神戸大空襲と三宮駅の戦争の痕-空襲から75年目に添えて

戦争三ノ宮駅銃弾火垂るの墓 野良歴史家の歴史探偵
スポンサーリンク

70年後も残る戦争の疵

神戸大空襲や終戦からすでに70年を過ぎ、戦争は過去の本棚で眠りにつくことが多い出来事です。さらに1995年の阪神淡路大震災で、神戸が多大な被害を受け建て替えなどが進んでいます。
阪神淡路大震災でも24年経ち疵を探すのは困難になってきたのに、70年前の空襲の跡なんてさすがにもうないだろう…。ところが、その跡が残っていたりするのです。それも、意外すぎるほどの場所に。

JR三ノ宮駅

JR三ノ宮駅は、戦前から特急『燕』などの優等列車が停車する鉄道の要衝でした。
三ノ宮界隈が人とモノの中心地になるのは、戦前は神戸駅・新開地にあった市役所や繁華街がこちらに引っ越してきた戦後のことですが、戦前の三ノ宮駅は神戸港発着の国内・国際船のアクセス駅として、大いに賑わいました。当時の海外渡航は船がメインだったため、空港のターミナル駅のようなものと思えばいいでしょう。「ターミナル駅」を名乗るには神戸港までめちゃくちゃ遠いですが、戦前はそんなもの。
優等列車はすべて神戸発着だったのですが、なんで神戸じゃなくて三ノ宮発着にしないのか。
その理由は簡単、三ノ宮駅に列車を折り返す設備や信号設備がないから1

 

JR三ノ宮駅コンコース

駅の一階にあるコンコースです。
最近耐震補強が始まり、電灯がオールLED化され見栄えは変わってしまいましたが、装飾が非常に凝っているコンクリート製の円柱が並んでいます。
この風景…

 

f:id:casemaestro89:20180422224903j:plain

『火垂るの墓』のオープニングは、主人公の清太が衰弱死する衝撃のシーンから始まりますが、彼がもたれかかって死んだ円柱は、このJR三ノ宮駅のものです。

 

JR三ノ宮駅の柱

耐震補強で味気も素っ気もなくなった駅の円柱ですが、一本だけ手付かずのものが残っています。
他は補強済みなのでこの一本だけがやけに浮いていますが、そもそもこれがオリジナル。確信犯的に残っているので、JRがわざと残したのでしょう。

コンコースもある意味戦争を生き抜いた遺産ではあるのですが、傷跡はもっと意外なところにあります。

 

JR三ノ宮駅阪急神戸三宮駅連絡通路

JRと阪急を結ぶ連絡通路が外に走っています。写真は土曜日の朝6時時点なので人が少ないですが、通勤通学ラッシュや土日の昼間になると、乗り換えなどの人であふれかえるほどの黒山三昧となります。
三ノ宮駅を通勤通学で使っている人なら、何度も通ったことがあるのではないでしょうか。

こんなところに、実は戦争の傷跡が残っていたりするのです。

 

三ノ宮駅連絡通路

一見何気ない通路ですが、左側のJRとの境界線にある鉄のガードに注目。

JR三ノ宮駅機銃掃射痕

ガードに孔(あな)が開いていることがわかりますか。

 

銃痕三ノ宮駅
JRのホームが途切れそうな際の鉄板に、無数の孔が開いています。これは腐食で穴が開いたのではなく、米軍戦闘機による機銃掃射の跡なのです。
元々は高架の上なので間近で見ることはできないはずですが、連絡通路のおかげでJRの高架を人間目線で、それも超間近で見ることができるのですが、そうだからこそ発見できた戦争の痕の一つです。

 

f:id:casemaestro89:20180423185236j:plain

鉄板のめくれ具合から、北の方から南の方向へ撃たれたことがわかります。

鉄板自体はそれほど厚くもないのですが、それでもめくれて孔が開くほどの威力。人間がまともに食らったら、身体に孔が開くどころではないでしょう。

それにしても、何故70年も修理もされず穴が開いたままになっているのか。
理由は推測ながら、孔が開いていても取り替えるほどの価値がなく、それ以前に修理・修繕すべきところは、あの時代なら山ほどありました。こんなところは、後回しと顧みられないのです。
そのまま放置プレイされたまま月日は経ち、機銃掃射の痕など忘れ去られていたが、連絡通路が出来たことによって誰かが再発見したのだと。

この銃痕は、「ここにありますよ」と看板が立っているわけではありません。それだけに、最初に見つけた人はよく見つけたなと感心するのですが、大多数の人は何も知らずに素通りしています。人通りが多いからこそ、まさかこんなところに・・・という意外性もあるのです。
70年前の孔は、今日も何も語らないまま、そしてほとんどの人に気づかれないまま、行き交う人々の往来を見続けています。

ここにあるなら…

この時、私の頭にある考えが浮かびました。

私

ガードにあるなら、駅のホームのどこかにも機銃掃射の痕があるんじゃないか?

この仮説をもとに、JR三ノ宮駅ホームを目で舐め回してみることにしました。

 

三ノ宮駅銃痕

火垂るの墓機銃掃射三ノ宮

三ノ宮駅ホームから見た、連絡通路横の銃痕です。

駅は70年の月日で何回かリフォームされているのか、戦前からありそうなものは屋根を支える骨組みくらい。その骨組みも鉄筋の厚さが連絡通路横と違うため、判定がビミョーなのはあるものの、これだ!というものはなかなかお会いできません。
上を見、たまにうーんとうなってはホーム上を歩く私の姿は、傍目から見るとさぞかし異様に見えたことでしょう。

長い三ノ宮駅ホームを端から端まで見ること小一時間、ついに見つけました。

 

三ノ宮駅ホーム機銃掃射跡

機銃掃射の痕と思われる孔です。貫通しているかはビミョーですが、明らかに不自然な穴であることがわかります。
鉄筋に穴が空いているほどのものは、この一ヶ所だけでした。

が!

 

f:id:casemaestro89:20180423185827j:plain

上の写真のように、「何か」が当たって凹み穴となっているものは、私が老眼に鞭打って凝視したところ、4~5ヶ所ほど存在していました。
人間の背が届かない部分なので、おそらく鉄が厚く銃弾を弾き返した際に出来た凹みなのかもしれません。

 

これがホームのどこにあるのかは…上下線ホームを上を向いて歩きながら探すと小一時間かかるので、JR三ノ宮駅で小一時間の時間ができたら是非チャレンジしてみて下さい。ただし、上を見すぎてホームに落ちないように!

 

阪急三宮駅

JR三ノ宮駅の隣にあるのが、「お阪急」こと阪急電鉄の三宮駅です。
1936年(昭和11)に開業したこの駅は、「世界一格好いい駅」と呼ばれた超近代的な駅でした。

f:id:casemaestro89:20180423161507j:plain

昔の阪急神戸三宮駅カラー化

(上の写真のカラー化)

f:id:casemaestro89:20180423161513j:plain

地元では「阪急会館」と呼ばれた神戸阪急ビル東館に電車が吸い込まれたり、はたまた出てくる光景は、地元民や鉄道好きな人にはおなじみでした。

しかし、よく考えるとビルの中に電車が通り抜けるというのは、攻めに攻めまくったデザイン。それが実にモダンで近未来的。当時は非常に珍しかった「地下鉄」の阪神三宮駅とともに、ハイカラ好きな神戸っ子の誇りでした。

この地上5階地下1階のビル自体も、中に映画館が3軒もあり非常にモダンな造りだったと聞いています。

 

f:id:casemaestro89:20180423172423j:plain

(木版画版 神戸百景 川西英 〜百の版木をきざむ旅〜より)

川西英という版画家が戦前に制作した阪急三宮駅(当時は「神戸」駅)ですが、ビルをくぐったトンネル奥に見えるホームが、「省線」と呼ばれていたJR三ノ宮駅です。建物は変わったものの、構図は今も変わっていません。

これを見るだけで、当時のモダンぶりが容易に想像できます。阪急電車に乗って三宮駅に着く前の、信号の赤や青色が艶めかしく光る暗いトンネル(実はビルの中)を抜けると、そこには奥まで伸びた近代的なホームが。

暗闇の向こうから電車がガタンゴトンと音を立ててやってくる姿は、まるで手塚治虫アニメか銀河鉄道999のような世界だったことでしょう。私も6歳のときにはじめてこの駅を見た時、得も言われぬ6歳なりの未来感を感じ、親が制止しきれなかったほど興奮した記憶があります。

手塚治虫は、宝塚とは言え阪急沿線の出身。阪急で神戸にも来たことがあると本に書いていたので、三宮駅の近未来SF感が幼き手塚のインスピレーションを、少なからず刺激したかもしれません。

 

阪急電車と三宮駅は、『火垂るの墓』でも描かれています。

省電三ノ宮駅で亡くなった清太はおそらく亡霊となり、先に亡くなった節子と一緒に電車に乗るシーンがあります。
それが阪急電車と三宮駅2

f:id:casemaestro89:20180424130125j:plain

二人を乗せた電車は三宮駅を出発し、

 

火垂るの墓と阪急神戸三宮駅

阪急会館のトンネルを抜けて大阪の方向へ向かいます。

ちなみに二人が乗った車両は、映画に出てくる車両番号からデイ100形(「P6形」とも)だそうです。これは実在した鉄道車両で、戦前の車両史最高傑作の一つと呼ばれた車両でした。

が、これは「新京阪鉄道」という、「おけいはん」こと京阪電鉄の子会社の車両です。
「新京阪」は確かに今の阪急京都線・千里線ですが、当時京都線と神戸線は全くの別会社。当然、神戸線に入った記録はありません。というか、車両の規格が違い入れません。

「京阪」の車両が、相互乗り入れをしていない「阪急」をなぜ走っているのか
ここでも時代考証の甘さゆえの重大な設定ミスが露呈しているのですが、オープニング早々からみんな涙で目が曇って節穴になっているのか、一部の「車両鉄」以外にはあまり指摘されていません。

…これ以上の野暮なツッコミはやめます。

 

 

f:id:casemaestro89:20180423191027j:plain
『火垂るの墓』でも描かれた初代の駅ビルは、残念ながら阪神淡路大震災で壊れてしまい、現在は残っていません。今でも残っていれば絶好のネタだったのですが、ないものは仕方ない。
が、西側は残り現在でも使われています。

 

 

阪急神戸三宮駅西口全景

阪急神戸三宮駅西口

阪急神戸三宮駅西口

どこかの高級ホテルと見間違えるような、白亜を中心とした色使いとデザイン。阪急の前に「お」をつけたくなるような高級イメージは、こういうところからも来ているのです。
この西口は、神戸に来たらわざわざ見に行く価値があるほどの昭和モダン建築の傑作、近代建築ファンなら必見の駅です。

 

f:id:casemaestro89:20180424094524j:plain
現在の駅ホームは、構造こそ変わっていますが基本的な位置は変わっていません。ホーム上の屋根も当時のままです。
そこで、ふと上を向いて屋根を見てみると!

 

阪急神戸三宮駅ホーム焼夷弾の跡

なんだか穴を何かで埋めた感が。

これ、実は空襲で焼夷弾が屋根を貫いた痕なのです。

 

私がこの時点でネットで得た情報では、一ヶ所だけでした。

 

 

f:id:casemaestro89:20180423192104g:plain

(神戸市ホームページより)

空襲で焼けた阪急三宮駅、奥の右の屋根の部分が当時のホームですが、屋根に爆弾で開いた孔が数多くあるのがわかります。カラーにすると、背筋が寒くなるほどリアルです。

また、左の駅ビルの4階と5階が焼けて窓枠がグシャグチャになっていることもわかります。焼夷弾が天上から貫き熱で焼けたか溶けたのでしょうが、3階までは焼夷弾も貫かなかったのでしょう。

この写真の右側の屋根が、多少補修されているとは言え今も使われているのですが、こんなに穴が開いているなら一ヶ所なわけがない。私のカンはそう申しておりました。

 

ここでも、坂本九の名曲そのままに上を向いて歩いてみると、やはり私のカンは正解でした。

 

阪急神戸三宮駅ホーム焼夷弾

阪急神戸三宮駅ホーム爆弾貫通

阪急神戸三宮駅ホーム屋根焼夷弾

あるはあるは、孔を埋めた跡が!!

 

f:id:casemaestro89:20180423193416j:plain

孔の大きさからして、焼夷弾ではなく機銃掃射の痕じゃないかというものも発見しました。

 

これでもまだ一部です。これはそうじゃないかな!?ただの老朽化じゃないのかな!?と断定できないものまで入れると、阪急神戸三宮駅の真上は「孔だらけ」でした。

また、こんなものもありました。

 

f:id:casemaestro89:20180424004018j:plain

空襲の熱で鉄骨が曲がってしまった姿も残っています。曲がりは設計上のデフォルトかな!?と思ってしまうほどにさりげないですが、熱で曲がったものです。

駅構内は、鉄が変形するほどの温度に達していたということでしょう。鉄は1000℃で変形し、1200℃に達すると溶解するのですが、空襲当時の駅の中はオーブン状態になっていたはず。この時駅にいた人たちは、こういう言い方をするのも何ですが、鉄をも曲げる灼熱地獄の中でこんがりとローストされたということでしょうね…。

 

阪神大震災の傷跡でさえ探すのが難しくなった今ですが、70年前の戦争の傷跡が、都会のど真ん中のど真ん中で出会えることは、非常に不思議なことでもあります。この出会いは偶然ですが、こういった小さな傷痕は今でも町の至るところに残っているかもしれません。

誰も見向きもしないささやかな戦争の痕…これも昭和の探索忘れてはいけない歴史の一部なのです。

本来ならばここで終わりなのですが、実はこれ、続きがあります。

続編は、神戸の町中、意外な所に残る機銃掃射の跡を。

  1. 神戸ルミナリエのお帰り客の臨時列車で、三ノ宮始発が運転された経歴はあります。
  2. 当時は神戸駅。神戸高速鉄道が開通し、山陽電鉄と相互乗り入れ開始時に改名。

コメント

タイトルとURLをコピーしました