南海電鉄浜寺公園駅-幻の5番線

浜寺公園駅5番線ホーム 野良歴史家の歴史探偵
スポンサーリンク

浜寺公園駅、もう一つのホームとは

浜寺公園駅ホーム構造
(Wikipediaより。ホーム番号は筆者追記)
現在の駅のホームは、上記のようになっています。1番線から4番線まであり、特急などの退避もできるようになっています。
現在は存在しませんが、私が物心ついたときには当駅折り返しの普通(各駅停車ではないのが南海ならでは)もありました。

ところで、こんな話を聞いたことがあるでしょうか。
「4番線の横にはさらにホームがあった」

 

浜寺公園駅5番線

浜寺公園駅5番線

「幻の5番線」と仮称をつけましたが、現在は敷居によって壁になっている場所には、その昔は線路が敷かれており、そこに発着する電車もあったと。

上記のとおり、浜寺公園は昭和30年代に海岸が埋め立てられるまでは、「東洋一」の海水浴場でした。
戦前には特急電車も止まり、当然、海水浴客をさばく臨時列車も走っていたはずです。
阪和電鉄ですら、刈り入れ時の7~8月には天王寺~阪和浜寺(現東羽衣)間のノンストップ急行をガンガン走らせていたので、南海も指をくわえて見ているだけではなかったはず。
実際、旧駅舎には夏の多客期のみ使われる臨時改札口が設置されていました。

 

昭和39年天王寺発浜寺公園行き急行
戦後には、今はなき南海天王寺駅から浜寺公園までの臨時急行も運行されていました。天王寺発ということは、明らかに阪和線を意識しています。(※天王寺支線内は各駅、天下茶屋以降急行)
当時は駅構内に渡り線が存在しており(現在は撤去されている模様)、④ホームで折り返しも可能でしたが、それでも電車をさばき切れなかったかと思います。
おそらく夏の臨時列車が停車する用のホームが、かつて4番線の隣に存在していたと。

私も噂としては、そんな話を小耳にはさんでいました。が、確たる証拠もなく時間が数十年も流れたある日、別件で南海の資料をほじくり回していたところ、こんな資料が見つかりました。


4番線の海側(西側)に何本もの留置線があったことが、この資料から明らかに。やはり「5番線ホーム」は実在していたのです。
「8B」と書かれた先の線路が現4番線、「9A」の先が5番線です。その他にも、何本か線路があることがここから確認できます。
あと、現在の4番線は先に車止めがついた終端式で、現3番線とは接続されていなかったこともわかります。4番線には車止めがついていたことは、私の幼い記憶にも残っています。
しかし、ここで大きな壁があります。ホームがあったことはわかった。しかし、ホームは実際に使われていたのであろうか。

 

1946浜寺公園駅航空写真
戦後すぐの航空写真には、「5番線」、赤矢印の部分に止まっている電車らしきものが見えます。黄色矢印には、保線用車両でも止めていたのか、小屋が確認できます。
5番線に停車中の電車、これは客を乗せていた電車だったのか。そこまではさすがにわかりません。

そこでさらに資料の隅をほじくってみたところ、ありました、決定的な証拠が!

浜寺公園5番ホーム
(出典:『南海70年のあゆみ』)

戦後の夏、5番線に停車中の電車と、改札口に向かう乗客の姿が。少し見づらいですが、ホーム番号の⑤も見えます。
これで、5番線が実際に電車の発着に使われていたことが確定となりました。

5番線がいつまで使われていたかは、定かではありません。
が、浜寺一帯が臨海工業地帯として埋め立て地になり海水浴場が消滅して以降は、確実に要らない子扱いされていたと考えられます。
航空写真で追ってみると、昭和42年(1967)以降に上りホームの延長工事が行われておるようで、ホームが現在の長さになった昭和50年には既にレールが撤去されています。

5番ホーム以降の敷地を考えると、浜寺公園駅は中堅私鉄のターミナル駅以上の規模の広さとホーム・線路数を誇っていた「巨大駅」。ここまで大きかったとは、沿線住民でも知るまい。
膨大な数の観光客が行き来したこの駅も、すでに役目を終えて数十年が経ちました。
そしておそらく、往年の賑わいを残す思い出のホームも、おそらく10年以内に消えゆくこととなります。
消えていくのは仕方ないことではあります。当の本人は「小人閑居して不善をなす」防止…もとい知的道楽としてブログを書いているだけですが、それを文章に、ブログというデジタル資料として次世代に遺していく。これも残された世代の「お仕事」ではなかろうか。
そんな決意(?)を胸に秘めながら、今回の記事は終わりにします。

 

 


・『続 堺市史』
・『開通五十年』
・『南海鉄道株式会社大観』
・『南海七十年のあゆみ』
・『南海鉄道発展史』

コメント

タイトルとURLをコピーしました