砂川遊園・奇勝と、ある方の黒歴史

砂川遊園砂川奇勝 鉄道史

 

スポンサーリンク

砂川奇勝とは

砂川奇勝

砂川遊園最大の見ものが砂川奇勝でした。
『奇』とついているだけあって、他では見れないような風景がかつてここあたりにあったそうです。また、駅名の「砂川」も奇勝の「砂」が由来になっています。

「砂川奇勝」は、今からおよそ200万年前に始まる洪積期(こうせきき)に、海の底の砂や粘土が積み重なったものが隆起し、丘陵となったものです。
この丘陵は元来海の底にあったものですから大変もろく、雨水によってどんどん削られ変形してしまいます。この削られた姿が、砂が流れる川のようにみえ、「砂の水を流せるを以て此の名あり」といわれるように、「砂川」の名がつけられたのです。削られた丘はとても人工的には作り出せない不思議な形をしています。ある時は猛虎の姿に、またある時は、天に駆けのぼる飛竜の姿に見えたなどといわれています。
このため泉州でも随一の景勝地としてにぎわい、古くは岸和田の殿様なども遊覧になり、数十年前までは観光地として、訪れる人々が絶えなかったということです。
(泉南市古代史博物館のHPより)

 

泉州砂川奇勝

在りし日の砂川奇勝ですが、まるで日本と思えない壮大な奇景が広がっていました。人間と比べてみてもその規模の大きさが覗えます。言うなれば、日本のカッパドキア1といったところでしょうか。こんな奇景が、大阪にあったのです。

阪和電鉄は、貴重な自然観光地として、遊園とセットで砂川奇勝を売り込み、日本でも稀に見る奇景もあってか、かなり賑わったそうです。

 

北野恒富画砂川奇勝登山図

「砂川奇勝登山の女性」というのでしょうか、北野恒富という日本画家が書いたらしい絵も残されています。当時の女性の登山の格好も描かれている点では貴重な絵だと思います。

NEXT:その後の砂川遊園・奇勝の運命は…
スポンサーリンク
  1. カッパドキアとはトルコの有名な観光地&自然世界遺産のこと。
タイトルとURLをコピーしました