南海木津川駅-「都会の秘境駅」の知られざる歴史

南海汐見橋線木津川駅 野良歴史家の歴史探偵

 

スポンサーリンク

木津川駅の栄枯盛衰

木津川駅が開業したのは、明治33年(1900)9月3日のこと。当時は南海ではなく高野鉄道(高野登山鉄道)の駅としてでした1。西暦の数字が非常に覚えやすく、今年で120歳のメモリアルとなります。記念式典をやる気配など全くありませんが…。

 

この駅の主役、そして作られたいちばんの理由は、旅客ではなく貨物でした。

昔の南海木津川駅

上の地図を見てもわかるように、駅のすぐ西側には船着き場が設けられていました。
主に高野山あたりから搬出された木材は、いったんここに集められます。ここで整理された木々は木津川を通り、水路で大正にあった貯木場まで運ばれていました。

1936木津川駅と貯木場

貯木場も大正7年(1918)に、西区から大正へいっせいに移転しました。黄色で囲んだ水路や人工の池が貯木場、赤丸が木津川駅です。駅と貯木場の地理的な隣接感がわかります。木材問屋や加工業者も貯木場近辺に集中し、大正に日本一の材木街が誕生しました。木津川駅も高野山だけでなく、富田林や千早の木々の輸送も担うことになりました。

木津川駅線路ポイント
(南海鉄道発達史より)

昭和初期の木津川駅の線路配置を見ると、貨物用の側線が何本も並び、木津川駅の「黄金の日々」を彷彿とさせます。

実際の数字を見ても、

南海の主要駅貨物取扱量

(昭和9年)
木津川:97,376t
汐見橋:77,414t
堺:86,309t
和歌山市:197,895t

(同13年)
木津川:183,248t
汐見橋:213,869t
堺:99,101t
和歌山市:222,182t

(出典:『大阪府統計書』『和歌山県統計書』)

かなり繁盛していたことがわかります。

昭和9年から13年に貨物量が倍増しているのは、「非常時」における生産体制の増強があるのは間違いありません。

大阪市パノラマ地圖木津川駅

(大大阪パノラマ地図(1923年)より)

大正12年(1923)の大阪の地図で見た木津川駅の周辺には、煙を吐く何かしらの工場が建っていることがわかりますが、大正でこれなので昭和に入るとさらに増えていたと想像できます。

1日あたりの乗降客数も、

昭和5年(1930):246人
昭和9年(1934):337人
昭和10年(1935):499人
昭和12年(1937):805人
昭和14年(1939):1125人
昭和15年(1940):1465人
(出典:『大阪府統計書』)

10年で7倍になっています。特に昭和12年からの伸びがすさまじい。おそらく工場に通勤する人の利用が急増したのだと思われます。現駅舎が建てられたのも、急増する利用者に対処すべく「立派な」ものが作られたのは、この数字を見ても明らかでしょう。
ちなみに、2018年の乗降者数は188人です。意外と多いなと思ったのは私だけでしょうか。

 

木津川駅の衰退、そして「秘境」化

やはり軍需工場が固まっていたのか、先の戦争ではここあたりも空襲の被害を受けます。

戦後の衰退は、輸入木材の流入、木材需要自体の減少、貨物輸送のトラック化も要因ではありますが、何より貯木場が大正から南港の平林(現位置)に移ったのが大きいでしょう。木材問屋や加工屋は大正に残ったのも多いのですが(大正に輸出梱包屋が多い理由がこれでわかった…)、木材輸送の要だった大正運河も埋め立てられ、大正の貯木場は昭和40年代前半にその役目を終えました。
南海高野線の貨物輸送が廃止になったのは、その3年後の昭和46年(1971)。木津川駅の黄金の日々も終焉を迎えました。
その後、工場などは残るものの本来の役目を終えた駅は、船着き場も埋め立てられ貨物ヤードもほぼすべて撤去され、残ったのはだだっ広い空き地のみ。

木津川駅屋持つヤードと横船着き場跡

かつて船着き場と貨物ヤードとして繁盛した場所なのですが、おそらく貨物輸送の廃止と共に要らない子扱いされ、埋め立てられたのでしょう。繁栄の面影はどこにもなく、アスファルトの間から伸びる草花が時の経過を物語っています。

 

木津川駅構内線路

つい数年前までは、ホーム横に貨物用の側線と貨物の積み下ろし用ホームが残っていたのですが、現在はそれも撤去され、中途半端にちょん切られた貨物用側線のレール、そしてさび付いて二度と動くことはないポイント切り替え器が、痛々しい姿をさらしているだけとなっています。

 

おわりに

「都会の秘境駅」として一部のマニアからは熱い木津川駅ですが、彼女の黄金の日々を知れば知るほど、過去、いや現在の姿が夢のように思えてしまいます。
奇異の目で見るのではなく、その歴史に目を向けると「秘境駅」もよる味わい深いものがあるのではないでしょうか。ロスト・オーサカもかつての「大大阪」を支えた繁栄の跡なのだから。

 

  1. 南海となるのは1922年(大正11年)のこと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました