていました。

 

堺臨江寺乳守明神社
乳守にある臨江寺の中にある「乳守明神社」です。「お乳の守り神」を祀る神社ですが、神話時代から名前に残る由緒正しい遺物だったりします。
臨江寺自体も江戸時代初期に建てられた歴史が古いお寺で、千利休の茶の湯の師匠である「茶聖」武野紹鷗の墓や松尾芭蕉が立ち寄った時の句碑があったり、遊廓抜きでも堺の歴史が凝縮されたよーな所でもあります。

 

堺乳守遊郭小山
現存はしないのですが、かつてあった「乳守 小山」と書かれた建物です。料亭の跡かと思ったのですが、昭和31年の地図でもふつうの民家となっています。が、民家にしては「乳守」を冠していてなんだかおかしい…。
そんな引っかかりを覚えながら、別件で昭和9年(1934)の電話帳をほじくっていたところ、こんなものが目に入りました。

電話帳乳守遊郭

「小山楼」という乳守遊郭にあった貸座敷…小山に乳守…あれ?なんかにおうぞ…。
と戦後の住宅地図を見てみると、私の予感は的中しました。

「乳守 小山」があった家の主は奥野さんではないですか!

戦後の航空写真では「乳守 小山」があった場所は更地になっているので、建物自体は戦後のものに間違いありません。が、戦後は料亭か何かに転業して営業していたのかもしれません。
乳守遊郭だった頃の貸座敷の生き残りが乳守に、つい最近までいたという事実。私の直感は、ある意味当たりでした。

もののついでながら、昭和9年の電話帳に登録されていた乳守の貸座敷の軒数は18軒。あくまで電話帳記載の数なのでリアルの妓楼の数ではないですが、南旅籠町東1丁が9軒、南半町東1丁が9軒とバランス良く配分されています。この住所の範囲に妓楼が固まっていたことが覗えますが、実際に歩いてみるとすごく狭い。こんな狭い範囲に妓楼がぎゅうぎゅう詰めだと、あまり明るい感じはしないかもしれません。

 

 

残念ながら、乳守には遊里があった痕跡は全く残っていません。それ目当てであれば今回の散策は全くの空振りだったでしょう。

しかし、堺にはかつて全国に名を轟かせた遊里があった。それが灰燼に帰して復活することなく歴史のゴミに埋もれて75年。こうしてブログという形で世に出し、地元民にこんな歴史があったなんてと驚かれ、また喜ばれるだけでも、この遊里跡を掘った甲斐があったというものです。


・『堺遊里史』(堺市立図書館所蔵)
・『堺市史』
・『和泉名所図会 4巻. [1]』(国立国会図書館デジタルコレクション所蔵)
・『南海鉄道案内』
・『堺大観』
・『堺名勝案内』
・『上方』26号 続大阪明治文化号
・『上方色街通』
・『全国遊廓案内』
・昭和3年大阪市航空写真(大阪市所蔵)
・昭和17年大阪市航空写真(大阪市所蔵)
・『堺市全住宅案内図帳(北部)』(昭和31年)
他いろいろ
タイトルとURLをコピーしました