日本人の知らない、世界の仲の悪い国々

世界の仲の悪い国々 ブログエッセイ
スポンサーリンク

インドとパキスタン

f:id:casemaestro89:20170614145036j:plain

この二カ国の仲の悪さも、世界での知名度は非常に高めです。が、政府間は仲が悪いけれど国民どうしの仲は全然良好という、「仲悪い」の定石から少し外れたケースです。
インドとパキスタンは、人間関係で言えば「分かれたカップル」のようなもの。元カレ元カノの関係です。元とは言え昔は一心同体のカップルだったので、心ではつながっているという感じでしょうかね。

この「元カップル」の険悪の原因、その半分は中国が絡んでいます。

インドと中国も、

・領土問題を抱えている
・チベットのダライ・ラマ法王などを匿っている
・衛星国ブータンに中国がちょっかいを出し、領土を徐々に侵食している
・中国がスリランカを金で籠絡しインド洋に進出しようとしている

などの問題で対立しています。特に下の2つはここ直近の問題。インドやブータンが最近日本に近づいているのも、対中国対策の一つです。

対してパキスタンは、残念ながら中国の属国同然です。
中パ関係も、中国にとっては対インド封じ込め対策の一貫。パキスタンも、インドの軍事的脅威は怖い。特に核を持っているのでこちらも核を。
そんな理由で、パキスタンは中国や北朝鮮という「悪魔」と契約し、軍事的バランスを保とうとしています。
つまり、核をエサに中国はインドとパキスタンの対立を狙い、あわよくば漁夫の利を得ようとしているわけです。春秋戦国時代や三国志を地でゆくような世界が、南アジアで展開しているのです。

インドもパキスタンも、そんな中国の思惑をわかっちゃいるのですが、もうどちらも核抜きでは軍事バランスを保てない。
そこで、どこか「差別化」を図ろうと、インドは日本やアメリカ(日本が仲人)と手を結び、パキスタンは中国借金地獄にどっぷりハマってゆくというわけです。

 

タイとミャンマー

f:id:casemaestro89:20170614153707j:plain

微笑みの国タイ。人はそう呼びます。そしてミャンマーも敬虔な仏教徒が多い国。
同じ仏教の国どうし、微笑みを浮かべていたら怒りや恨みは感じない…と思いきや、それが笑顔で済まされない事情が存在します。

タイとミャンマーは隣同士とはいえ、特に濃密に接したことなさそうと思いますが、それは「現代」でのこと。
現代で隣同士なのに冷たい関係なのは、過去にそれだけのことがあったということです。

隣どうしの宿命で、タイとミャンマーは昔から領土争いでドンパチを繰り返していました。
仲が決定的になったのは、日本人の山田長政も活躍したタイのアユタヤ王朝が、約250年前(1766年)にビルマ王朝に滅ぼされた事件でした。
その時ミャンマーは仏像をことごとく壊し、敬虔な仏教徒のタイ人の怒りを買いました。

のちにタイの方がアユタヤを取り戻したものの、あまりの荒廃ぶりに立て直しを諦め、バンコクに都を移したという歴史的経緯があります。

 

タイのアユタヤ王朝の歴史については、以下のブログが詳しく、私も本記事を書く際参考にしました。

ミャンマー人の方は忘れているようですが、タイ人は歴史の授業でも習うようで、タイ人のミャンマー人嫌いっぷりはハンパではないそうです。タイとミャンマーの国境に流れる、冷た~い何かをバックパッカー時代に感じたことがあったのですが、なるほどさもありなん。

 

タイとカンボジア

また、タイはミャンマーの反対隣のカンボジアとも仲が悪い。
2003年に、タイの女優が
「アンコールワットはタイのもの」
「カンボジア人はアンコールワットをタイに返すべき」
などと発言。それに怒ったカンボジア人がタイ大使館を焼き討ちという事件が起こりました。

それに対しタイは、

ほう、大使館焼き討ちとはいい根性だ。ならば戦争だ

と国境を封鎖。軍を国境に集結させ戦争寸前の事態にまで陥りました。

彼女の発言はメディアの捏造、「フェイクニュース」ということが途中で判明しました。しかしそれでも収まらなかったのは、そもそもタイ人とカンボジア人が仲悪く、下水道にたまったメタンガスに火が付いただけだと。

結局この騒動は、ASEAN各国が仲裁に入りカンボジア政府が土下座。かろうじて戦争までには至りませんでした。

ちなみに、カンボジアはベトナムとも仲が悪く、カンボジア人がベトナム人に抱いている感情は、どこか朝鮮人が日本人に持つ「反日感情」に似ています。

 

モンゴルと中国

f:id:casemaestro89:20170614160917j:plain

地政学上では中国と仲良くせざるを得ないモンゴルですが、モンゴルの反中感情は我々の予想以上です。日本人の「嫌韓」「嫌中」なんて、幼稚園児の「お前の母ちゃんでーべーそー」程度のかわいいもの。モンゴルの嫌中は、冗談抜きで生命に関わります。

中国とモンゴルの歴史的因縁は、モンゴル帝国(元王朝)の因縁もありますが、本格的に始まったのは19世紀のこと。中国人商人がゴビ砂漠を越え、ロシアとの交易のためにモンゴルを中継地点にしたのが始まりです。

19世紀の清の時代、モンゴルに渡った中国人はモンゴルの真ん中に「買売城」(商売町)という名前の、交易中継基地を作ります。この「買売城」は町並みも完全に中国風でした。
そこで中国人は「相当アコギなこと」をしたらしく、モンゴル人の中国人に対する怨みの根っこはそこにあります。

そして20世紀、中国の清王朝が滅び中華民国へ、ロシアも革命でソ連となり、モンゴルはどちらかへの側に付くことを余儀なくされます。

モンゴルは「人民共和国」として、世界で二番目の社会主義国となりましたが、これは別に社会主義が好きだとかソ連が好きというわけではありません。

中国に従うかロシアに従うかの究極の二択を迫られたモンゴルは、

中国と一緒なんて絶対絶対絶~~対ごめんだ!

という消極的選択で「ソ連」「社会主義」を選んだだけです。事実、ソ連の社会主義がどん詰まりになると、世界で最も早く社会主義を捨てた国の一つになりました。モンゴルの手のひら返しは脱兎のごとく激速でしたが、社会主義もよっぽど嫌だったのでしょう。

社会主義国となったモンゴルがまず何をしたか。中国風の建物が並んでいた「買売城」を、チベット寺院一つだけ残してすべて更地に。そこに新たにロシア風の建物を建てイチ、いやゼロから街を作り直しました。それが今のモンゴルの首都ウランバートルです。

中国色を跡形もなく消す…それだけでもモンゴル人の中国人に対する感情を垣間見ることができます。

外務省が出している海外安全情報の「モンゴル」で、こんなことが書かれています。

1.歴史的背景から中国人に対するモンゴル人一般の潜在的な感情には複雑なものがあります。街頭で日本人が中国人と間違えられ,モンゴル人に殴られる事件等のトラブルが時折発生しています。

外務省もやっと「比較的ストレート」に書き出したかと。数年前までは奥歯に物がはさまったような、「察しろ」的文言。読んでいる方も不明瞭な文章でした。

「歴史的背景」とは、私が上に書いた19世紀以降の事情のこと。実際はもっとドロドロしていますが。

確かアメリカ国務省の安全情報でも、「モンゴル人は中国人のことめちゃ嫌ってるから、アジア系アメリカ人はくれぐれも気をつけてね」とストレートに書いていた記憶があります。

私本人、モンゴルでえらい目に遭いました。というか、「街頭で日本人が中国人と間違えられ,モンゴル人に殴られる事件」の被害者の一人でもあります(汗)
モンゴル人は、はっきり言ってしまうと、さすがは騎馬民族か、気性の荒い人が男女問わず非常に多い。
「嫌中」にしてもヨーロッパなどでは、

Are you Chinese?(中国人か?)

くらいは聞いてワンクッション置いてきます。我々は「日本人だよん」と言えばそれで問題なし。ところが、モンゴル人はそんなの聞いてきません。いきなり殴りかかってきます(笑

モンゴル人の中国嫌いはいかほどかというと。
まずは、公の場での漢字禁止。「漢字=中国語」というイメージがあるため、漢字を見ると強い拒否反応を起こすそうです。

私が仕事でモンゴルに着き、日本大使館とJICAの在住者に言われた第一声が、

モンゴルで中国語は絶対にしゃべらないで下さい!

今だから言える、外務省オフレコ情報です。

その話を聞いて意識してウランバートルの街を歩いていると、確かに中国語の文字が全くない。中華料理屋はあるにはあるのですが、よ~~く見ると英語でごくごく小さく“Chinese restaurant”と書かれていたり、店に入ってメニューを見せられ、そこで初めて中華料理屋だと気づくほど。

ネットによると、「世界でチャイナタウンがないのは韓国のソウルだけ」とまことしやかに言われています。しかし、それはウソ。少なくても「嫌韓派」の視野狭窄です。なぜならば、ウランバートルにもないから。
あそこでチャイナタウンなんざ作ろうものならたぶん、モンゴル人に襲撃されて壊滅させられるでしょう。

極めつけはこれ↓

 

ウランバートルのモンゴル・日本センター

JICAが作った「モンゴル日本センター」です。
私がここを訪れた時、たまたま日本語検定の受験受付初日でした。センター内は日本語勉強中のモンゴル人全員集合のような雰囲気。こんなに(日本語)勉強している人がいたのか!とビックリしました。

しかし、思い切り漢字を書いていますが…同行人のモンゴル人通訳さんをちょっと煽ってみました。
「これも漢字だよ?漢字はそもそも中国語だよ?これダメですよね?」
答えはこう。
「日本語だからおk  d(^^)」

以上、非常にわかりやすい返答でした。

 

他を挙げれば、「その2」が作れるほどのネタの多さです。何せお隣さんは基本的にみんな仲が悪いから(笑

日本のマスコミは「隣と仲良くできない日本が悪い」的な報道をしますが、世界の隣国はみな仲が悪いを知っている人にとっては噴飯ものの幻想。日本と中国・韓国の仲の悪さなど、世界と比べたら『トムとジェリー』のようにかわいいものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました