消えた遊郭・赤線跡をゆく番外編-洞泉寺遊郭山中楼

洞泉寺遊郭山中楼 消えた遊郭・赤線跡をゆく

奈良県大和郡山市の洞泉寺遊郭跡。贅を尽くした外観の元妓楼が当時の繁栄をしのばせていたのですが、先日、老朽化した元貸座敷の取り壊しが決定して訪問しました。

さて、すべて写真に撮ったしもう心残りはない…と思った矢先、Twitterのフォロワーさんからこんな情報が。

□参考記事(毎日新聞)
壊される4棟のうち、保存状態の良い元「山中楼」が2日だけ公開されるとのこと。大和郡山市に開館希望の陳情が多く、所有主のお寺さんとも相談したところ、公開を決断したとのこと。私も先週、町屋物語館(旧川本楼)で、
「壊す前に公開できないものですかね?市に言うといてくれまへんか?」
とスタッフさんに愚痴半分で言ったので、上の「陳情が多く」の中に私も入っているかもしれません。
それを聞いた私、えー先週行ったばかりやのにまた奈良まで行かんとあかんのかいな…電車代けっこうかかるんやで…と考える間もなく、
「行く!」
この絶好の機会、逃さざるべからず。この記事を知った翌日には、近鉄電車に揺られてまた郡山へ。まさか2週連続で近鉄京都駅に転がり込むとは思わなかった。
スポンサーリンク

軽くおさらい-洞泉寺遊郭

かつて全国には数百ヶ所もの遊里(遊郭)が存在しました。理屈上は違法(でも黙認)の私娼窟も含めると、その数は神のみぞ知る。
奈良大和郡山洞泉寺遊郭の位置
洞泉寺遊郭は大和郡山にあった遊郭の一つで、木辻・東岡町と並び、奈良県の遊郭として昭和33年の売春防止法全面施行まで営業を続けました。
そして施行後は隣の遊郭と違って一軒残らず店を閉め、ふつうの住宅街になり現在に至っています。
洞泉寺遊郭の歴史の詳細は、下の記事をお読み下さい。
□洞泉寺遊郭をもっと知りたい方は!
大和郡山市にはもう一つ、東岡町という遊郭があります。これ別記事にしていずれ書きますが、なんで大和郡山に2ヶ所も遊郭があったの!?奈良市ですら1ヶ所だけなのに!?
とう疑問が浮かびます。
詳しい推論は東岡町の項で述べたいと思いますが、シンプルに考えれば、それだけ需要があった・・・・・・・・・・ということです。娯楽らしい娯楽といえば映画くらいしかなかった時代のこと、それはさもありなん。

ここでお勉強、売春防止法

昭和33年4月1日…それ遊里史を調べている者にとっての運命の日です。売春防止法(以下売防法)が「施行」され全国の赤い灯が一斉に消えたと。
しかし、これ間違いです。みんな間違えています。後で述べる「山中楼」の案内役のおっちゃんも間違えていました。敢えて突っ込みませんでしたが。
売防法は、
成立:昭和31年(1956)5月24日
施行:昭和32年(1957)4月1日
です。あれ?昭和33年じゃないの?と思う人がいるでしょうが、ここが大きな誤解のもと。この法律、当然違反者には刑事処分があるのですが、成立のさい、
「刑事処分を1年間猶予する」
という特別措置がとられました。いきなり施行→色街廃止にしたら混乱が生じるので、
「経営者も女性も今後は身の振り方を考えろ。猶予期間は1年1
と猶予期間を設けたというわけです。こういう猶予期間は他にも例があり、1895年に日本が台湾を領有した際も、島民に対し
「日本人国籍を選んで台湾に残るか、中国国籍を選んで荷物畳んで大陸へ帰るか選べ。猶予期間2年」
というお触れを出しています。
で、売防法の刑事罰猶予期間が切れた1年後が昭和33年4月1日。つまり赤線の灯が消えた日というわけです。
なので、昭和33年4月1日は「売防法刑事罰猶予期間終了」につき店を閉めたという解釈が正しく、「施行につき」は間違いというわけ。「事実上の施行」「全面施行」と呼んでいる人もいますが、個人的にはただの言葉遊びに過ぎない。歴史は言葉遊びを弄する大喜利の場ではありません。
そんなことはさておき、本丸の山中楼に突撃します。
NEXT:山中楼…そこはまさしく「妓楼」だった

 

  1. 作詞家・作曲家の小林亜星氏のように、成立から数えて「2年」と言っている人もいる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました