たった数年間だけ存在!「初代」高師浜駅

初代高師浜駅サムネ 鉄道史

南海高師浜線
南海電鉄本線、羽衣駅から高師浜線という支線が南へと伸びています。全長約1.5km。乗ってもたったの5~6分。聞くところによると、日本一短い支線だそうです。
今は2両編成ですが、私が幼いころは1両の電車がのんびりと往復しており、かわいい電車やなと幼心に思ったものです。

高師浜は、現在こそふつうの住宅が立ち並ぶ静かな土地ですが、そもそもは高級住宅街、つまり「ふつうじゃない」住宅のために大正時代に開発された土地でした。
土地会社は南海直営ではなく地元素封家たちが金を出し合って設立したデベロッパーなので、土地とお金出すから鉄道敷いて~とお願いしたのでしょう。
大正7年(1918)に羽衣~伽羅橋駅間が、翌年に高師浜まで路線が延び全線開通しています。
高師浜線の歴史はイコール高石の住宅開発の歴史、鉄道が敷かれているのは、何らかの理由があるのです。

戦前の南海時刻表
今では信じられませんが、戦前の高師浜線は全列車難波からの直通。南海もかなり気合が入っていた様子。
その理由の一つに、
「南海社長の川勝氏が高師浜に住んでたから」
という俗説が地元では語られていますが、じゃあなぜ…

昭和25年南海電鉄時刻表
戦後(1950年)には現在と同様の区間運転になっているのか。
川勝氏は平成直前まで南海に君臨しており(野球ファンには南海ホークスオーナーとして有名)、居宅もずっと高石(高師浜)でした。それより、川勝氏が社長になったのは戦後のはず。「川勝氏説」では、戦後になって難波直通がピタリと止み、その後復活もしなかった理由が説明できません。

閑話休題。

 

南海高師浜駅
高師浜線の終点が、そのまんまですが高師浜駅。
大正8年(1919)に開業した当時のたたずまいを残す、築100年以上を誇る駅舎は、小さいながらも大正ロマンを想起させる立派な建物です。「ふつうじゃない」住宅の玄関口として全く恥ずかしくない駅舎です。

1928昭和3高師浜航空写真
昭和3年(1928)の航空写真を見てみても、ホームが高架になっただけで場所は変わっていません。気のせいか、駅前広場が現在よりずいぶん広いような気が。

高師浜駅といえば、駅舎にはめ込まれたステンドグラスがシンボルです。現在もそうですが、ステンドグラスってけっこうお高いのよ…。
しかし、100年以上の風雪に晒されひび割れも出てきたため、
高石市「くれ!」
南海「いいよ」
という経緯で現在は代わりのFRP製がはめられています。ステンドグラス自体は、高石市が保存して展示もされている…はず。

ところで、上述のとおり「高師浜駅」は現在、高師浜支線の終着駅として現在の位置にあります。
が、この高師浜駅、実は事実上の「2代目」なのです。今の高師浜駅の前の高師浜駅が、現在の位置ではない場所にあったということ。
今回は、ググってもほぼ出てこない「幻の初代高師浜駅」のお話を。

NEXT⇒幻の「初代」とは!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました